ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45
★★★★★
★★★★★
4.6

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

22

国内/輸入

輸入盤:国内流通仕様

パッケージ仕様

ボックス

発売日

2018年12月29日

規格品番

KKC5952

レーベル

Berliner Philharmoniker

SKU

4909346017382

特典情報
特典

ベルリン・フィル・レコーディングス日本限定スペシャル・サンプラー

※特典満了次第終了となります。

※タワーレコード店舗とオンラインでは特典の運用状況が異なる場合がございます。 店舗でのご購入で特典ご希望のお客様は、各店舗に運用状況をご確認ください。

※複数枚を一回でご注文された場合、商品がすべて揃うまでに特典の保管期間(発売日より1ヶ月)を経過すると、自動的に特典付与対象外となります。

※特典は満了次第終了となりますので予めご了承ください。

※店舗でご購入される際は、各店舗に特典の運用状況をご確認ください。

※画像はイメージです。実物とは異なる場合があります。

商品の紹介
帰って来たフルトヴェングラー
70年の時を経て蘇るベルリン・フィル本来の響き!
「フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG)アーカイヴ 1939-45」

●戦時中(1939~45年)にドイツ帝国放送が収録したベルリン・フィルとフルトヴェングラーによる放送録音を集成したエディション。
●嬉しいことに、初出音源も収録!(ラヴェル:ダフニスとクロエ第1組曲(抜粋)、シューベルト:交響曲「未完成」第2楽章)
●ドイツ帝国放送のテープ音源としては、今現在の最高技術をもってサンプリング(28bit/96kHz)を行い、ベルリン・フィルが自ら手掛ける戦時のフルトヴェングラー最高音質の登場。
●当時の演奏を再現できる最良の音源を選択。現存するドイツ帝国放送テープをすべて網羅し、オリジナル・テープを基本に、最高の条件でセット化。
●22枚組SACDハイブリット盤。
(1/2)
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/10/06)
この度リリースされる「フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG)アーカイヴ 1939-45」。当セットは、戦時中に(1939~45年)ドイツ帝国放送が収録したベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)による放送録音を集成したエディションです。戦時下の激動の時代にあっても、自らの芸術活動に命を懸けたフルトヴェングラー。指揮者フルトヴェングラーの中で戦時中の演奏は最も重要なものです。戦時中のベルリン・フィル&フルトヴェングラーの現存する演奏をすべて網羅し、過去最高の品質で蘇らせた当セットは、これまでのあらゆる盤を凌駕する決定盤と言えるでしょう。
また、戦時のフルトヴェングラーの録音を語る上で欠かせないのが、「テープの遍歴」についてです。ソ連軍は、ベルリン占領後、ドイツ帝国放送にあったおよそ1500本のテープを戦利品として押収。そのテープをもとにモスクワ放送の番組に使用したり、露メロディア・レーベルからLPを発売したりと利用されてきました。しかし1987年にはオリジナル・テープのコピー20本が、さらに1991年には押収した原テープが自由ベルリン放送(SFB)へ返還され、今日までベルリン・ブランデンブルク放送(RBB、旧SFB)のアーカイヴに保存されていました。今回、当セットで使用されている音源のほとんどは、1987年と1991年に返還されたテープをベルリン・フィルが新たに28bit/96kHzでサンプリングしたもの。担当したトーンマイスターによると、これらのテープは30年という時間がたっているにも関わらず、非常に良い状態でサンプリングすることができたと言います。また、以前から多くのCDで問題にされていたピッチについても、当時の正しい音程、速度を基準としてサンプリングを行っています。残念ながら演奏会記録が残っているのに、欠けているプログラムについては、テープがすでに消失した可能性がきわめて高く、当セットに収録されている音源が、現存する戦時のベルリン・フィルとフルトヴェングラーの演奏のすべてだと考えられています。
仕様は、最高音質でのサンプリングを活かすべく、SACDハイブリット盤でのリリースとなります。解説書は、ソ連軍による戦後の押収からコピーの返還、マスター・テープの発見に至るまで、この録音をめぐる歴史について書かれた興味深い内容となっています(日本語訳付)。
(2/2)
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/10/06)
収録内容

構成数 | 22枚

合計収録時間 | 00:00:00

日本語帯・解説付

【曲目】
[CD1]
フルトヴェングラー:ピアノとオーケストラのための交響的協奏曲(64'51)
エドウィン・フィッシャー(ピアノ)
録音:1939年1月19日、旧フィルハーモニー(特別コンサート)

