こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

Jacques Loussier Trio

ジャック・ルーシェ・トリオ

プロフィール

ピアノ、ベース、ドラムスによるフランスのジャズ・トリオ。1959年にバッハをジャズにアレンジした革新的なアルバム『プレイ・バッハ』で、ピアニスト、ジャック・ルーシェの名は一躍世界に広まった。その後60年代半ばにトリオを結成したが70年代半ばに解散。バッハ生誕300年の85年、10年ぶりに新トリオを結成し活動を再開した。近年は、バッハなどのバロックはもちろんのこと、ラヴェルやサティなどにもレパートリーの幅を広げている。

2012/08/31 (2012/08/31更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