ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
ブラームス: 交響曲全集、悲劇的序曲、大学祝典序曲、ハイドンの主題による変奏曲<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック国内盤ポイント10倍
発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

3

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年07月24日

規格品番

TDSA-155

レーベル

TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

SKU

4997184119542

商品の説明

※SACDハイブリッド盤
※限定1,500セット。豪華デジパック仕様
※シリアル・ナンバー・シール付(シリアル・ナンバーは、本体の裏側に貼付しておりますため外から見えず、お選びいただくことはできません。ランダムでのお渡しとなります。ご了承ください)
※2020年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)。マスタリング・エンジニア:藤田厚生氏
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(中のジャケ面、解説書に他のオリジナル・ジャケット・デザインも一部使用)
※解説:藤野 竣介氏(新規解説)、解説書合計16ページ

作品の情報
商品の紹介
没後50年企画。バルビローリ最大の遺産、ウィーン・フィルとの奇跡のブラームスを、従来のディスク史上最高の音質を目指して完全新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから最新復刻!新規解説付

多くのバルビローリ・ファンにとってもバイブル的存在であるウィーン・フィルとの永遠の「ブラームス:交響曲全集」が、最新のデジタル化を経て現代に蘇りました!一期一会の奇跡の録音はバルビローリらしい慈しみに満ちた、他に代わるものがない孤高のブラームス演奏です。今回、現況での最高音質を目指して、あらたに本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル化をおこなったマスターを用いてSACD層、CD層別々にマスタリング。新規解説付。永久保存盤です。1,500セット限定のシリアル・ナンバー付。

バルビローリの数多くの録音のなかでも、1966年と翌年にかけてウィーン・フィルと収録されたこのブラームスは、市販でももちろんこれまでSACD化されてきた著名な音源です。今回解説を執筆された藤野氏によると、元々ウィーン・フィルとはずっと疎遠だったとのことですが、1966年に19年振りに共演し、交響曲第2番を先に収録。もちろんこの録音には1961年の客演時のベルリン・フィルとのマーラー9番の成功で、レッグにより急遽EMIレーベルへ引き戻されたことにより実現した晩年の録音のなかのひとつであり、さらに翌1967年に残りの曲を収録し、交響曲全集と管弦楽曲3曲の録音を完了しました(これが両者の最後の共演となりました)。元々ウィーン・フィルとは以前の共演時に反りが合わなかったところもあったようですが、このブラームスは発売後、世界的にも高く評価されました。今回の復刻では、かつてないほど緻密にマスターテープの質感を再現できているため、この"微妙な感じ"が我々にも伝わってくる感じがするのは面白い点です。ただ、バルビローリ独特の歌いまわしやアーティキュレーションが、その時代のドイツ的演奏とは多少異なる方向だとしても、この揺るぎない評価は簡単には覆りませんので、より踏み込んで演奏に集中できるという意味では、今回の復刻は画期的な再発売と言えると思います。音質は素晴らしく、マスターテープも良い状態で維持されていました。やはり192kHz/24bitでのデジタル化の効果は大きく、録音現場の雰囲気まで伝えてくれるかのようです。(1/2)
タワーレコード (2020/06/25)
今回、本国にあるオリジナルの2Chのアナログ・マスターテープから、従来を超える192kHz/24bitでデジタル化を行ったフラットマスターを使用し最新でマスタリングを行いました。そのためか、今回の音質は緻密さと幅広いレンジ感、近接感をより獲得しており、リアルになった音質で最上の演奏をお楽しみいただけます。一部にはノイズ等も散見されますが、今回もオリジナルを尊重し、バランスを含め、あくまで最小限の範囲で音楽的なマスタリングを目指しました。尚、箱のジャケット・デザインは英国盤を採用し、解説書には藤野竣介氏による新規文章を掲載しています。

このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。今回のDefinition Series第30弾は、バルビローリの名盤、計2タイトルを発売いたします。(2/2)
タワーレコード (2020/06/25)
収録内容

構成数 | 3枚

【曲目】
ヨハネス・ブラームス:交響曲全集
<DISC1>
1. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68
2. 悲劇的序曲 作品81
3. 大学祝典序曲 作品80
<DISC2>
4. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73
5. 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90
<DISC3>
6. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98
7. ハイドンの主題による変奏曲 作品56a

【演奏】
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・ジョン・バルビローリ(指揮)

【録音】
7-9. XII.1966 (Op.73)、 4-6. XII. (Op.68)、 6-8. XII. (Op.98)、 8 & 15 XII (Op.90)、
18.19 XII. (Op.56a,, Op.80 & Op.81), 1967 Vienna, Musikvereinsaal

【Original Recordings】
Producer : Ronald Kinloch Anderson、 Balance engineer : Ernst Rothe

【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
    • 3.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント10倍
760pt
販売価格(税込)
¥ 8,360
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

75 店舗で受け取りが可能です
店舗で予約