こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

rough laugh

プロフィール

1997年、ラジオのオーディション番組で賞を獲得したことをきっかけに「泳げセルフィッシュ」でデビュー。当初はギター/ヴォーカル、キーボード、ヴァイオリンという3人編成だったが、後に2人組となり、ギター/ヴォーカル、キーボード/ヴァイオリンという編成に。大ヒットしたドラマ『らせん』のエンディング・テーマ「誰がために鐘は鳴る」でメジャーな存在になり、ライヴを中心に精力的に活動していたが、2001年3月で活動休止。

2012/07/30 (2018/02/06更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