こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第8回 ─ 〈WIRE09〉復習編 各アクトの詳細をレポート!

第8回 ─ 〈WIRE09〉復習編 各アクトの詳細をレポート!(2)

連載
オレらの夏フェス 予習・復習帳 '09
公開
2009/09/02   18:00
更新
2009/09/02   19:42
テキスト
文/石田 靖博、北野 創、佐藤 譲

23:45~
■石野卓球 @ MAIN FLOOR

  予想できていたが、卓球登場直前にメイン・フロアの観客は大増量。ついでにDEVICE GIRLSの映像もレーザー光線を大増量。ハイライト的にマイケル・ジャクソン“Beat It”のイントロがプレイされた時は大盛り上がりだったが、それに続けてプラスティックマンの究極変態名曲“Spastik”のダブファイア・リワークをプレイするのが卓球プレイの真骨頂なのかと。その他にも、鳥小屋に入ったような気になるTB-303の洪水的アシッドにジャズ・セッション的パーツを執拗にかぶせていったりと盛りだくさん。MJ最高、卓球最高、テクノ最高、〈WIRE〉絶好調! *石田

23:45~
■SCHWEFELGELB @ SECOND FLOOR

  DAF的な香りをプンプン漂わせたドイツの珍妙テクノ・ポップ・ユニットが遂に日本上陸。ド派手な赤シャツやラメ・ベストを着込んだメンバーの出で立ちもさることながら、パンキッシュなピコピコ音&バシャバシャしたシンセ・ドラムと戯れながらハイテンションにステージ上を駆け回る彼らの姿は、文句なしに楽し過ぎ! 〈Oi〉ならぬ〈Hey!〉コールで有無を言わさず盛り上げる“Spieglein Spieglein”をはじめ、全身黒タイツのダンサーが突如登場→フロアに乱入など、はっちゃけまくりのパフォーマンスには、久しぶりに心の底から笑わせてもらいました。今年の個人的ベスト・アクトはダントツでコイツら! *北野

0:55~
■HARDFLOOR @ MAIN FLOOR

  3年ぶりの〈WIRE〉参戦となる御大ユニットのパフォーマンスは、往年のファンなら感涙必至の金太郎飴的なアシッド・セット! 〈WIRE09〉の公式コンピに収録された新曲“Heavy On Wire”から“Hardfloor Will Survive”や“Acperience 1”といった古典的名曲まで、〈これぞアシッド・テクノ!〉といったナンバーの数々でどこまでも押しまくる姿はもはや感動的ですらあります。しかも、それら新旧の楽曲を並べて演奏しても何の違和感も生じないのは、彼らが十数年もの間、変わらずTB-303のビヨビヨ音にこだわり続けてきたことの証明でもあり、とにかく〈継続は力なり〉という言葉を感じずにはいられない、唯一無二なライヴでした! *北野

1:40~
■KEN ISHII @ MAIN FLOOR

  アッパーなDJスタイルを貫いてきたKEN ISHIIは、この日も当然ハード・テクノ好きにはたまらんゴリゴリのプレイでフロアを蹂躙! ブラジリアン~ラテン系のトライバルなファンキー・テックから、ジェフ・ミルズやケヴィン・サンダーソンらデトロイト勢のクラシック・チューン、さらには自作曲までを超絶美技で巧みに繋ぎ合わせながら、暴走機関車のように突き進む様には鬼気迫るものがありました! 全体的にゆったりめのBPMだった今年の〈WIRE〉のなかでも、スピード感は随一だったのでは? *北野

1:50~
■MATT JOHN @ SECOND FLOOR

  かつてのリッチー・ホウティンが不精になったというか……まあ何とも言えぬ髪型のマット・ジョンは、イマドキのテクノDJの基本型であるPC使用スタイル。エレンさんもプレイしたセヴィン・フィッシャー“Freaks Come Out”のリミックスなども交えたクリック以降のミニマルを連発していた。宇川直宏のVJに出た藤井リナ最高、空調最悪、ランバダ式ダンスのカップル最高、最新ミニマル・スタイル絶好調! *石田

3:10~
■2000 AND ONE @ SECOND FLOOR

  〈WIRE〉初参戦にしてライヴ・セットでの登場となるダッチ・テクノ・シーンの重鎮、2000アンド・ワンことディロン・ヘルミレン。ジェントルな物腰で颯爽とステージに登場すると、まずはスヴェン・ヴァスもミックスCDにピックアップしていた名曲“Adonai Elohim”からスタート。ディープなシンセ・リフが執拗に繰り返される冒頭部分から、徐々に鬼マッシヴなハード・ミニマルへと移行していくお約束な展開にフロアは早くもヒートアップ! その後も、セクシー姉ちゃんのエロ声が飛び交う“Spanish Fly”などを、CD音源よりもビートが補強された圧殺ヴァージョンで次々と投入し、意外なまでのハード番長ぶりを見せつけておりました。いやもう汗だくッス! *北野

3:55~
■MARK BROOM @ SECOND FLOOR

  ベン・シムズもリリースしたUK渋ハード・ミニマルの牙城=ピュア・プラスティックを90年代初頭から主宰する超ヴェテラン、マーク・ブルームが〈WIRE〉初参戦(初来日?)。多少ディープめに変化した近作など関係なし、プレイするは〈クリックって何?〉と言わんばかりの徹頭徹尾剛速球な、でも重厚すぎないハード・ミニマル。ハゲヒゲ最高、ヴェテラン最高、ハード・ミニマル絶好調! *石田

4:45~
■LEN FAKI @ MAIN FLOOR

  〈WIRE08〉のプレイも非常に良かったレン・ファキは、〈MAIN FLOOR〉の〈EAST STAGE〉唯一のDJ(通称:ジェフ枠)に出世。(深い時間もあって)外は死屍累々な状況のなかでフロアの真ん中を移動すれば、イヤ、まさにベルリン的硬質テクノが全開! 意外にアオリ上手だし。そしてラストは今年を代表する殺人曲“BX3”の本人によるプレイ! この瞬間を待ってた(号泣)! 6時でも元気な猛者最高、テクノ最高、“BX3”超超最高! *石田

5:15~
■FUMIYA TANAKA @ SECOND FLOOR

  昨年は“Enfants”でリカルド・ヴィラロボスにバトンタッチという粋っぷりを見せた〈SECOND FLOOR〉(通称:俺のメイン)の守護神=フミヤ兄さんがホームのラスト・アクトとして登場。無国籍合唱系チューンなどイマっぽさも押さえつつ、兄さんらしい硬質ミニマルのなかに去年も人気だったリル・ルイス“French Kiss”も挿入。〈SECOND FLOOR〉最高、7時近くまで残る猛者最高、フミヤ超最高! *石田

▼文中に登場したアーティストの関連作を紹介

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る