こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • 現代音楽

【SACDハイブリッド】

カレヴィ・アホ: 金管楽器のための協奏曲

ヨルゲン・ファン・ライエンアラン・ド・リュデマーティン・ブラビンズロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団

  • クラシック輸入盤プライスオフ
    BISレーベル SACDハイブリッド厳選セール

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:14日~35日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,069
  • セール価格(税込)
    ¥1,749
    ¥1,320 (43 %) オフ
  • ポイント数
    15 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


カレヴィ・アホ: 金管楽器のための協奏曲

ヨルゲン・ファン・ライエン

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2018年12月04日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

BIS

規格品番

BISSA2196

商品の紹介

  • フィンランドの作曲家、カレヴィ・アホの
    金管楽器のための協奏曲2篇

    SACDハイブリッド盤。フィンランドの作曲家カレヴィ・アホのシリーズ。《ティンパニと管弦楽のための協奏曲》と《ピアノと管弦楽のための協奏曲第1番》(BISSA2306)につづく新作は、金管楽器のための2つの協奏曲です。《トロンボーン協奏曲》は、ヨルゲン・ファン・ライエンが、2006年に受けたボルレッティ=ブイトーニ・トラスト賞の賞金を原資にカレヴィ・アホに委嘱。2012年3月2日、フィンランドのサントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮、ハーグ・レジデンティ管弦楽団の共演で初演しました。アホがトロンボーンのための協奏的作品を手掛けるのは、「協奏交響曲」のスタイルによる交響曲第9番(BIS706)に続いて二度目。作曲に先立って彼はアムステルダムを訪れ、ライアンから教わった楽器の可能性と彼の技巧と個性を投影する作品に作りあげました。4楽章の作品。トロンボーンの「歌」とソリストの実際の「歌」を共鳴させるコラール風パッセージが組みこまれた、抒情的な第1楽章と、ジャンベと2つのコンガの複雑なリズムが支配する「プレスト」の第2楽章。第3楽章「アダージョ」の間奏曲と、ジャンベとコンガがさらに複雑なリズムで演奏する「ヴィヴァーチェ」そして「トランクィッロ」の第4楽章。楽章を2つずつ休止なく(アタッカ)演奏する構成がとられています。《トランペットとシンフォニック・ウィンドオーケストラのための協奏曲》は、ロンドン・ブラス・ヴィルトゥオージとのプロジェクトとして始まり、計画が撤回されたため、フィンランドのシンフォニック・ウィンドオーケストラ「Sisu」とヘルシンキの「衛兵バンド(Kaartin soittokunta)」が共同で委嘱、王立フランダース・フィルハーモニック(現、アントワープ交響楽団)も参加して作曲が実現した作品です。中規模の交響楽団の管楽器セクションにアルトとテナーのサクソフォーン、バリトン・ホルン、3人の打楽器奏者を加えた編成。ソロ・トランペットには特殊奏法を含む高度な技巧とセンスが求められます。「ミステリオーソ」の第1楽章。ジャズの要素が織りこまれる「ヴィヴァーチェ」の第2楽章。第3楽章「間奏曲とカデンツァ」からアタッカで「カプリッチョ」(気まぐれに)の第4楽章〈終曲〉へ。終幕、ソロ・トランペットが最初の楽章の余韻を響かせます。ウィンドオーケストラのテクスチュアとハーモニックスが活かされた、美しい彩りの音楽。アラン・ド・リュデのトランペット、アントワープ交響楽団とマーティン・ブラビンズの指揮。2012年3月31日の初演メンバーによる録音です。(1/2)
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2018/11/02)

  • <ヨルゲン・ファン・ライエン (1975-)>
    オランダのトロンボーン奏者。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者を務め、現代とバロック期の楽器のスペシャリストとしてレパートリーを開拓。ソリストとしても活躍しています。アルヴォ・ペルトとJ・S・バッハの作品による『フラトレス』(BISSA-2316)が、ソリストとしての2018年最新録音。

    <アラン・ド・リュデ>
    ベルギーのトランペット奏者。ルーヴェンのレメンス音楽院とブリュッセルの王立音楽院で学び、カールスルーエの州立音楽大学でラインハルト・フリードリヒに師事。1990年、ヨーロッパ・ユース・オーケストラのソロ・トランペット奏者に選ばれ。2018年現在、アントワープ交響楽団の首席トランペット奏者。ピリオド楽器の奏者としてシャンゼリゼ管弦楽団とコレギウム・ヴォカーレ・ヘント管弦楽団の第1ソロ・トランペット奏者を務めています。

    <マーティン・ブラビンズ (1959-)>
    イギリスの指揮者。キーロフ歌劇場、スカラ座、バイエルン国立歌劇場、リヨン国立オペラなどを経て、イギリス・ナショナル・オペラの音楽監督。BBCPromsに定期的に出演、イギリス各地のオーケストラを指揮。新作の初演も数多く手がけてきました。賞を受けたコルンゴルト、バートウィッスル、ハーヴィのオペラを含む、120を超すCD録音を行っています。(2/2)
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2018/11/02)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
カレヴィ・アホ(1949-):
(1)トロンボーンと管弦楽のための協奏曲(2010)
(2)トランペットとシンフォニック・ウィンドオーケストラのための協奏曲(2011)

【演奏】
(1)ヨルゲン・ファン・ライエン(トロンボーン)
(2)アラン・ド・リュデ(トランペット)
マーティン・ブラビンズ(指揮)、
アントワープ交響楽団

【録音】
セッション録音:2015年7月/アントワープ(ベルギー)

  1. 1. [SACDハイブリッド]