こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Clifford Jordan(クリフォード・ジョーダン)最高傑作『In The World』が重量盤仕様で世界初LP再発

タグ : ジャズ復刻&発掘 リイシュー

掲載: 2019年04月02日 18:14

Clifford Jordan(クリフォード・ジョーダン)最高傑作『In The World』

1931年シカゴに生まれ、1993年3月にこの世を去るまでハードバップの真髄を表現し続けたテナー・サックスの巨人、クリフォード・ジョーダン。その最高傑作と名高い伝説的名盤であり、モダン・ジャズ史に刻まれた金字塔と呼ぶべき一枚が遂に蘇る。

50年代後半にBLUE NOTEからデビューし、混迷の60年代を通過、絶頂期であった70年代に差しかかろうとする1969年春に自費でレコーディングされたこのアルバムは、1972年にSTRATA EASTからジョーダン・プロデュースによる"ドルフィー・シリーズ"の最初の1枚としてリリースされた。

白眉はジョーダン、ドン・チェリー、そしてウィントン・ケリー等がマイナー調の旋律と沈思するようなワルツ・ビートにのって恍惚の白日夢を奏でる名演「VIENNA」。そこに横溢する狂おしいまでの哀感と官能、そして抒情は今も稀有な魅力を放ち続けている。

 

【収録曲】
SIDE A
1.Vienna
2.Doug's Prelude

SIDE B
1.Ouagoudougou
2.872