ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
モーツァルト: 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」全曲 (歌詞対訳付)<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

3

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

デジパック

発売日

2021年10月13日

規格品番

TDSA-200

レーベル

TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

SKU

4943674343393

商品の説明

※SACDハイブリッド盤。世界初SACD化。第1回(1963年)レコード・アカデミー賞受賞
※限定800セット。デジパック仕様
※シリアル・ナンバー・シール付(シリアル・ナンバーは、本体の裏側に貼付しておりますため外から見えず、お選びいただくことはできません。ランダムでのお渡しとなります。ご了承ください)
※2021年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)。マスタリング・エンジニア:藤田厚生氏
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:岸純信氏(新規解説)、解説書合計140ページ

商品の紹介
ベーム没後40年企画。深く温もりのあるベームの指揮と秀逸な歌手陣による決定的名盤を高音質で再現!
世界初SACD化。最上の音質を目指し新規で本国アナログ・マスターテープより復刻。
歌詞対訳、新規解説含む140Pに及ぶ解説書付。
シリアル・ナンバー付800セット限定盤

2021年、ベーム没後40年企画としてこの曲の決定的名盤として名高い1962年の旧EMIとの録音を世界初SACD化音源として最新復刻!優秀録音盤。ベームらしい抜群な音楽の流れにより、歌手陣がそれぞれ最上の状態で歌唱を披露。緻密なシュヴァルツコップ、爽やかなC.ルートヴィヒ、存在感のあるA.クラウス等、聴きどころが目白押しです。マスターは良い状態で維持されており、素晴らしい音質で最高の名演が堪能できます。今回の発売のために本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリング。歌詞対訳、新規解説付。永久保存盤です。

ベームは2021年に没後40年を迎えました。他社でも復刻を進めていますがこの「コジ・ファン・トゥッテ」は白眉です。ベームのモーツァルト演奏は評価が高く、特にオペラではザルツブクルク音楽祭を始め各地で絶賛されました。その中でもこの曲は共演した歌手達からも最大の賛辞を受けています。正規録音は3種あり、ウィーン・フィルとの共演であるセッションの1955年盤とライヴの1974年盤も市場で高く評価されています。この1962年のフィルハーモニア管弦楽団との録音はそのなかでも決定盤として発売以来君臨しており、魅力的な歌手陣、演奏の精緻さと共にベームの手綱さばきが絶品であり、落ち着いたテンポでの歌いやすさが余裕を与えていることもあってか、素晴らしい成果をもたらしています。録音も細部まで良く捉えられており、特に今回の最新復刻で聴くと名盤の条件をすべからく満たしていると理解できるのではないでしょうか。従来のCDでは解像度が必ずしも良好とは言えなく、いまひとつ真価が伝わって来ませんでしたが、今回の霧が晴れたかのような生き生きとした音楽にぜひ注目いただければと思います。これは、やはりマスターテープの状態によるところが大きく左右しています。今回の復刻により、SACD(DSD)の特質であるナチュラルな声の質感やスケール感豊かなオーケストラの響きの相性の良さも、この盤の評価を更に高めることになると思います。
(1/2)
タワーレコード (2021/09/17)
今回、本国にあるオリジナルの2Chのアナログ・マスターテープから、192kHz/24bitでデジタル化を行ったフラットマスターを使用し最新でマスタリングを行っています。マスターは総じて整ったバランスであり、経年変化も少ない状態でした。そのため、極力オリジナルのバランスを重視し、音楽的な観点でのマスタリングを心掛けました。それにより楽器の距離感や奥行きなど見通しが良くなり、さらに定位が向上したことでストレスなく最上の演奏をお楽しみいただけます。尚、解説書には岸純信氏による新規文章を掲載しました。
このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。今回のDefinition Series第38弾は、計2タイトルを発売いたします。

<コンセプト>
旧EMIレーベルはオペラ音源が多数ありますが、CD時代においては一部の有名な音源以外は再発が少なく、尚且つ国内盤では再発時に歌詞対訳が付いていない状況が長く続いていました。最近では輸入盤含め復刻自体が少ないのもご承知の通りです。そのようななか、このDefinitionシリーズではこれまで何作かオペラの復刻にトライしてきました。旧EMIレーベルのポリシー含めわかってきたことのひとつに、オリジナルのアナログ・マスターテープの保存と維持は概ねしっかりしており、LP時代含め再発や新規リマスターが少ないアイテムに関しては、マスターテープ(2ch)の再生頻度が少ないため良いコンディションのものが多いということです。とりわけ再発が少ない盤のなかには、デジタル初期にCDマスターが1度だけしか作られなかった音源もオペラでは多数あることが判明しました。そのため、それらの音源を最新で復刻した場合、昨今のデジタル変換プロセスにおいては従来盤以上に最良の音質で復刻できるため、従来盤との音質差は歴然となります。またオペラの復刻は、録音面において当時はそれぞれ相応のコストをかけて収録されているものも多く、そのクオリティを高音質化でより活かせるという点もプラス要素です。尚、マスターテープの経年変化という問題も存在しますが、旧EMIの音源に関しましては他のメジャーレーベルと比較すると劣化は少な目でした。むしろ前述の再生頻度による差の方が大きいようです。いかに埋もれている名盤の数々をリリースまで持っていけるかということにも注力した上で、今回も復刻アイテムを決定いたしました。以上の事を踏まえ、オペラの重要録音を今後もリリースしていく所存です。
(2/2)
タワーレコード (2021/09/17)
収録内容

構成数 | 3枚

エディション | Remaster

【曲目】
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:
歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」全曲
(全2幕:台本 ロレンツォ・ダ・ポンテ)

<DISC1>
第1幕 -途中まで-

<DISC2>
第1幕 -途中から-
第2幕 -途中まで-

<DISC3>
第2幕 -途中から-

【演奏】
フィオルディリージ: エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
ドラベルラ: クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
デスピーナ: ハンニ・シュテフェク(ソプラノ)
フェランド: アルフレード・クラウス(テノール)
グリエルモ: ジュゼッペ・タッデイ(バリトン)
ドン・アルフォンゾ: ヴァルター・ベリー(バス)
フィルハーモニア管弦楽団・合唱団
ハープシコード(通奏低音):ハインリヒ・シュミット
カール・ベーム(指揮)

【録音】
10-18 IX. 1962 Kingsway Hall, London

【Original Recordings】
Producer: Walter Legge
Balance Engineer: Douglas Latter

【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
    • 3.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2021/10/12

カール・ベームのレコーディングの金字塔である1962年EMIのコシ。この超素晴らしいコシを超える録音は今後出ないでしょう。ベームEMIのコシをいち早くSACD化してくれて心底感謝です!タワレコさん、本当にありがとう!

ニュース & 記事
還元ポイント
81pt
販売価格(税込)
¥ 8,999
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
56
(公開: 0 人)
コレクション登録者
2
(公開: 1 人)