こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

Swindle(スウィンドル)ニュー・アルバム『No More Normal』

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2018年12月07日 11:23

Swindle(スウィンドル)『No More Normal』

ヌビア・ガルシア、ユセフ・デイズといったサウスロンドン・ジャズシーンのメンツに加え、D・ダブル・E、P・マニーらグライムシーンを代表する面々が参加したスウィンドルのニューアルバム『No More Normal』が2019年1月25日にリリース!

それぞれに独立していながら実は密接な関係があるという複数の音楽シーンがあるとき、そこに橋を架ける行為が新たな可能性を広げることがある。『No More Normal』において、スウィンドルはイギリスの音楽シーンが持つ様々な側面を、確信を持って捉えている。常にジャンルの限界を押し広げようとしているグライムやダブステップの世界にルーツを持つことを誇りにしながら、ロンドン育ちのプロデューサーは自らの音楽に対する視野を拡大し、このアルバムによってそこに次の一歩を印している。スウィンドルが結びつけたのは、創作について同じ基盤を共有する仲間たち、つまりUKジャズ、グライム、ヒップホップというジャンルに挟まれた創造性豊かな領域に集うグループだった。

「これは2018年のクラス写真なんだ。みんながこの写真に収まっていてほしい」という新作についてのスウィンドル自身の言葉が示す通り、本作に参加しているのは、まさにオールスターと言うべきメンバーだ。活況を呈すサウスロンドン・ジャズシーンからユセフ・デイズ、ヌビア・ガルシア他、ラッパーのコージェイ・ラディカル、D・ダブル・E、P・マニー等々、総勢10名以上のロンドンを代表するアーティストが参加。現在のUK のクラブミュージックとジャズシーンのクロスオーバーを象徴する一枚となっている。

「『No More Normal』というのは、俺たちは自分たちのことを自分たちの流儀でやって、そこにはルールも限界もないという思想なんだ。グライムの影響を受けているのと同じようにジャズの影響を受けている。ロサンゼルスの影響を受けているのと同じようにロンドンの影響を受けている。俺はD・ダブル・Eともヌビア・ガルシアとも作品を作ることができるし、そうしてできたレコードは、僕の想像力を音楽という枠組みの中で現実化させたものだ」-Swindle

スウィンドル待望のニューアルバム『No More Normal』は2019年1月25日 (金) 世界同時リリース。国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、解説書が封入される。

 

【収録曲】
01. What We Do (Feat. Rider Shafiq, P Money, D Double E & Daley)
02. Get Paid
03. Drill Work (Feat. Ghetts)
04. Run Up (Feat. Kiko Bun, Knucks, Eva Lazarus & Nubya Garcia)
05. Coming Home (Feat. Kojey Radical)
06. Reach The Stars (Feat. Andrew Ashong)
07. Knowledge (Feat. Eva Lazarus & Kiko Bun)
08. Take It Back (Feat. D Double E & Kiko Bun)
09. California (Feat. Etta Bond & Kojey Radical)
10. Talk A Lot (Feat. Eva Lazarus & Mansur Brown)
11. Grateful (Feat. Kojey Radical & Rider Shafique)
+日本盤ボーナス・トラック