こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【SACDハイブリッド】

テイルズ・オブ・アナザー<タワーレコード限定/完全限定盤>

Gary Peacock

  • 1回の配送の合計金額が、1,500円(税込)以上で送料無料!

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥3,780
  • ポイント数
    35 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の説明

・世界初、SA-CD化音源第5弾
・SA-CD層は"オリジナル・アナログ・マスターテープから制作した新DSDマスター"を使用し、ECM自ら新マスタリング
・ECMの監修の下、新マスタリングを担当したのはキース・ジャレットの諸作にかかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル(キース・ジャレット/チャーリー・ヘイデン『ジャスミン』、同『ラスト・ダンス』etc)
・CD層は従来からの唯一のCDマスターを使用
・SACDハイブリッド盤(通常のCDプレイヤーでの再生可)
・通常パッケージ仕様
・盤印刷面:緑色仕様
・シリーズ監修、試聴ポイント解説:和田博巳氏(オーディオ評論家)、作品解説:原田和典氏(ライター/ジャーナリスト)
・タワーレコード企画限定盤 完全限定プレス

商品の情報

発売日

2018/09/12

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS/UNIVERSAL ECM SA-CD SELECTION

規格品番

PROZ-1111

商品の紹介

  • "沈黙の次に美しい音"として知られるドイツのECMレーベルの傑作を、タワーレコードが世界ではじめてSA-CDハイブリッド化。"あらたな音世界"を高音質盤にて伝えます。今となっては"キース・ジャレット・スタンダーズ・トリオ"の原点というべき顔ぶれでの1977年のECM作品。しかし、表向きはベーシスト、ゲイリー・ピーコックのECM初リーダー作であり、そこに参加したピアニストがキース・ジャレット、ドラムスがジャック・ディジョネットというピアノ・トリオによるクリエイティヴィティに満ちたセッションを記録した一作。楽曲は全曲ピーコック作曲のオリジナルで、3者によるインプロヴィゼーションは、それぞれが培ってきた音楽性が交錯し、繊細なサウンドと緩急に満ちたパルスを生み出していく。このアルバムのレコーディングはニューヨークのジェネレーション・サウンド・スタジオで行われ、オリジナル録音エンジニアはトニー・メイ(ECMでの代表作品は『リターン・トゥ・フォーエヴァー』など)、オリジナル・ミックス・エンジニアはマルティン・ヴィーラント(ECMでの代表作品は『ザ・ケルン・コンサート』など)がそれぞれ担当した。

    発売・販売元 提供資料 (2018/07/09)

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:1977年

収録内容

構成数 | 1枚

  1. 1. [SACDハイブリッド]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    ヴィネット

    close

    アーティスト
    Gary Peacock

    2.

    トーン・フィールド

    close

    アーティスト
    Gary Peacock

    3.

    メイジャー・メイジャー

    close

    アーティスト
    Gary Peacock

    4.

    トリロジーI

    close

    アーティスト
    Gary Peacock

    5.

    トリロジーII

    close

    アーティスト
    Gary Peacock

    6.

    トリロジーIII

    close

    アーティスト
    Gary Peacock