こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ワーナーミュージック高音質LPシリーズ「ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション」第2弾

タグ : ジャズ復刻&発掘 リイシュー

掲載: 2019年02月22日 11:21

Miles Davis(マイルス・デイヴィス)ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド

名門アトランティック、ワーナー・ブラザーズ・レーベル等、ワーナーミュージックが誇るジャズの歴史的、大名盤のオリジナル盤を忠実に再現した高音質のLPシリーズ。

「ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション」第2弾
2019年2月20日発売

第1弾はこちら>>>

・オリジナル盤を忠実に再現したアートワーク
・オリジナル・マスター使用
・180グラム重量盤
・カッティング&マスタリング国内(Warner Music Mastering〈MIXER'S LAB〉)
・プレス OPTIMAL:MEDIA(ドイツ・アルスドルフ):
https://www.optimal-media.com/en/press/vinyl
・ディスクユニオン塙耕記氏 監修
・完全限定盤

【リリースタイトル】
1. Miles Davis/ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド(WPJR-10047/8)

1988年から91年にかけて、世界各地のライヴ音源から、名演を厳選した決定盤。晩年のステージのようすを知る上でも貴重な作品。ドイツのみでリリースされていたアナログ2枚組を国内初発売!

パーソネル
D-1:マイルス・デイヴィス(tp,keyboards)ケニー・ギャレット(as)アダム・ホルツマン, ロバート・アーヴィングⅢ世(keyboards)フォーリー・マクリアリー,ベニー・リートヴェルド(b)リッキー・ウェルマン (ds)マリリン・マズール(perc)
録音: 1988年8月7日大阪万博公園「ライヴ・アンザー・ザ・スカイ」でのライヴ。

A-3:マイルス・デイヴィス(tp,keyboards)ケニー・ギャレット(as)アダム・ホルツマン, ロバート・アーヴィングⅢ世(keyboards)フォーリー・マクリアリー,ベニー・リートヴェルド(b)リッキー・ウェルマン (ds)マリリン・マズール(perc)
録音:1988年8月14日ロサンゼルス「クリーク・シアター」でのライヴ

B-1:マイルス・デイヴィス(tp,keyboards)ケニー・ギャレット(as)アダム・ホルツマン, ジョーイ・デフランセスコ(keyboards)フォーリー・マクリアリー,ベニー・リートヴェルド(b)リッキー・ウェルマン (ds)マリリン・マズール(perc)
録音:1988年11月11日オーストリア・グラーツ、「リーベナウアー・アイシェイル」でのライヴ

A-1,2:マイルス・デイヴィス(tp,keyboards-1)ケニー・ギャレット(as)アダム・ホルツマン, Joey DeFrancesco(keyboards)フォーリー・マクリアリー,ベニー・リートヴェルド(b)リッキー・ウェルマン (ds)マリリン・マズール(perc)
録音:1988年12月17日ニューヨーク『インディゴ・ブルース・クラブ』でのライヴ

B-2:マイルス・デイヴィス(tp)ケニー・ギャレット(as)フォーリー・マクリアリー(b)ケイ赤城, John Beasley(keyboards)ベニー・リートヴェルド(b)Munyungo Jackson(perc)リッキー・ウェルマン (ds)
89年4月12日フランス、モンペリエ「ル・ゼニス・ドマイン・デ・グラモン」でのライヴ

D-2:マイルス・デイヴィス(tp)ケニー・ギャレット(fl)アダム・ホルツマン, ケイ赤城(keyboards)フォーリー・マクリアリー,ベニー・リートヴェルド(b)リッキー・ウェルマン (ds)ムニュンゴ・ジャクソン(perc)
1989年6月5日シカゴ「JVCジャズフェスティバル」シカゴ・シアターでのライヴ

C-1:マイルス・デイヴィス(tp)Rick Margitza(ts)アダム・ホルツマン, ケイ赤城(keyboards)フォーリー・マクリアリー,ベニー・リートヴェルド(b)リッキー・ウェルマン (ds)ムニュンゴ・ジャクソン (perc)
1989年7月26日イタリア・ローマ、「ザ・ステップス」パラゾ・デラ・シヴィータでのライヴ

C-2,3:マイルス・デイヴィス(tp,keyboards)ケニー・ギャレット(as)ケイ赤城(keyboards)フォーリー・マクリアリー, リチャード・パターソン(b)リッキー・ウェルマン (ds)イーリン・デイヴィス(el-perc)
録音:1990年7月20日、スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ

D-3:マイルス・デイヴィス(tp)ケニー・ギャレット(as)デロン・ジョンソン(keyboards)フォーリー・マクリアリー、リチャード・パターソン(b)リッキー・ウェルマン (ds)
 1991年7月21日フランス・アンデルノ・シャピトーでのライヴ

 

line

2. John Coltrane/コルトレーン・ジャズ(モノラル・ヴァージョン)(WPJR-10049)

1959年から60年代にかけて行なわれた3セッションからベスト・テイクを厳選した秀作。モノラル・ヴァージョンで発売。

パーソネル
ジョン・コルトレーン(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)、マッコイ・タイナー(p)、スティーヴ・デイヴィス(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)

録音:1959年11月24日、12月2日、1960年10月21日

 

line

3. The Modern Jazz Quartet/フォンテッサ(モノラル・ヴァージョン)(WPJR-10050)

MJQの名前を決定的なものとしたアトランティック移籍第1弾。バロック音楽の流れを汲むジョン・ルイスの音楽性とブルース&ソウルを基調としたジャクソンが見事なコントラストを描く。モノラル・ヴァージョンで発売。

パーソネル
ジョン・ルイス(p)ミルト・ジャクソン(vib)パーシー・ヒース(b)コニー・ケイ(ds)
録音:1956年1月22日ニューヨーク、B-2のみ:1956年2月14日ニュージャージー州ハッケンサック

 

line

4. Frances Wayne/ウォーム・サウンド(WPJR-10052)

作編曲家ニール・ヘフティの愛妻で、チャーリー・バーネットやウディ・ハーマンの楽団でも歌った名花フランシス・ウェインの遺作。モダン・ジャズの有名スタンダードを多数カヴァーしたジャズ・ヴォーカルの人気盤。

パーソネル
A-1,6,B-5,6:フランシス・ウェイン(vo)acc by ジェローム・リチャードソン(fl,bar)ビリー・ロウランド(p)ビル・ミュア(g)ミルト・ヒントン(b)オシー・ジョンソン(ds)
1957年4月4日ニューヨーク録音

A-3,B-1:上記メンバーからアービー・グリーン(tb)がジェローム・リチャードソンに替わる。
1957年4月5日ニューヨーク録音

A-2,B-3:上記メンバーからビリー・バターフィールド(tp)がアービー・グリーンに替わる。
1957年4月6日ニューヨーク録音

A-4,5,B-2,4:フランシス・ウェイン(vo)acc by アル・コーン(ts)ハンク・ジョーンズ(p)ウェンデル・マーシャル(b)ドン・ラモンド(ds)
1957年4月27日ニューヨーク録音

 

TOWER VINYL SHINJUKU