こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈タワレコ限定〉Definition Series第2弾!3タイトル(限定盤 / SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : SACDハイブリッド(クラシック) 高音質(クラシック)

掲載: 2015年11月18日 13:04

〈タワレコ限定〉Definition Series第2弾!3タイトル(限定盤 / SACDハイブリッド)

2015年12月23日(水)リリース
企画・販売:TOWERRECORDS
制作・発売:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
企画・協力:東京電化株式会社

 

2015/5/27(水)発売の第1弾はこちら>>>

株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと東京電化株式会社のご協力による「Definition Series(ディフィニション・シリーズ)」第2弾がいよいよリリースされます。第1弾の「アンドレ・クリュイタンス&ベルリン・フィル」による名盤3作は、予想以上の反響をいただきました。第2弾の選定に当たっては、旧EMIレーベル音源は再発があまり進んでいないものも多く、候補がいくつもありました。その中でも、素晴らしい演奏内容にもかかわらずこれまでの録音面の評価により、盤全体としての評価があまり進んでいないと思われる音源を中心に、かつての旧EMIレーベルのなかでも多彩な音色が堪能できる3点をSACDハイブリッド盤で復刻することにいたしました。これら3点は、これまでSACD化されていない重要な音源です。
ギレリスとセルのベートーヴェンは、1968年にクリーヴランド管の本拠地であるセヴェランス・ホールで一気に録音された音源で、これまでCDでも何度も復刻されてきた音源ではありません。演奏はギレリスの旧録音を上回るばかりか、数多ある同曲の録音の中でも特筆すべき名盤です。旧EMIレーベルのアメリカ録音(セルとの2作やオイストラフとの録音含め)のひとつで、録音に関してはこれまで良い評価を得たとは言えません。しかし、今回96kHz/24bit音源を基に復刻したSACDとCD音源は、従来盤以上のニュアンスを我々に伝えてくれます。はじめて、セルと組んだ理由が理解できる仕上がりになったと思います。2つめのバーンスタインも同様です。1976年秋にサル・ワグラムで録音されたバーンスタインの3枚の旧EMI音源アルバムを集成しました。これまでどちらかというと、もやっとした音像で音の厚みも薄めと思われてきましたが、こちらも払拭できる出来です。最後のロストロポーヴィチのシェエラザードは、これまでも名録音として評価されてきた1974年のアナログ録音です。上記バーンスタイン盤と同じ場所、同じエンジニアで録音した音源ですが、今回同時に聴くことで、その差の意味がわかると思います。SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を楽しむことができます。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としても、市場にその意味を問いたいと考えている商材です。
第2弾の発売まで時間がかかりましたが、これは原盤レーベルとの確認等により予想以上に時間がかかったためです。
第3弾は2016年1月に早くも予定しています。今後も「Definition Series(ディフィニション・シリーズ)」にご期待ください。

~制作に関しまして~
基本の制作コンセプトはそのままに、いよいよ「DEFINITION SERIES」第2弾を発売いたします。
音源に関しましては、本国より取り寄せた96kHz/24bitのWAVデータを基本にSACD層用としてDSDに変換した後、マスタリングを行い、それとは別にCD層用としてもPCMでマスタリングをしましたので、SACD層、CD層、それぞれ独立したマスタリングとなっております。PCMで編集した後にDSDにも変換を行う、もしくはDSDで編集した後にPCMにも変換を行うといった1回のマスタリング作業で兼ねるのではなく、SACD、CD、それぞれの特徴や音質を重視した上で、個別にマスタリングがされています。その際、過去に発売されたCDと極力比較するという検証も行なった上で、音楽を最大限に生かすべく、最小限のマスタリングを心がけました。マスタリング・エンジニアは、前回同様に様々な優秀録音を手掛けてきた杉本一家氏です。
尚、各レコード会社で保管されているマスター・テープは経年変化により、ここ最近著しく劣化の兆候が見られるものも多くあります。一方、高品位でデジタル化を行う技術はここ数年おおいに進歩し、各レコード会社では遺されたアナログのマスター・テープからデジタル化を行う作業を急ピッチで進めています。ただ必ずしも技術の進歩が劣化を補うものには成り得なく、残念ながら一部の音源ではドロップアウトや磁性体の剥離による不具合等が発生していることも確かです。当シリーズでは未だ高品位でデジタル化されていない音源を新たに取り寄せておりますので、音源を聴き比べながら復刻を進めておりますが、一部では経年変化による不具合等が生じている箇所もございますことを、ご了承ください。時間と技術との狭間で、最大限の尽力で後世に残る音源を今後もリリースしていきたいと考えています。
~「ディフィニション」とは、解像度や鮮明さ、を表す単語。一般的には「ハイディフィニション」の略称で、主にテレビ画面などにおける表示が、高精細・高解像度であることにも用いられますが、音源におきましても、ハイレゾ化が進んだ現代の音楽環境から求められる要望に応えるべく、タワーレコードがこれまで発売してまいりましたオリジナル企画盤の延長として、新たに定義した新シリーズです。

