ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
ボロディン: 交響曲第2番、交響詩「中央アジアの草原にて」、フランク: 交響曲<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
クラシック輸入盤ポイント10倍
発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2021年03月17日

規格品番

0301777BC

レーベル

Berlin Classics × TOWER RECORDS

SKU

885470017778

商品の説明

<マスタリング詳細>
マスタリング・エンジニア(DSD化含む):クリストフ・スティッケル氏
~在ウィーン。ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画(2017~)も担当。現在ヨーロッパでもっとも信頼の厚いエンジニアのひとり
"ETERNAオリジナル・アナログテープからのピュア・アナログ・リマスタリング"
SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
それぞれのデジタルデータは伝送ではなく、光学ディスクで空輸

※タワーレコード限定販売。輸入盤仕様。ステレオ録音
※世界初SACD化。SACDハイブリッド盤
※2021年最新マスタリング音源使用(マスタリング・エンジニア:クリストフ・スティッケル氏)
※本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化
※SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
※CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(解説書に他のジャケット・デザインと裏面も一部使用)
※ジュエルケース仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※オリジナルマスターから起因するノイズ、ドロップアウト等が一部にございますが、ご了承ください。
※日本語帯付(帯裏面に平林 直哉氏の解説付)。解説書独文仕様、解説書内にオリジナル・アナログ・マスターテープの外箱写真をカラーで掲載

商品の紹介
ザンデルリング没後10年企画。優秀録音盤。1960年収録の"超絶演奏"が現代に蘇る!
名演フランクも収録。怒涛の演奏を高音質で再現。本国のETERNAオリジナル・アナログテープより新規で復刻。世界初SACD化!
アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトでDSD化!
本国のETERNAオリジナル・アナログテープ最新復刻企画 SACDハイブリッド化第11弾

2021年に没後10年を迎えたクルト・ザンデルリング(1912.9.19-2011.9.18)初期の怒涛の名演として名高い、ボロディンの2番が遂にSACD化。ETERAによるステレオ初期の優秀録音としても知られています。冒頭からのこのぶ厚い音はクライバーに近いながらも貫禄ある雰囲気を与えるもので、この曲の録音の中でも前述のクライバーや旧PHILIPSのコンドラシン&RCOライヴ盤と並ぶ名演です。さらにこのザンデルリング盤はセッション録音で尚且つ当時のC.シュトリューベンによる優秀録音でもありますので、演奏・録音双方を満たした、類稀な音源であることは疑う余地がないでしょう。録音的にはちょうど同時期の収録でもあるDECCAのマルティノン&LSO盤も想起させます。いずれにせよ、この第2番は現代においても同曲の最右翼でありましたが、今回の最新復刻で更なる音の進化を遂げました、厳重に保管されていた本国オリジナルのアナログ・マスターテープは当時に近い状態を維持しており、今回の音は鮮度の高さにまず驚きます。音像もしっかりしていて、曲調に呼応するかのようにエネルギッシュな音が眼前に迫ってくる、まさに迫真の演奏を感じられると思います。ドイツのオケ、しかもどちらかと言えば繊細な音色で定評があるSKDからここまでの音色を引き出すザンデルリングの手腕は見事で、むしろ現代では失われたロシアの響きが聴こえるのは驚きです。ロシア的な強靭さと爆発力、ドイツのオケの重心の低さとレベルの高さを今更ながら実感することができるでしょう。(1/2)
タワーレコード (2021/02/19)
今回のカップリングは、オリジナルのボロディンの2曲に加え、同じくSKDと1964年に録音を行ったフランクを収録しました、。従来であれば同時に録音していたチェイコフスキーのロメオとジュリエット(同時発売の0301779に収録)がCD時代では定番でしたが、フランクが浮くことから、CD層の時間的なカップリングを考慮し、今回は組み替えてリリースしています。このフランクもSKDの美しい音色が見事に反映した演奏で、節々が露骨にならないザンデルリングの流麗さが際立った名演です。決して派手な演奏ではないものの、今回の高音質化で、より一層当時のオケの響きが堪能できます。
今回の復刻に際して、マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して驚くほど鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。尚、解説書には今回使用したオリジナルのアナログ・マスターテープの外箱の写真もカラーで掲載してあります。(2/2)
タワーレコード (2021/02/19)
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster

【曲目】
1. アレクサンドル・ボロディン:交響曲 第2番 ロ短調
2. アレクサンドル・ボロディン:交響詩「中央アジアの草原にて」
3. セザール・フランク:交響曲 ニ短調

【演奏者】
シュターツカペレ・ドレスデン
クルト・ザンデルリング(指揮)

【録音】
1960年12月12-15日(1,2)
1964年 8月26-27日&9月5日(3)
ドレスデン、ルカ協会

【Original Recordings】
Musikregie:Dieter-Gerbardt Worn、 Tonregie:Claus Struben

【マスタリング・エンジニア】
クリストフ・スティッケル

【原盤】
Berlin Classics
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント10倍
217pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 239(9%)オフ
¥ 2,390
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加