こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ガーディナー&ロンドン響によるシューマン録音!“交響曲第1番「春」&第3番「ライン」”&“序曲「マンフレッド」”(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2020年01月07日 00:00

ガーディナー

ガーディナー&LSO シューマン完結編!溌剌とした「春」、雄大な「ライン」

ロンドン交響楽団とのシューマンの全曲プロジェクトの完結編の登場です(第1弾:LSO0818/KKC6104)。ARCHIVでのオルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティークとの全集録音が1997年でしたので、実に20年以上の時を経ての録音となります。

交響曲第1番「春」は、冒頭のファンファーレから既に溌剌としており、主部に入ってからのリズム感もぴちぴちとした演奏。若々しさが打ち出されつつも、常に抑制の効いた演奏はさすがガーディナー。
「マンフレッド」でもきわめて均衡のとれたサウンドの中、シューマンが込めた様々な感情が浮き彫りにされます。
第3番では冒頭の堂々としたテンポ設定が印象的。終楽章に至るまでの雄大な流れは圧巻です。
ガーディナーの表情に機敏に反応するLSOの名人芸が炸裂した、見事なシューマンとなっています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
シューマン:
交響曲第1番「春」変ロ長調 Op.38
序曲「マンフレッド」Op.115
交響曲第3番「ライン」 変ホ長調 Op.97

【演奏】
サー・ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)
ロンドン交響楽団

【録音】
2019年2月10日(第1番、マンフレッド)
2019年2月7日(第3番)
バービカン・ホール(ロンドン)

輸入盤(SACDハイブリッド)

 

国内仕様盤(SACDハイブリッド)

[日本語帯・解説付]