こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

追悼 ネッロ・サンティ(1931年9月22日 - 2020年2月6日)

カテゴリ : Classical

掲載: 2020年02月12日 00:00

ネッロ・サンティ

オペラに、コンサートに、巨漢で長い指揮棒を使う巨匠的芸風で多くの演奏家、歌手、聴衆に愛されたイタリアの名指揮者ネッロ・サンティ氏が2020年2月6日(木)、スイスのチューリッヒにて亡くなりました。88歳でした。謹んでご冥福をお祈りします。

サンティ氏は1931年9月22日、イタリアのアドリア生まれ。1951年、パドヴァのヴェルディ歌劇場にて『リゴレット』を指揮しデビュー。1958年には若くしてチューリヒ歌劇場の音楽監督に就任、1969年の退任後も指揮者陣の一人として密接な関係が続きました。1962年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビュー。以来、30年以上にわたり良好な関係が続きました。他にもウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、コヴェント・ガーデン王立劇場、ザルツブルク音楽祭、イタリア各地の歌劇場の指揮台に上がりました。

コンサート指揮者としても成功をおさめ、1986年より97年までバーゼル放送交響楽団の首席指揮者を務めたほか、世界各地の一流オーケストラに客演。わが国へも1999年に読売日本交響楽団を指揮した後、NHK交響楽団には、2001年に初登場以降、通算10回も来演し、51公演を指揮するなど、お馴染みの巨匠となっていました。ここではサンティ氏が残したCD、DVDをご紹介いたします。
※ サンティ氏の海外盤CD、DVDは発売が古いものが多く、現在品切れとなっているアイテムは再入荷しない可能性もあります。予めご了承くださいませ。
(タワーレコード)

(1)NHK交響楽団との共演CD

 

(2)読売日本交響楽団との共演CD

 

(3)現在入手可能と思われるCD

左より、パリ音楽院管弦楽団を振ったヴォルフ=フェラーリ作品集/ドミンゴとプライスによるデュエット集(ショルティ指揮の“ボエーム”の余白)/バイエルン国立歌劇場での“カヴァレリア”&“道化師”ライヴ

 

(4)現在入手可能と思われる映像作品