ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
マーラー: 交響曲第9番、第10番、大地の歌<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
3.3

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

3

国内/輸入

輸入盤:国内流通仕様

パッケージ仕様

-

発売日

2018年11月29日

規格品番

0301191BC

レーベル

Berlin Classics × TOWER RECORDS

SKU

4560179139643

商品の説明

※タワーレコード限定販売
※世界初SACD化。SACDハイブリッド盤
※2018年最新マスタリング音源使用(マスタリング・エンジニア:クリストフ・スティッケル氏)、
※本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化
※SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
※CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※豪華スリップ・ケース付(CDはマルチケースに収納)
※盤印刷面:緑色仕様
※オリジナルマスターから起因するノイズ等がございますが、ご了承ください。
※日本語帯付(帯裏面に平林 直哉氏の解説付)。解説書英文仕様

作品の情報
メイン
その他
商品の紹介
ETERNAオリジナル・アナログテープからの新規SACD化企画始動!ザンデルリングがアナログ録音末期に残した名盤、マーラー3曲が究極の姿で蘇る!理想的なデジタル化&マスタリングで復刻。アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトDSD化!
アナログ録音末期、1979年と1983年に旧エテルナ・レーベルに録音したクルト・ザンデルリングのマーラー作品全3作を、独本国にあるオリジナルのアナログ・マスターテープから世界初SACD化として録音順に輸入盤の3枚組で2018年最新復刻。当時の旧東ドイツの威信をかけたマーラー演奏を、音質を新たにし、最善の形でリリースします。ベルリン交響楽団の首席指揮者を退任した後に収録されたこれらの録音は周到な準備で進められたようで、当時としては演奏と共に録音に関しても完成度が高いアルバムでした。ザンデルリングはこの後、第9番はセッションで再録音も行いますが、他2曲は唯一の録音です。重厚長大のスタイルで貫かれたこれらの演奏は、発売当時より注目を集めました。特に、第10番のクック版第3稿の録音はまだ少なかったこともあり、このザンデルリング盤が一時期スタンダード盤として世界的に評価され、その後のブームの基盤となったことは記憶に新しいです。
これらの盤はCD時代においては何度も再発されていますが、元々のザンデルリングの流麗な表現が、CDでは音質的にやや平坦であることによって損なわれ、演奏として変化に乏しい、おとなしい演奏として評価されていた感があるかも知れません。しかし、今回の復刻では細部にまで精細な演奏と表現の幅を求めた、本来のザンデルリングの指揮が蘇っています。それにより、極めて繊細かつ大胆な表現も合わせ持ったマーラー演奏であったことがわかるでしょう。旧東ドイツ時代の質実剛健なサウンドはそのままに、より精密な演奏を堪能できます。
(1/2)
タワーレコード (2019/01/23)
マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、2018年現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して驚くほど鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。
<マスタリング詳細>
"ETERNAオリジナル・アナログテープからのピュア・アナログ・リマスタリング"
SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
それぞれのデジタルデータは伝送ではなく、光学ディスクで空輸
マスタリング・エンジニア(DSD化含む):クリストフ・スティッケル氏
~在ウィーン。ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画(2017~)も担当。現在ヨーロッパでもっとも信頼の厚いエンジニアのひとり

<今回の製品化に際して>
今回の製品化では、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープをアナログ段階でマスタリングを行い、デジタル化(DSD & PCM)の段階では一切加工・修正を行っていないため、マスターテープのコンディションに影響されます。今回の方式は一番理想的なマスタリングを行い、それにより従来にない高音質を実現することができました。音質に関しての製品コンセプトとしまして、オリジナルテープの音質を極力損なうことなくデジタル化を行ったおりますため、一部にお聴き苦しい個所がございますことをご了承ください。尚、第10番に関しては、エンジニアのステッッケル氏より下記の追記があります。

We have a Tape Problem with Mahler 10.
The Tape seems to have a mistake during the storage.
I do not think it was recorded like this but the mistake is on the Tape.
But this release should be 100 % native so we are not able to fix it.

christoph
(2/2)
タワーレコード (2019/01/23)
収録内容

構成数 | 3枚

【曲目】
グスタフ・マーラー:
<DISC1>
1. 交響曲 第9番 ニ長調
<DISC2>
2. 交響曲 第10番 (デリック・クック補筆完成版 第3稿) 嬰ヘ長調
<DISC3>
3. 大地の歌

【演奏】
ペーター・シュライアー(テノール)、 ビルギット・フィニラ(アルト) (3)
ベルリン交響楽団
クルト・ザンデルリング(指揮)

【録音】
1979年2月28日-3月2日 (1)、 11月29-30 & 12月13-15日 (2)、 1983年2月3-5日 & 6月2-4日 (3)
イエス・キリスト教会、東ベルリン

【マスタリング・エンジニア】
クリストフ・シュティッケル

【原盤】
Berlin Classics
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
    • 3.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
総合評価
3.3
★★★★★
★★★★★
(3)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2019/01/14

大太鼓が1発少ない件は解説書に「指揮者の判断で省かれた」との記述有り。ザンデルリングは生演奏でも1発しか叩かせていません。既発売CDに2発入っているのは、原盤製作者が指揮者の真意を確かめないまま1発目をコピー&ペーストしてスコア通りに修正したためだそうです(TOWER RECORDSからの回答)。それはともかく、チューバの間抜けな音は本当に残念。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2019/01/12

第10番に瑕疵。徳間盤にはあった第4楽章最後の大太鼓がない。SACD・CD共通。スコアでは入っているので、勘違いor編集ミス。・第5楽章冒頭のチューバがテープよれでグンニャリと劣化。徳間盤は問題なし。SACD・CD共通。マスターテープの経年劣化かも知れないが、こういう瑕疵こそデジタル技術で修復すべきである。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2018/12/03

国内盤とは趣きが違い、音楽性を重視したマスタリング。だが、微温的と思っていた9番は結構鋭くドラマティックでこんな音が入っていたのか!と認識を改めさせられた。10番は初出時、4楽章の終わりにもバスドラムの一撃があってインパクト絶大だったが、5楽章冒頭の一発に正しく編集されてちょっと残念。徳間社長が版権が高くて国内発売できなかった大地の歌は、イエスキリスト教会の奥深い音響がマッチして本当に素晴らしい。

関連商品:Berlin CLassics SACDシリーズ
ニュース & 記事
還元ポイント
80pt
販売価格(税込)
¥ 8,899
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加