ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
モーツァルト: ホルン協奏曲全曲<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2019年07月10日

規格品番

PROC-2220

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE SA-CD COLLECTION

SKU

4988031339633

商品の説明

※限定盤。世界初SA-CD化
※SA-CDハイブリッド盤
※2019年最新マスタリング音源使用(独Emil Berliner Studiosにて本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル変換したWAVデータをマスタリングしSA-CD層用にDSD変換。アナログ・マスターテープはその経年劣化と保存状態に応じて、可能な範囲で入念な修復作業を行った後に変換作業を実施)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※通常ジュエルパッケージ仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※解説:佐伯茂樹氏(新規序文解説)、柴田龍一氏、解説書合計8ページ

商品の紹介
ザイフェルト追悼盤。長年BPOを支え続けた世界最高峰のホルン奏者の一人、ザイフェルトとカラヤンとの至極の名盤を世界初SA-CD化!オリジナル・アナログ・マスターから本国で新規マスタリング

カラヤンに世界最高のホルン奏者と言わしめたゲルト・ザイフェルト(1931-2019)によるこの曲の代表的な録音が遂にSA-CD化!ザイフェルトは1964年から1997年まで、33年間にわたってベルリン・フィルの首席奏者を務め、同時に首席だったノルベルト・ハウプトマンと共に世界最高のホルン・セクションを築きました。まさにドイツ・ホルンを代表する奏者です。ホルンの帝王とも言われ、特に70年代以降は日本でも圧倒的な支持を得ました。この録音時は入団から4年ほど経った37歳の時で、当時はドイツ製のメルヒオールを使用(70年代に工房が閉じられてからはヤマハを使用)しており、ドイツ製ホルンの伝統でもある明るく輝かしい音色でモーツァルトを格式高く演奏しています。また、カラヤンと言えばデニス・ブレインとの録音が有名です。両盤は何かと比較される機会も多く、ブレインのB♭シングルホルンによる軽快で柔らかな響きに対し、ザイフェルトの重厚でありながらもブリリアントな音色は様式の違いもあり比較し辛いですが、これらの曲の双璧を成す名盤として、未だに評価の高い演奏であることは間違いありません。

今回の高音質による最新復刻では編成も通常時より少ないため、高解像度ということもあり、息遣いや細かなニュアンスも手に取るようにわかります。カラヤンとザイフェルトが目指した最高峰のモーツァルト演奏、その真髄をより感じ取ることが出来るでしょう。カラヤンが非常に目の行き届いた指示をしているのもこの演奏の特徴で、その点でもSA-CDによる効果が随所に感じられる出来となっています。

今回の復刻では本国オリジナルのアナログ・マスターテープに遡り、高音質のデジタル化を行いました。今回に限らず最上位のフラットマスターを使用したため、非常に優秀なプレゼンスを得ることができています。質感や各定位が驚くほど明瞭・明確になり、DSD化の恩恵も加わったこれまでにない優秀な音質を再現。この盤では制作するにあたり、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープの物理的なメンテナンスと修復を行った上で高品位(192/24)でのデジタル化(PCM)を行い、ベルリンのエミール・ベルリナー・スタジオで、レーベル専任エンジニアがこのシリーズ用に綿密な工程で時間をかけてマスタリング作業を行いました。SA-CD層では、高精細なマスターサウンドをお楽しみいただけます。CD層も最新のデジタル化とマスタリングを施していますので、従来盤の音質とは一線を画しています。このシリーズではオリジナル・ジャケット・デザインを採用し、佐伯茂樹氏による新規の序文解説を掲載しました。尚、解説書内にはオケの全体写真も掲載(撮影時期や編成等は今回の収録とは関係ありません)。今回の「ヴィンテージSA-CDコレクション」第18弾は、計3タイトルを発売いたします。
タワーレコード (2019/06/12)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:
1. ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K.412/K.514(386b)
2. ホルン協奏曲 第2番 変ホ長調 K.417
3. ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 K.447
4. ホルン協奏曲 第4番 変ホ長調 K.495

【演奏】
ゲルト・ザイフェルト(ホルン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

【録音】
1968年8月 サンモリッツ

【原盤】
Deutsche Grammophon

【Remaster】
DSD Remastered by Emil Berliner Studios, 6/ 2019 2019年に本国のオリジナル・アナログ・マスターテープより最新リマスタリング

【Original Recordings】
Recording Producer: Hans Weber、 Balance Engineer: Gunter Hermanns、 Editors: Volker Martin, Joachim Niss

【First LP Release】139 038
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/24

ザイフェルトの芯の太い重厚でいて丸みのある音に酔いしれてしまう演奏です。たっぷりと歌いながら吹いていくザイフェルトに寄り添う、カラヤンとベルリン・フィルも分厚い演奏でスケールの大きい堂々とした演奏に安心して聞いています。

ニュース & 記事
還元ポイント
32pt
販売価格(税込)
¥ 3,548
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加