*下記商品の仕様、発売日等は予告なく変更する場合がございます。

全て、オリジナル・マスターからの最新リマスタリング(SACD層、CD層、それぞれ別個にマスタリング)
マスタリング・エンジニア:杉本一家氏
豪華デジパック仕様
満津岡信育氏による、新規解説付き
オリジナル・ジャケット・デザイン使用(一部を除く)

〈タワレコ限定〉Definition Series第2弾!3タイトル(限定盤 / SACDハイブリッド)

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集/エミール・ギレリス、ジョージ・セル、クリーヴランド管弦楽団

高い評価を得てきたギレリス&セルの至高の名演。新規マスタリングが名盤をさらに深く掘り下げる!

※限定盤
※デジパック仕様(1枚毎にデジパック収納。箱入り)
※SACDハイブリッド盤
※2015年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:満津岡信育氏

【収録曲】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
<DISC1>
1.ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
2.ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19
<DISC2>
3.ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37
4.ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
<DISC3>
5.ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
【演奏】
エミール・ギレリス(ピアノ)
クリーヴランド管弦楽団
ジョージ・セル(指揮)
【録音】
1968年4月~5月 セヴェランス・ホール、クリーヴランド
【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)

ベルリオーズ:幻想交響曲、イタリアのハロルド、ミヨー:管弦楽作品集/レナード・バーンスタイン、フランス国立管弦楽団

1976年に旧EMIレーベルに録音したバーンスタインのアルバム3枚を2枚に集成。熱演を高音質で再現!

※限定盤
※デジパック仕様
※SACDハイブリッド盤
※2015年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:満津岡信育氏

【収録曲】
<DISC1>
1.エクトル・ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
2.ダリウス・ミヨー:バレエ音楽「世界の創造」
<DISC2>
3.エクトル・ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」 作品16
4.ダリウス・ミヨー:「ブラジルの郷愁」より4曲
5.ダリウス・ミヨー:バレエ音楽「屋根の上の牛」
【演奏】
ドナルド・マッキネス(ヴィオラ)(3)
フランス国立管弦楽団
レナード・バーンスタイン(指揮)
【録音】
1976年11月 サル・ワグラム、パリ
【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)

リムスキー=コルサコフ:シェエラザード、スペイン奇想曲、ムソルグスキー:はげ山の一夜、グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲/ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、パリ管弦楽団

アナログ最盛期の旧EMI レーベル優秀録音盤を、新規マスタリングで復刻。重厚な演奏を最高音質で再現!

※限定盤
※デジパック仕様
※SACDハイブリッド盤
※2015年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:満津岡信育氏、解説書全10ページ

【収録曲】
1.ニコライ・リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35
2.ニコライ・リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 作品34
3.モデスト・ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」
4.ミハイル・グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
【演奏】
ルーベン・ヨルダノフ(ソロ・ヴァイオリン)(1)
パリ管弦楽団
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)
【録音】
1974年7月(1)、1976年11月&1977年3月(2~4) サル・ワグラム、パリ
【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)