[CD2]
ヘンデル:合奏協奏曲Op6-5(15'07)
録音:1939年9月13日、放送局ビル、ベルリン(放送用コンサート)
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」(第4楽章3分欠落)(28'47)
録音:1939年9月13日、放送局ビル、ベルリン(放送用コンサート)

※以上、1939年収録分は放送用ディスク録音盤からの復刻

R.シュトラウス:
4つの歌曲(誘惑Op.33-1、森の喜びOp.49-1、愛の賛歌Op.32-3、冬の愛Op.48-5)(15'02)
ペーター・アンダース(テノール)
交響詩「ドン・ファン」(17'21)
録音:1942年2月15,16,17日、旧フィルハーモニー

[CD3]
ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲(9'15)
録音:1942年2月26日、AEG工場
シューマン:ピアノ協奏曲(30'12)
ヴァルター・ギーゼキング(ピアノ)
録音:1942年3月1~3日、旧フィルハーモニー
ベートーヴェン:交響曲第7番(37'23)
録音:1942年3月1~3日、旧フィルハーモニー
(1942年3月もしくは1943年11月)

[CD4]
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱つき」(74'37)
ブルーノ・キッテル合唱団
ティルラ・ブリーム(ソプラノ)、エリーザベト・ヘンゲン(アルト)、
ペーター・アンダース(テノール)、ルドルフ・ヴァッケ(バス)
録音:1942年3月22~24日、旧フィルハーモニー

[CD5]
グルック:「アルチェステ」序曲(8'19)
録音:1942年10月28日、旧フィルハーモニー
シューマン:チェロ協奏曲(22'44)
ティボール・デ・マヒューラ(チェロ)
録音:1942年10月25~28日、旧フィルハーモニー

[CD6]
ブルックナー:交響曲第5番(68'31)
録音:1942年10月25~28日、旧フィルハーモニー

[CD7]
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番(47'42)
エドウィン・フィッシャー(ピアノ)
録音:1942年11月8,9日、旧フィルハーモニー
ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死(18'48)
録音:1942年11月8,9日、旧フィルハーモニー

[CD8]
ハインツ・シューベルト(1908-1945):賛歌的協奏曲(初演)(38'05)
録音:1942年12月6,7,8日、旧フィルハーモニー

[CD9]
シューベルト:交響曲第8番「ザ・グレート」(50'58)
録音:1942年12月6,7,8日、旧フィルハーモニー
モーツァルト:交響曲第39番(25'49)
録音:1942年もしくは1943年、放送局ビル、ベルリン

[CD10]
シベリウス:エン・サガOp.9(20'24)
録音:1943年2月7~10日、旧フィルハーモニー
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲(31'25)
ゲオルク・クーレンカンプ(ヴァイオリン)
録音:1943年2月7~10日、旧フィルハーモニー

[CD11]
ベートーヴェン:交響曲第4番(聴衆なし)(35'54)
録音:1943年6月28,29,30日、旧フィルハーモニー
ベートーヴェン:交響曲第4番(コンサート・ライヴ)(36'04)
録音:1943年6月28,29,30日、旧フィルハーモニー

[CD12]
ベートーヴェン:「コリオラン」序曲(9'09)
録音:1943年6月28,29,30日、旧フィルハーモニー
ベートーヴェン:交響曲第5番(33'13)
録音:1943年6月28,29,30日、旧フィルハーモニー

[CD13]
エルンスト・ペッピング:交響曲第2番(初演)(38'53)
録音:1943年10月31、11月1~3日、旧フィルハーモニー
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(34'14)
コンラート・ハンゼン(ピアノ)
録音:1943年10月31、11月1~3日、旧フィルハーモニー

[CD14]
ブルックナー:交響曲第6番(第2~4楽章のみ)(36'19)
録音:1943年11月13,14,15,16日、旧フィルハーモニー
シューマン:チェロ協奏曲(第3楽章のみ)(10'26)
ピエール・フルニエ(チェロ)
録音:1943年11月13,14,15,16日、旧フィルハーモニー
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」(14'53)
録音:1943年11月13,14,15,16日、旧フィルハーモニー

[CD15]
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲(20'05)
録音:1943年12月12,13,14,15日、旧フィルハーモニー
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番(45'11)
アドリアン・エッシュバッハー(ピアノ)
録音:1943年12月12,13,14,15日、旧フィルハーモニー

