ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
シューベルト: 交響曲全集<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
4.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

4

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年06月12日

規格品番

0301556BC

レーベル

Berlin Classics × TOWER RECORDS

SKU

885470015569

商品の説明

※タワーレコード限定販売
※世界初SACD化。SACDハイブリッド盤
※2020年最新マスタリング音源使用(マスタリング・エンジニア:クリストフ・スティッケル氏)、
※本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化
※SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
※CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(解説書に他のジャケット・デザインも使用)
※ジュエルケース仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※オリジナルマスターから起因するノイズ、ドロップアウト等が一部にございますが、ご了承ください。
※日本語帯付(帯裏面に鈴木 淳史氏の解説付)。解説書英文仕様

商品の紹介
本国のETERNAオリジナル・アナログテープ最新復刻企画 SACDハイブリッド化第5弾!シューベルトの本質を突いたブロムシュテットによる決定盤のひとつ。しなやかで細部に至るまで美感に満ちた表現は、まさに理想的な演奏。本国のETERNAオリジナル・アナログテープより新規で復刻。優秀録音盤。世界初SACD化!アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトDSD化!

1978年から81年にかけて収録された、珠玉のシューベルト録音を世界初SACD化。この音源は、ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデンのコンビでは、75年から80年にかけてベートーヴェンの交響曲全集(当企画の第2弾0301191BC で発売済)と、今回同時発売のドヴォルザークの交響曲第8番(0301557BC)に並ぶ名盤であり、多くのシューベルトの交響曲全集録音のなかでも模範的演奏として現在でも高く評価されています。特に細部にわたる表現の豊かさや美感、品位ある演奏は他のどの録音よりも抜きん出ており、アナログ録音末期の高い質感によるこの録音は、高音質での復刻にもっとも相応しい音源のひとつでしょう。今回のリリースでは、SACDとしての特質を余すことなく発揮しています。

収録場所であるルカ教会は残響が豊かな場所であり、レーベルによって音響成分は多少異なりますが、Berlin Classics(ETERNA)による録音は過度に残響を取り入れ過ぎることなく、基音である当時の楽器の質感を重視した上でトータルとしてバランスの良い音に仕上げているのは好感が持てます。今回の復刻では編成によるスケール感の差と、分離の良い残響が如実に反映できています。特にSACD層ではこれまで聴き取ることが困難であった質感で鑑賞できます。弦楽器の柔らかな美しさと管楽器の質感、ブロムシュテットによる堅実で進行を妨げない指揮により、初期作品であってもシューベルトの淀みなく流れるような音楽性が発揮されているのは、この全集の白眉でしょう。中期の構成力の高さ、「未完成」のこの世の作品とは思えないほどの美的感覚、そして「グレート」における雄弁さと流麗さの対比(ペーター・ダム率いるホルンも見事)と、めまぐるしく変わる転調の妙もこのコンビならではです。どの曲を取っても楕演の無い、完成度の高い全集です。究極の演奏のひとつが、最良・最新のマスタリングを得て現代に蘇りました。
(1/2)
タワーレコード (2020/05/26)
“極上の美音で知られるシュターツカペレ・ドレスデン。その最良の姿を引き出したのは、オーケストラの魅力を遜色なく伝えることに長けたブロムシュテットだった。しっとり艶やかな弦楽器に、明るくまろやかな木管が重ねられ、金管やティンパニが要所をぐっと引き締める。テンポの変化もじつに滑らか。その聖ルカ教会での成熟したアナログ録音が、最新マスタリング音源を使用したSACDで蘇った。史上もっとも優雅なシューベルト演奏だ。 鈴木淳史(音楽評論家)“

今回の復刻に際して、マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して驚くほど鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。尚、解説書には今回使用したオリジナルのアナログ・マスターテープの外箱の写真も掲載してあります。

<マスタリング詳細>マスタリング・エンジニア(DSD化含む):クリストフ・スティッケル氏
~在ウィーン。ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画(2017~)も担当。 現在ヨーロッパでもっとも信頼の厚いエンジニアのひとり
"ETERNAオリジナル・アナログテープからのピュア・アナログ・リマスタリング"
SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
それぞれのデジタルデータは伝送ではなく、光学ディスクで空輸
(2/2)
タワーレコード (2020/05/26)
収録内容

構成数 | 4枚

エディション | Remaster

【曲目】
フランツ・シューベルト:交響曲全集
<DISC1>
1. 交響曲 第1番 二長調 D 82、 2. 交響曲 第2番 変ロ長調 D 125
<DISC2>
3. 交響曲 第3番 ニ長調 D 200、 4 交響曲 第4番 ハ短調 『悲劇的』 D 417
<DISC3>
5. 交響曲 第5番 変ロ長調 D 485、 6. 交響曲 第6番 ハ長調 D 589
<DISC4>
7. 交響曲 第8番 ロ短調 「未完成」 D 759
8. 交響曲 第9番 ハ長調 「ザ・グレート」 D 944

【演奏者】
シュターツカペレ・ドレスデン
ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

【録音】
Disc 1:1980/10/6-10 (Sinfonie Nr.1), 1981/5/14-15 (Sinfonie Nr.2)
Disc 2:1978/2/20-22 (Sinfonie Nr.3), 1980/3/17-19 (Sinfonie Nr.4)
Disc 3:1980/3/19-21 & 1980/4/2 & 1980/10/9 (Sinfonie Nr.5),
1979/9/17-19 (Sinfonie Nr.6)
Disc 4:1978/2/23-24 (Sinfonie Nr.8), 1981/3/23-27 (Sinfonie Nr.9) Dresden, Lukaskirche

【Original Recordings】cBernd Runge、 Tonregie: Horst Kunze(Sinfonie Nr.1,2,3,4,5,8,9)/Claus Struben(Sinfonie Nr.6)

【マスタリング・エンジニア】クリストフ・スティッケル

【原盤】Berlin Classics
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
    • 3.
      [SACDハイブリッド]
    • 4.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
総合評価
4.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
69pt
販売価格(税込)
¥ 9,339
¥ 1,650(18%)オフ
¥ 7,689
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加