ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
シューベルト: 交響曲第8番《未完成》・第5番<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック国内盤ポイント10倍
発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2021年01月20日

規格品番

PROC-2314

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE SA-CD COLLECTION

SKU

4988031409398

商品の説明

※限定盤。世界初SA-CD化。SA-CDハイブリッド盤
※2020年マスタリング音源使用(独Emil Berliner Studiosにて本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル変換したWAVデータをマスタリングしSA-CD層用にDSD変換。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※「未完成」と「第5番」が初カップリングされたオリジナル・ジャケット・デザインを使用(ブックレットに他のジャケットも一部掲載)
※通常ジュエルパッケージ仕様(マルチケース)
※盤印刷面:緑色仕様
※解説:山崎浩太郎氏(新規序文解説)他、解説書合計8ページ

作品の情報
商品の紹介
ベーム没後40年企画。
晩年にウィーン・フィルと単独で収録された至高のシューベルト2曲を世界初SA-CD化。
ベーム至高の名演!新規で本国のアナログ・マスターテープより最新復刻

カール・ベーム(1894-1981)が82歳の時にホーエネムスのシューベルティアーデ音楽祭においてライヴで収録された「未完成」と、亡くなる約2年前である最晩年の85歳時にウィーンのムジークフェラインでセッション録音を行った「第5番」を最新復刻。それぞれウィーン・フィルとの収録で、DGへのステレオ録音では1963年から71年にかけてベルリン・フィルと交響曲全集を完成させて以来のシューベルトの交響曲録音でした。尚、同時期の1979年1月にシュターツカペレ・ドレスデンとクルトゥーアパラストで「グレイト」もライヴで収録していました(2017年に同じくSA-CDハイブリッド盤のこの企画で復刻済(PROC2078))。尚、発売は「第5番」の方が先で、国内では1978年に録音されていた「シューマン:交響曲第4番」とのカップリングとして、ベームが亡くなった1981年に発売されました。「未完成」は亡くなった翌年に「モーツァルト:アイネ・クライネ」とリリースされていたため、この2曲の組み合わせは追悼盤として後に発売されたものです。
ベームは交響曲全集を録音しているとは言え、実際のレパートリーはこの2曲と「グレイト」が多かったようです。「第5番」は1954年にウィーン・フィルとDECCAに収録された音源を含めると、セッション録音を3度行っています。「未完成」も実況録音も含めると数が多く、ウィーン所縁のシューベルトを演奏し続けました。日本公演も製品化されている「未完成」含めベームのライヴは人気も高く、この1977年の演奏は普段見せるベームの厳格な表情というよりは幾分フォーカスが柔らかめであり、全体的に流麗な演奏になっています。一方、「第5番」はセッションを組んでじっくり取り組んだ感があり、高い集中度での的確な指揮はベームらしい堅牢な響きを重視しており、この曲の名盤のひとつとして今後も聴き継がれて行くでしょう。尚、音質はマイクの制限もあるライヴと、セッションではかなり異なっています。「未完成」では会場の雰囲気を伝える間接音も豊富に、「第5番」では当時のDGのアナログ録音の完成期に当たることもあって、解像度の高い美しいウィーン・フィルの音色が最高音質で再現されています。(1/2)
タワーレコード (2020/12/23)
音質的には従来同様、高音質化により特に重要な低弦の緻密な動きや密度感、各楽器のハーモニーの重なり具合や倍音、空気感といった要素が聴き分けられるようになったことで、ベームが意図していた音楽性がより理解できるようになりました。エミール・ベルリナー・スタジオによる高品位のデジタル化とマスタリングは精度を増しており、以前のCDで聴かれたような高域寄りではないバランスも見事です。原点にかえり、この素晴らしい録音を再認識できるだけの復刻を今回も目指しました。
今回の復刻では本国オリジナルのアナログ・マスターテープに遡り、高音質のデジタル化を行いました。今回に限らず最上位のフラットマスターを使用したため、非常に優秀なプレゼンスを得ることができています。質感や各定位が驚くほど明瞭・明確になり、DSD化の恩恵も加わったこれまでにない優秀な音質を再現。この盤では制作するにあたり、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープの物理的なメンテナンスと修復を行った上で高品位(192/24)でのデジタル化(PCM)を行い、ベルリンのエミール・ベルリナー・スタジオで、レーベル専任エンジニアがこのシリーズ用に綿密な工程で時間をかけてマスタリング作業を行いました。SA-CD層では、高精細なマスターサウンドをお楽しみいただけます。CD層も最新のデジタル化とマスタリングを施していますので、従来盤の音質とは一線を画しています。このシリーズではオリジナル・ジャケット・デザインを採用し、山崎浩太郎氏による新規の序文解説を掲載しました。今回の「ヴィンテージSA-CDコレクション」第26弾は、計3タイトルを発売いたします。(2/2)
タワーレコード (2020/12/23)
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster

【曲目】
フランツ・シューベルト:
1. 交響曲 第8番 ロ短調 D759 「未完成」
2. 交響曲 第5番 変ロ長調 D485

【演奏】
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カール・ベーム(指揮)

【録音】
1977年6月 ホーエンエムス〈ライヴ・レコーディング〉(1)
1979年12月 ウィーン(2)

【原盤】
Deutsche Grammophon

【Remaster】
DSD Remastered by Emil Berliner Studios, 12/2020
2020年に本国のオリジナル・アナログ・マスターテープよりリマスタリング

【Original Recordings】
Executive Producers: Michael Horwath (1), Werner Mayer (2)
Recording Supervision: Wolfgang Mitlehner (1), Werner Mayer (2)
Recording Engineers: Wolfgang Mitlehner (1), Gunter Hermanns (2)

First LP Release】
2531 279(Nr.5), 2531 373(Nr.8)
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント10倍
322pt
販売価格(税込)
¥ 3,548
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加