ショッピングカート
Jazz
SACDハイブリッド
プリーズ・リクエスト<タワーレコード限定/完全限定盤>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2018年12月19日

規格品番

PROZ-1115

レーベル

TOWER RECORDS/UNIVERSAL SA-CD SUPREME SELECTION

SKU

4988031304860

商品の説明

・VERVE、EmArcyをはじめとするユニバーサル・ミュージック保有音源の傑作をタワーレコードがSA-CDハイブリッド化するシリーズ『SA-CD SUPREME SELECTION』。
・"現存する最良のコンディションの本国アナログ・マスターテープから、今回の発売のために新規でダイレクトDSD化を行い制作した、過去にDSD変換されたマスターとはまったく別の2018年新DSDマスター"を使用し、NYのスタジオにて新マスタリング。その名盤が本来持っている豊かなサウンドを実現
・新マスタリングを担当したのはケヴィン・リーヴス(Universal Music Mastering, New York, NY)
・SA-CD層はもちろん、CD層も2018年新マスタリング音源使用
・SACDハイブリッド盤(通常のCDプレイヤーでの再生可)
・通常パッケージ仕様
・盤印刷面:緑色仕様
・シリーズ監修、試聴ポイント解説:和田博巳氏(オーディオ評論家)、作品解説:原田和典氏(ライター/ジャーナリスト)
・タワーレコード企画限定盤 完全限定プレス

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
1964年
商品の紹介
"コルコバード""イパネマの娘"といったボッサ・ナンバーから、"酒とバラの日々""ジョーンズ嬢に会ったかい"などスタンダード・ナンバーまで、オスカー・ピーターソンがその深く味わいのあるタッチのピアノで、小気味よく聴かせていく1965年リリースのロング・セラー盤。明快な演奏の中に、キラリと光る技巧派のプレイが魅力。ベースのレイ・ブラウン、ドラムスのエド・シグペンのリズム・セクションの好サポートも文句なし。ジャズ初心者への入門用には最適、またベテラン・リスナーにとっては何度聴いても飽きない、色あせない、そんな醍醐味を感じられる大傑作。録音エンジニアはRCAでのハリー・べラフォンテのライヴ盤で1960年にグラミーの最優秀アルバム技術賞を受賞した名匠ボブ・シンプソンが担当しており録音の優秀な名盤としても有名。

※トラック6はDSD化の際にオリジナル・アナログ・マスターに起因する音質上の問題が生じたため、オリジナルとは異なる最良のマスターからトランスファーした音源を採用。
発売・販売元 提供資料 (2018/11/30)
【本作品の試聴ポイント】
極上のアナログ盤を彷彿させる、最良のサウンドを再現!
楽器の音色の生々しさ、清澄さとエモーショナルな演奏を捉えた録音に驚く-和田博巳

「オーディオの試聴用リファレンスディスクとして特に有名な本作。最もオーディオ的に聴きどころのある曲は"ユー・ルック・グッド・トゥー・ミー"。レイ・ブラウンのベースのアルコとピチカートの両奏法の音色の違いと、その生々しさ、エド・シグペンによるトライアングルの澄んだ音色と、その余韻の滞空時間の驚くほどの長さ、そして主役のピーターソンのピアノは落ち着き払った感じでスタートし、後半は豪快にスイング。そのエモーションを見事に捉えたボブ・シンプソンの録音は、やはり名人技だ」
発売・販売元 提供資料 (2018/10/16)
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [SACDハイブリッド]
      • 3.
        マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
      • 6.
        ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/27

間違いなくSACDで聴くべき音楽!!元々の録音がスイングジャーナルのジャズ・ディスク大賞で録音賞を受賞した名盤中の大名盤。まるで目の前で自分のためだけに演奏してくれているかのような気分になれる。可能であれば部屋で少し大きめの音量にして、その臨場感を楽しみたい。

関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
35pt
販売価格(税込)
¥ 3,850
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる
欲しいものリストに追加