こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

クルレンツィスや佐渡裕が登場!世界中で愛される「第9」の魅力に迫ったドキュメンタリー映像

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020

掲載: 2020年05月13日 00:00


DW Classical Music公式YouTubeページより

クルレンツィスによる「第9」も!
世界中で愛される「第9」の魅力に迫ったドキュメンタリー映像

なぜベートーヴェンの「第9」は、世界中の人々を魅了するのでしょう。クラシック音楽の中でも、もっとも有名な作品の一つであり、世界中で演奏されています。日本では、年末の風物詩となっているだけではなく、プロ・アマ問わず演奏され愛されている楽曲です。
このドキュメンタリーは、世界中で親しまれるこの楽曲の魅力と秘密にさまざまな角度から迫っています。映像の中では、今やクラシック界を席巻し、飛ぶ鳥を落とす勢いの指揮者テオドール・クルレンツィスと彼が率いるムジカエテルナによる「第9」の演奏映像も含まれています。そして「第9」にインスパイアされて書かれたタン・ドゥンの新曲の制作について。コンゴ民主共和国の首都キンシャサを拠点に活動するキンバンギスト交響楽団による「第9」。ブラジルのファヴェーラ(貧民街)を訪れ演奏し、路上で暮らす人々の生活を音楽で助けます。また自身も聴覚障害をもつ打楽器奏者ポール・ウィテッカーが、アクセシブルに音楽を届ける姿や、プロコフィエフの孫でイギリスでDJとして活躍するガブリエル・プロコフィエフによる「第9」リミックス、さらには日本の佐渡裕による「1万人の第九」など、世界各国の人々が、それぞれに「第9」を愛し楽しむ様子をドラマティックにとらえています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ドキュメンタリー『ベートーヴェン「第9」~世界の交響曲』

出演:テオドール・クルレンツィス、タン・ドゥン、ガブリエル・プロコフィエフ、佐渡裕、アルマン・ディアンゲンダ、ポール・ウィテッカー、イサーク・カラブチェフスキー
監督:クリスティアン・ベルガー
制作:ZDF
【仕様】
画面:NTSC,16:9
音声:PCMステレオ
言語:独、英
字幕:独、英
リージョン:All
92分

第九ドキュメンタリー