こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

BTOB、韓国11枚目のミニ・アルバム『THIS IS US』

タグ : K-POP

掲載: 2018年06月08日 18:30

更新: 2018年06月20日 13:30

BTOB

BTOB、約8ヶ月振りに韓国11枚目のミニ・アルバムがリリース。本作は、トロピカル・サウンドのダンス曲“Call me”からエレクトロニック・ポップ・ジャンルの“The Feeling”まで様々なジャンルを7曲収録。“君なしではだめ”は、2017年10月に発表されたアルバム『Brother Act.』のタイトル曲“恋しがる”の作詞・作曲を手掛けたメンバーのヒョンシクと、プロデューサー兼シンガー・ソングライターのEDENが再びタッグを組んだ注目のナンバー。2人が作詞・作曲・編曲を手掛けると共に、ミンヒョク、プニエル、イルフンも作詞に参加した作品。清涼感を感じさせるシンセ・パターンと、叙情的なアコースティック・サウンドが、それぞれ個性を持ったメンバーの歌声と調和するポップ・バラード曲で、恋しい女性に向けた切なる告白ソング。また、タイトル曲だけでなく全ての収録曲をメンバーが手掛けており、BTOBの魅力が満載なアルバムとなっている。SEE / FEELの2ヴァージョンで登場。

【仕様】
・パッケージ(ヴァージョン別/178x227mm)
・84Pブックレット(ヴァージョン別/170x220mm)
・CD(ヴァージョン別)
・ポストカード(32種のうちランダム3種/ヴァージョン共通/177x227mm)
・フォトカード(28種のうちランダム1種/裏面コピーサイン/ヴァージョン共通/86x52mm)
・ブックマーク(7種のうちランダム1種/ヴァージョン共通/50x150)
・イベント・チケット(2種のうちランダム1種/ヴァージョン共通/150x104mm)

【収録曲】
01.Call me
02.君なしではだめ
03.Yeah
04.Blue Moon
05.IceBreaker
06.1, 2, 3
07.The Feeling

【楽曲解説】
01.Call me
“Call me”は、本作の始まりを感じさせる涼しげなダンス・ナンバー。トロピカル・ベースのサウンドに、フューチャー・ポップ・スタイルを加えた楽しくトレンディーな曲で、相手にもっと楽に近づきたいという思いを込めた可愛らしい歌詞が特徴。ミンヒョク、プニエル、イルフンが作曲に参加、さらにイルフンは作詞・編曲にも参加している。

02.君なしではだめ
“君なしではだめ”は、2017年10月に発表されたアルバム『Brother Act.』のタイトル曲“恋しがる”の作詞・作曲を手掛けたメンバーのヒョンシクと、プロデューサー兼シンガー・ソングライターのEDENが再びタッグを組んだ注目のナンバー。2人が作詞・作曲・編曲を手掛けると共に、ミンヒョク、プニエル、イルフンも作詞に参加した作品。清涼感を感じさせるシンセ・パターンと、叙情的なアコースティック・サウンドがそれぞれ個性を持ったメンバーの歌声と調和するポップ・バラード・ジャンルの曲で、恋しい女性に向けた切なる告白ソング。

03.Yeah
“Yeah”は、相手に感じる高鳴る感情をキーボードとシンセサイザー・サウンドで表現した曲。Some関係(男女がお互いに好感を持っている段階)にある男女が感じるもどかしさと、ときめく心を可愛い単語で表現しており、中間でピッチ・シフトする歌声が感性ポイントの曲。イルフンが作詞・作曲、ミンヒョク、プニエルも作詞に参加した作品。

04.Blue Moon
オルティナティブ要素を加えたジャズ・ポップ・ジャンルの“Blue Moon”、青い月明かりの下で美しい愛を唄う曲として、ダイナミックな構成とグルーヴィーなリフ。その裏でミュージカルを思い描くようなダンスやピアノ・リフが印象的な曲。ミンヒョクが作詞・作曲に参加、プニエル、イルフンも作詞に参加。

05.IceBreaker
“IceBreaker”は、ミンヒョク、プニエル、イルフンのラップラインが歌うユニット曲で、聴きやすいラップ・ポップ・ジャンルの曲。ユニット曲特有のスタイルよりも、トレンディーで個性のある感覚を生かし誕生したナンバー。作詞もメンバー自らが手掛けた作品。

06.1, 2, 3
“1, 2, 3’”は、別れを目前にした男女の刹那の感情を込めたヴォーカル・ラインのユニット曲。スロー・テンポのR&Bジャンルで、ヒョンシクが作詞・作曲に参加したこの曲は、ヴォーカル・ラインのウングァン、ヒョンシク、チャンソプ、ソンジェの切ない歌声が耳に残る4人のハーモニーが引き立つ曲。

07.The Feeling
神秘的なアンビエントなシンセサイザーで始まる“The Feeling”は、本アルバムが発表される前に先行公開された曲で、イルフンが作詞・作曲、ミンヒョク、プニエルが作詞に参加。BTOBの音楽を代表するアコースティック・サウンドにエレクトロニック・サウンドを加え、更に豊かさを増したサウンド・スケープを感じることができる曲へと完成させた。