こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

庄司紗矢香出演!佐渡裕&トーンキュンストラー管によるバーンスタイン“交響曲第3番「カディッシュ」”&“セレナード”

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年10月24日 00:00

佐渡裕

佐渡裕得意の《カディッシュ》に、庄司紗矢香を迎えた《セレナード》。バーンスタインゆかりのウィーンで行われた生誕100周年記念コンサートのライヴ録音が登場

《カディッシュ》は、フル・オーケストラに合唱団、少年合唱、ソプラノ独唱と語り手が加わる大規模な編成で、歌詞も神と人間との関係を問う深遠な内容。作曲家バーンスタインのみならず思想家としてのバーンスタインの集大成というべき壮大な作品です。
佐渡裕はこの作品を得意としており、欧米の主要オーケストラへの客演で指揮して高く評価されています。この録音はバーンスタインがしばしば指揮台に立ったウィーンのムジークフェラインザールで行われたコンサートのライヴ。ドイツ語訳のテキストによる世界初録音で、「黄金のホール」に響いた壮大な音楽と聴衆の深い感動が伝わります。
カップリングの《セレナード》は古代ギリシア哲学を音で描いた作品で、庄司紗矢香の超絶技巧に支えられた知的なアプローチは最高のはまり役と言えましょう。
(avex-CLASSICS)
【収録曲】
バーンスタイン:
1.交響曲第3番《カディッシュ》(ドイツ語版、世界初録音)
2.セレナード
【演奏】
キャロリン・サンプソン(ソプラノ)[1]
ルート・ブラウアー=クヴァム(語り)[1]
ウィーン楽友協会合唱団[1]
ウィーン少年合唱団[1]
庄司紗矢香(ヴァイオリン)[2]

佐渡裕(指揮)
トーンキュンストラー管弦楽団

【録音】
2018年4月7日~10日 ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ収録)