こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

小坂忠、ショーボート時代の2作品が最新リマスタリングされ、さらに貴重音源を収録して再発

タグ : リイシュー オトナタワー シティ・ポップ

掲載: 2019年04月23日 18:16

小坂忠

細野晴臣率いるティンパン・アレーが最も信頼を置くシンガー、小坂忠の至福の歌声と、ティンパン・アレー人脈を中心とした確かな演奏が詰まった名盤2作がオリジナルディスク+ボーナスディスクの2枚組仕様で復刻!!

小坂忠

◆DISC-1は本人監修・最新マスタリングによる名盤復刻
◆DISC-2はほぼ初音盤化の貴重音源
◆語り下ろし本人インタビュー
◆貴重写真多数
◆監修:長門芳郎(パイドパイパーハウス)

『CHEW KOSAKA SINGS』デラックス・エディション

オリジナルリリース:1976年
プロデュース:ミッキー・カーチス
林敏明(ds) 藤島さとる(g) 福山元一郎(b) 冬梅邦光(sax) 島 健(kb)

◆Disc 1
ファースト『ありがとう』と同じく、ミッキー・カーチスによるプロデュース。
クリスチャンへ帰依した小坂による小坂版CCM(クリスチャン・コンテンポラリー・ミュージック)の萌芽が覗く傑作。ハワイ録音。
ファルセットの効いたレゲエ「MUSIC」、ロックンロール「GUITAR AND DONUT」、爽快な「RAINBOW」、タイトル通りハワイアンのM9等、ヴォーカリストの力量が発揮されたバラエティー豊かなショーボート移籍第一弾アルバム。

1. MUSIC
2. SEND-OH
3. MAMA CHINA
4. SHERRY
5. YELLOW BIRD
6. MOONLIGHT OCEAN
7. GUITAR AND DONUT
8. RAINBOW
9. HAWAIAN LULLABY
(Pua Mai Olay)

◆Disc 2
1977年ヤクルトホールでのライブ音源を初音盤化、ボーナスディスクに収録! 「ありがとう」「はずかしそうに」といった初期の名曲にかまやつひろしとのデュエット「からす」などを貴重な音源を。坂本龍一、高橋幸宏をはじめとする豪華ミュージシャンのバッキングにも注目。

『CHEW KOSKA MORNING MENU CONCERT#1』ヤクルトホール1977
小坂忠(vo, g) 坂本龍一(Key) 高橋幸宏(ds) 徳武弘文(g) 中川律(sg) 平野融(b)ほか
ゲスト:かまやつひろし
1. ありがとう
2. メンバー紹介
~どろんこまつり
~庭はぽかぽか
3. 好きなんだから
4. 早起き山から
5. はずかしそうに
6. 山は緑
7. からす with かまやつひろし

『モーニング』デラックス・エディション

オリジナルリリース:1977年
プロデュース:小坂忠
林立夫(ds) 細野晴臣(b) 田中章弘(b) 鈴木茂(g) 吉川忠英(g) 坂本龍一(kb) 佐藤博(kb) 岩沢幸矢(cho) 岩沢二弓(cho) 佐藤奈々子(cho)ほか

◆Disc 1
細野晴臣、鈴木茂をはじめ、ティン・パン・アレーやブレッド&バター周辺メンバーが参加。作詞で松本隆も参加、はっぴぃえんどの延長線上にあり、名盤『HOSONO HOUSE』の小坂版とも言える、心和むサウンドとパーソナルな佇まいは色褪せることなく日本のロック史に残る傑作にして、自身がプロデュースした小坂忠史の最重要作。

1. ボンボヤージ波止場
2. 港に架かる橋
3. フライングソーサー
4. アイスクリームショップガール
5. 朝は好きかい
6. 早起きの青い街
7. シルクランデブー
8. フォーカスラブ
9. 一人じゃないよ
10. 上を向いて歩こう

◆Disc 2
ボーナス・ディスクには1976年10月から約一年間、日本テレビ系列で放送された、石立鉄男主演『気まぐれ天使』の大野雄二作曲による主題歌&挿入歌、トリオ時代のアルバム未収録シングル、さらに今回初音盤化となるCMソングを収録。

1. からだを起こせ(シングル)
2. 気まぐれ天使
3. 旅ごころ
4. オレンジの夕暮れ
5. 友達がいた
6. 日産「ローレル」
7. 雪印「クリーミーチーズ」
8. 味の素「クノール・カップスープ」
からだをおこせA
9. 味の素「クノール・カップスープ」
10. カネボウ「サンデュー」
11. ダイエー「UCLA Tシャツ」1
12. ダイエー「UCLA Tシャツ」2
13. 有隣堂「一冊の本があれば」
14. コダック「コダカラー」A
15. コダック「コダカラー」B
16. 同和火災