こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈タワレコ新宿シティ・ポップ〉サディスティックス編

タグ : タワレコ新宿シティ・ポップ シティ・ポップ

掲載: 2018年12月14日 18:32

再評価ウォンツ!シティ・ポップスの歌姫ベスト。

ラジ『ゴールデン☆ベスト オールタイム・セレクション』

Y.M.O.~ティン・パン・アレイ人脈やサディスティックス、パラシュート周辺のミュージシャン達が関わった王道シティポップスの女性ボーカリスト、ラジのNEWベスト。南佳孝とのデュエット曲(DISC-1④)を収録した1stがディガーには知られておりますが、以降のアルバムにも隠れた好曲多し!山下達郎がコーラス参加したDISC1-⑬や一十三十一もカバーしたDISC2-⑥を始め、時代を感じさせないラジのライトメロウな歌声が堪能できる好ベスト。しかも本ベストは吉田美奈子の実兄、吉田保氏によるマスタリングが施された逸品。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

これを聴かずに日本語のポップス語れない?

今井 裕『ア・クール・イヴニング』

そんなことはありません。何故ならこんなにも素晴らしい作品が埋もれてしまった日本語ポップスって何なの、、、ってぐらい、聴くたびに感嘆のため息が出るから。数多のサヴァンナ歌謡を頭ひとつふたつ飛びぬけた長尺①(桑名晴子が参加!)からまさにライトメロウな②、そしてアルバム終盤まで捨て曲ナシのトータル・アルバム。長尺曲をまったくダレずに聴かせる今井 裕氏のアレンジャー能力が凄いのは勿論、実はその朴訥としたボーカルも最高!個人的にはこの手のジャパニーズ・ポップスBEST5に入る名盤。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

和製マイケル・フランクス、南佳孝の最高傑作。

南佳孝『サウス・オブ・ザ・ボーダー』

日本が誇る伊達男、南佳孝の78年3rdアルバム。前作『忘れられた夏』でのリゾート路線を決定づけた名作。ボサやビッグバンド・ジャズを下敷きにした教授=坂本龍一のアレンジは彼が手掛けた作品の中でも1、2を争う好内容、そして同年リリースの高橋幸宏『サラヴァ!』とは双子の関係。①②③や大貫妙子のコーラスが聴ける④、人気の和サンバ⑥⑦⑨など捨て曲は皆無。。池田満寿夫による印象深いジャケットも含めて名盤の香り漂う一枚。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

伊達男、ユキヒロのファースト・ソロ作。

高橋ユキヒロ『サラヴァ!』

サディスティック・ミカ・バンド~Y.M.O.の名ドラマー、高橋ユキヒロ氏のソロ1枚目。ビールのCMですっかりおなじみの①で幕を明け②④⑦など、テンプレなシティポップスとは一線を画すハイセンスなユキヒロ流ポップスが並んでいる。音の質感含め、高中正義や今井裕、加藤和彦らサディステックス組のソロ作に近しいハイレベルな内容。和ブギー目線では最後の⑨が白眉。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

日本一の伊達男、加藤和彦のソロ最高傑作。

加藤和彦『ガーディニア』

フォーク・クルセイダーズ~サディスティック・ミカ・バンドのバンマス、”トノバン”こと加藤和彦の傑作ソロ・アルバム。サンバやボサノヴァを題材にした都市生活者が夢想するリゾート・ミュージック、という箱庭的コンセプトが高いレベルで結実した内容で、①②⑧や自身のスタンダード・カバー③などモンド趣味ともいえる密室的な音づくりはある意味テクノやヒップホップの元祖ではないでしょうか?そしてこの後、バハマ、ベルリン、パリへとトノバンの音楽旅行は続いていく。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

極東プログレッシヴ・ロックの衝撃ここに。

サディスティック・ミカ・バンド『SADISTIC MIKA BAND』

加藤和彦、高橋幸宏、高中正義、小原礼、今井裕・・・後の日本のポップス~ロックを支える錚々たるメンツが在籍していた伝説的バンドの1stアルバム。当時、海外ではピンク・フロイドやデイープ・パープルで知られるEMI傘下のHARVESTからリリースされており、イギリスではプログレッシヴ・ロックの亜流として紹介されていた本作。いま聴いても73年に日本人のロックがここまで進化していたのは驚嘆の一言。代表曲①⑤⑩のほか世界中でウォンツされている和ブレイクビーツ古典②も本作に収録。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

”ジャマイカン・アフェアー”はこれで聴けます。

岡崎友紀『ドゥー・ユー・リメンバー・ミー』

70年代前半、『奥様は18歳』などのドラマでお茶の間の人気アイドルだった彼女が心機一転、”YUKI”名義でリリースしたフィル・スペクター歌謡の①、そして本格ラバーズ和レゲエの名曲⑪(シングル・オンリー、CDにはボートラで収録)。仕掛け人は加藤和彦&安井かずみのお二人で、その①のヒットでリリースされた本アルバムのA面にはロカビリー歌謡②やサーフ・ロック歌謡③、シルヴィ・バルタンのカバー④やストーンズのカバー⑤など、加藤和彦の仕掛けた確信犯的なオールディーズ歌謡が並ぶ痛快な一枚。

この商品を店舗で取り置く

 

 

◆◆◆◆◆

 

タワレコ新宿シティー・ポップ