こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

タワーレコード “Sony Classical” スペシャル・セレクション Vol.5

カテゴリ : ニューリリース | タグ : “Sony Classical”スペシャル・セレクション タワーレコード オリジナル企画

掲載: 2011年08月28日 12:27

更新: 2011年09月02日 19:45

タワー・レコード “Sony Classical” スペシャル・セレクション

『Sony Classical x TOWER RECORDS 共同企画』
タワーレコード“Sony Classical”スペシャル・セレクション第5弾

SONY CLASSICALとタワーレコードによる夢のコラボレーションの第5弾のリリースが決定。今回も興味津々な強力ラインナップとなっています。往年の名指揮者、オーマンディと名門フィラ管によるベートーヴェン:交響曲全集は世界初CD化、日本初CD化となる音源を含んだファン垂涎のタイトル。最初期のステレオ録音によるセル&クリーヴランド管によるブラームス:交響曲第1番は、定番として有名な全集に先駆けて録音されたもの。バーンスタイン&NYPらによる1962年9月、ニューヨーク・リンカーンセンターの記念碑的なオープニング・コンサートのライヴでは、世界初CD化音源も含まれている上、ボーナス・トラックも収録されています。他にも、シカゴ響首席ホルン奏者、クレヴェンジャーの貴重なソロ・コンチェルトの名盤。マーラー没後100年記念として、オーケストラ伴奏版とピアノ版~2種類の「少年の不思議な角笛」をオリジナルLP通りにカップリングした2枚組では、バーンスタインが指揮とピアノを担当、C.ルートヴィヒとベリーという名歌手による見事な歌唱が聴きモノとなっています。