[CD16]
ブラームス:交響曲第4番(39'46)
録音:1943年12月12,13,14,15日、旧フィルハーモニー

[CD17]
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲(44'15)
エーリヒ・レーン(ヴァイオリン)
録音:1944年1月9,10,11,12日、旧フィルハーモニー
(フルトヴェングラー、フィルハーモニー最後の公演)

[CD18]
R.シュトラウス:家庭交響曲(42'30)
録音:1944年1月9,10,11,12日、旧フィルハーモニー
(フルトヴェングラー、フィルハーモニー最後の公演)

[CD19]
ヘンデル:合奏協奏曲Op.6-10 HMV328(17'49)
録音:1944年2月7,8日、ベルリン国立歌劇場
モーツァルト:交響曲第39番(28'02)
録音:1944年2月7,8日、ベルリン国立歌劇場

[CD20]
ウェーバー:「魔弾の射手」序曲(10'58)
録音:1944年3月20,21日、ベルリン国立歌劇場
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第1組曲より「間奏曲」、「戦いの踊り」(7'09)※初出
録音:1944年3月20,21日、ベルリン国立歌劇場
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲(16'30)
録音:1944年3月20,21日、ベルリン国立歌劇場
ベートーヴェン:交響曲第6番(43'16)
録音:1944年3月20,21日、ベルリン国立歌劇場

[CD21]
ブルックナー:交響曲第9番(聴衆なし)(58'53)
録音:1944年10月3~7日、ベートーヴェン・ザール

[CD22]
シューベルト:交響曲第7番「未完成」(22'56)
※第2楽章初出
録音:1944年12月12日、アドミラルパラスト
ブラームス:交響曲第1番第4楽章(17'04)
録音:1945年1月22,23日、アドミラルパラスト

ボーナス・インタビュー:(13'27)
トーンマイスター、フリードリヒ・シュナップ博士が語る
聞き手:ゲルト・フィッシャー/ドイツ・フルトヴェングラー協会
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
    • 3.
      [SACDハイブリッド]
    • 4.
      [SACDハイブリッド]
    • 5.
      [SACDハイブリッド]
    • 6.
      [SACDハイブリッド]
    • 7.
      [SACDハイブリッド]
    • 8.
      [SACDハイブリッド]
    • 9.
      [SACDハイブリッド]
    • 10.
      [SACDハイブリッド]
    • 11.
      [SACDハイブリッド]
    • 12.
      [SACDハイブリッド]
    • 13.
      [SACDハイブリッド]
    • 14.
      [SACDハイブリッド]
    • 15.
      [SACDハイブリッド]
    • 16.
      [SACDハイブリッド]
    • 17.
      [SACDハイブリッド]
    • 18.
      [SACDハイブリッド]
    • 19.
      [SACDハイブリッド]
    • 20.
      [SACDハイブリッド]
    • 21.
      [SACDハイブリッド]
    • 22.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
総合評価
4.6
★★★★★
★★★★★
(5)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/10/06

フルトヴェングラー通を標榜するアマチュア指揮者がブラームスの第2協奏曲の練習時に、首席チェリストに対し「こんな風に弾いて」と当盤の演奏(フィッシャーの方)をわたしていたのは大受けしました。自分の言葉で説明、指導ができない典型的な例として語り継がれています。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/02/22

このドイツ帝国放送により、21世紀の録音再生芸術の幕が切って落とされた。AI 導入と共にトーンマイスターが芸術家として認められる時代になった。20世紀は、作曲家とフルトベングラーの境界がどこから始まるのかが議論された。このアルバムは、さらにその先、各奏者の感動が音になる瞬間を蘇らせる。BPOがその原点を指揮芸術の規範たるフルトベングラーにおく気持ちがよく分かる。この全集を強く支持する。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2019/01/22

過去の復刻に比べて現時点で最高の復刻。とりわけ,アースの取り方が良いスタジオでのモーツアルトの39番は,まるで戦後のレコード録音のような優れた音質。一方,デジタルノイズ処理が目立つシューマンのPf協奏曲などはやや残念。全体にわずかながらステレオの音場をつけているのもマイナス。シェラックからの復刻はお粗末。SACDはCDより角の取れた,より優れた音が楽しめる。

ニュース & 記事
還元ポイント
324pt
販売価格(税込)
¥ 35,648
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加