こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

栗山千明

引き続き、『CIRCUS』の11曲について語っていただきました!――(1)

連載
360°
公開
2011/04/22   13:44
更新
2011/04/22   13:44
ソース
bounce 330号 (2011年3月25日発行)
テキスト
文/久保田泰平

 

菅原卓郎&滝善充(9mm Parabellum Bullet)
1. ルーレットでくちづけを

皆さんふんだんに〈色〉を出した曲を書いてくださってるんですけど、1曲目からしてまさに!ですよね。9mmは実際の色に喩えると〈赤〉。ライヴ・パフォーマンスもすごく情熱的だし、赤は赤でも落ち着いた色合いの赤ではないと思います。

浅井健一
2. コールドフィンガーガール

私の中のテーマとしては、浅井さんの曲が持っている色気に……匹敵できないとは思うんですけど、追いつけるようなものを出さないともったいないなと思って、そこをいちばん意識しました。

椎名林檎
3. おいしい季節
5. 決定的三分間

林檎さんは私が初めて好きになった女性アーティストで、憧れの人。“おいしい季節”は可愛らしい、“決定的三分間”は強い女性像が描かれているという対極の曲を書いていただいたんですけど、改めて林檎さんが書く歌詞の素晴らしさに胸打たれました。“おいしい季節”のほうが後から録ったので、“決定的三分間”の時より肩の力が抜けてますね。

氏原ワタル(DOES)
4. ミライノ・ヒカリ

氏原さんの書く曲ってすごく真っ直ぐなんだけど、ちょっと冷静な部分も感じるというか、突き抜けているようで意外と落ち着いているんですね。歌っていて気持ち良かったし、思いを込めやすい爽快感がありましたね。

クリス・セスター&マーク・ウィルソン
6. 口にしたLOVE

私って英語がまったくダメなので、キー・チェックするときに〈ラララ♪〉でも歌えなかったんです。でも、いしわたり(淳治)さんの歌詞が乗って何回か歌っているうちにクセになって、無意識にに口ずさんでしまうぐらいハマりました。歌詞は可愛らしい感じですけど、曲自体はビートの効いた〈強い〉曲ですね。

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る