こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ラトル&バイエルン放送響、コジェナー、スケルトン『マーラー:大地の歌』ライヴ!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年08月06日 18:00


マーラー:大地の歌~美について
コジェナー(Ms)ラトル指揮バイエルン放送響
BR-KLASSIK LABEL公式YouTubeページより

2018年6月、16年間務めたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者兼芸術監督の任を離れたサイモン・ラトル(2017年9月よりロンドン交響楽団音楽監督に就任)。
ラトルはバイエルン放送交響楽団ともしばしば共演を行い、既にCD化もされている2015年の「ラインの黄金」(演奏会形式)では、歌手たちを完全にコントロールしたラトルの明快な指揮と、バイエルン放送響のまろやかな響きが相俟って素晴らしいワーグナーを聴かせていました。

今回のアルバムは2018年1月にヘルクレスザールで行われた「大地の歌」をライヴ収録したもの。独唱を受け持つのはオーストラリア出身のヘルデン・テノールで国際的な評価を高めつつあるスチュアート・スケルトンと、抜群の歌唱力を誇るマグダレーナ・コジェナーの二人。この作品では、ワーグナーのような重厚な響きよりも、絶望感や自然への回帰、そして終楽章での諦念など内面的な感情移入が求められますが、マーラーを得意とするラトルは全てのモティーフを入念に歌わせ、晩年のマーラーが至った境地を精緻に描き出しています。
(ナクソス・ジャパン)

マーラー(1860-1911):大地の歌

1.第1楽章:「大地の哀愁に寄せる酒の歌」(8分15秒)
2.第2楽章:「秋に寂しき者」(9分38秒)
3.第3楽章:「青春について」(3分02秒)
4.第4楽章:「美について」(7分14秒)
5.第5楽章:「春に酔える者」(4分36秒)
6.第6楽章:「告別」(31分29秒)

マグダレーナ・コジェナー(メゾ・ソプラノ)
スチュアート・スケルトン(テノール)

サイモン・ラトル(指揮)
バイエルン放送交響楽団

録音 2018年1月25-27日 ライヴ
ミュンヘン、ヘルクレスザール