こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第13回 ─ 10年目の邂逅~THA BLUE HERB『STILLING, STILL DREAMING』

連載
サ イ プ レ ス 上 野 の LEGEND オブ 日 本 語 ラップ 伝 説
公開
2008/12/11   14:00
更新
2008/12/11   18:26
テキスト
文/東京ブロンクス

 希代のエンターテイナーにして、ヒップホップの未来を担うラッパー、サイプレス上野の月刊連載! 日本語ラップへの深~い愛情を持つサイプレス上野と、この分野のオーソリティーとして知られるライター・東京ブロンクスの二人が、日本語ラップ名盤を肴にディープかつユルめのトークを繰り広げます。今回取り上げるのは、THA BLUE HERBのデビュー・アルバム『STILLING, STILL DREAMING』。コンピ〈homebrewer's〉シリーズの監修でもお馴染みのライター、古川耕さんをゲストにお迎えしました。

●今月の名盤:THA BLUE HERB『STILLING, STILL DREAMING』

札幌を拠点に活動する、ILL-BOSSTINO(MC)、O.N.O(トラックメイカー)、DJ DYE(ライヴDJ)の3人=THA BLUE HERBが98年にリリースしたファースト・アルバム。東京中心のシーンに対する攻撃的な姿勢や、へヴィーなメッセージを込めたリリック、ストイックかつ独創的なサウンドで圧倒的な評価を獲得した。(bounce.com編集部)

ブロンクス 今回はゲストとして、ライターの古川耕さんに来てもらいました! まず、初めに告白しておかなきゃいけないのは、オレも上ちょ(上野氏)も、当時BOSSくん(ILL-BOSSTINO)がディスってたラッパーやシーンに熱中してたから、「オレらの憧れのアーティストたちに何言ってんだ!」というその1点だけで、以前はBOSSくんのことキライだったんですよ(笑)。

上野 確かに。

古川 あ、そういう理由なんだ(笑)。

ブロンクス オレは東京の人間なのに、この人は東京が嫌いなんだ……みたいな。で、ずっとCDを買ったりはしてなかったんだけど、オレが関わってたSEEDAくんの『街風』に入ってる“MIC STORY”のレコーディングのときにBOSSくんと初めて会って。一瞬で人柄にやられちゃって、あんなに嫌いだと思い込んでたのに「す、スイマセンでしたっ!」みたいな。

古川 10年間かかったんだね。

ブロンクス いきなり懐に入り込まれて「なんてオレは器の小さい人間だったんだ!」って思った。

上野 あーでも、分かる。オレもまったく一緒っすね。聴いてるときは、もうラップをやってる時期だったから、最初に“悪の華”を聴いて「ヤバいの来たな」と思ったけど、だんだん「怒り過ぎじゃねーかな?」って思い出して。

古川 「怒ってんなぁ、この人」って(笑)?

上野 で、ブロンクスくんと同じ流れですね。オレの好きな先輩をディスり出したから、だんだん「合わねえな」みたいな。でも、後々にO.N.OさんがオレのYouTubeを全部保存してるとか、そういう噂が入ってくるようになって。

古川 はいはい。

上野 で、今年の4月のイヴェント〈KAIKOO meets REVOLUTION〉で会ったんですよ。向こうからBOSSくんが歩いてきて。オレは普通に向こうの顔知ってるじゃないですか。そしたらいきなりBOSSくんに「おぉ、サ上!」って言われて。

一同 (笑)。

上野 「O.N.Oちゃんがお前の動画を見せまくるんだよ」とか、すごい話してくれたんですよ。そこに、前日にビルの狭間で寝ちゃってボロボロの吉野が「ロベルトっす」とか挨拶して(笑)。そんな無愛想な吉野にも「おぉ、吉野。お前なんだよ」とかって対応してる姿見てから、この人、凄いイイ人だなって。

ブロンクス あの人の初対面のときの距離の詰め方、ハンパないっすよね?

古川 本人ハンパないでしょ。あの人は実際に会うと一番凄いんだよね。

上野 会っちゃうとヤラれますよね。

古川 THA BLUE HERBがデビューしてからしばらく、フォロワーがもの凄くたくさんいた時期があったでしょう? 3~4年間、アングラ・ラップって言ったらひたすらフォロワーばっかりだったけど、THA BLUE HERBとフォロワーが決定的に違うのは、パーソナリティー。BOSS、まんまだもんね。ああいう詞を書くあのまんまな人、っていう。

上野 でも、めっちゃおもしろい人でもありますよね。BOSSくんがツアーで横浜に来た時に、みんな来いよって言われてて。で、ライヴを見てたらBOSSくんが「今日は横浜の兄弟も来てるよ。ZZ PRODUCTION*1、STERUSS~」みたいな。で、その時オレの名前は別に言わなかったんですよ。終わりの方になって唐突に「サ上、もういっぱい飲ませてくれないか」って。客はみんなキョトーンとして。見てたオレたちも「ええそこで?」とか思って(笑)。
*1 サイプレス上野とロベルト吉野やSTERUSSらが所属するクルー。

一同 (笑)。

古川 あの人は基本的にね、日本語ラップのシーンって大好きだと思う。少なくとも、凄く気にはしてるはず。

上野 O.N.Oさんが、この連載も全部読んでくれてるらしいんですよ。で「何で(THA BLUE HERBを)やってくれないの?」って、O.N.Oちゃんスネてるよって連絡が人づてに来て(笑)。

ブロンクス BOSSくんって、SEEDAくんとか漢くん、NORIKIYOとかみたいに、東京やその近郊のシーンでも、いま頑張ってる新世代のアーティストたちの事は大好きなんですよね。実際リリックとかからも凄いシンパシーを感じるって言ってたし。

古川 あぁ、そうだね。

ブロンクス いま聴くと“¥”とか、いい意味でヒップホップの拝金主義的なところがピュアにやれてるというか。SCARSとかと同じで、金への執着を表現に消化できてる。トピックとか雰囲気も実はすごいストレートなヒップホップ・アルバムだったんだなって、改めて……いや、最近初めて気づいた感じです(笑)。

古川 トピックの幅も実は狭いんだよね、このファースト。ピュア・ヒップホップな話題しか扱ってない。

ブロンクス “SHOCK-SHINEの乱”のアナログを作ったときに、BOSSくんがシスコ坂(渋谷・宇田川町の坂)で道行くB-BOY相手にディールした金で、アナログのプレス代を稼いだっていう都市伝説があるよね。イージーEかよ!っていう。そのエピソード自体がB-BOY過ぎるでしょ(笑)。

古川 二人でサラ金に行って、30万くらいづつ借りるんだよね。これでアナログを作ろうって。

ブロンクス さらに郵便局の駐車場で、BOSSくんとO.N.Oさんが1日中座り込んで荷造りして発送したんだって。

上野 美しいっすねえ。吉野は『ヨコハマジョーカーEP』を出すとき、1円も出さなかったすからね……。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る