こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第6回 ─ ZEN-LA-ROCKを迎えてのエレクトロうちあけ話

第6回 ─ ZEN-LA-ROCKを迎えてのエレクトロうちあけ話(2)

連載
サ イ プ レ ス 上 野 の LEGEND オブ 日 本 語 ラップ 伝 説
公開
2008/05/01   18:00
テキスト
文/東京ブロンクス

ブロンクス 『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』はラメルジー*3がジャケを手がけたってのも重要だよね。やっぱりラメルジーありきで始まった企画なのかな。
*3 オールドスクール期の伝説的ラッパーにしてグラフィティ・アーティスト。

ZEN-LA そういうわけじゃないと思うよ。当時は「ラメルジーは死んだ」って言われてたんだよ。それが実は生きてたっていうんで、みんなびっくりしたんだよね。そこから『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』のジャケを頼んじゃおうって話に一気になったんだんだろうね。

上野 『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』が出たときに、ラメルジーが来日しましたよね。

ZEN-LA イヴェントの最初が大阪だったんだけど、10人乗りくらいのワゴン一台で、『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』の面子のほとんど全員で行ったんだよ。で、「ラメルジーどこじゃい!」みたいなノリで乗り込んでったら、ラメルジー、なんか汚いおっさんでさ。最初、全然気付かなくって。

一同 (笑)。

ZEN-LA KING 3LDKさん(脱線3)なんてラメルジーの作品の上に知らないで立っちゃってて(笑)。「そちら作品ですんで」「あ、すんません~」みたいな。

上野 ひどすぎる(笑)。

ZEN-LA で、サインしてもらおうと思ったら「俺のサインはNYでは何十万で取り引きされてるんだ」とか言われたんだよ。で、ライヴが終わって朝方くらいになったらさ、選曲とかから、俺らのオールドスクールへの愛情をわかってくれて。ラメさん「お前ら最高だ!」って朝方にサイン会始めちゃって。

ブロンクス 安いなー(笑)。でも、そのときってラメルジーじゃないんじゃないの?

ZEN-LA ああそうだわ! ラメルジーじゃなかった。

ブロンクス そのとき来てたのは、両性具有のダッチってやつだよ。あの人は色んな人格があるから。

ZEN-LA 50人くらいの人格があるからね。ややこしいんだ。東京と大阪で別の人格だった。「ギャラの請求は別で」みたいな(笑)。

ブロンクス 見に行ったらラメルジーじゃなかったから、がっかりしたもん。

ZEN-LA ラメルジーは、でっかいガンダムみたいな格好だから、その衣装とかを運ぶのにすごい金がかかるんだよね。だからそうそう呼べない(笑)。

ブロンクス そこは結構勘違いされてるからね。ちゃんと書いておかないと。

上野 書いたところで意味がわからない(笑)。ラメルジーの文章がまた、ものすごかったじゃないですか。読んでもさっぱり理解できなくて。

ブロンクス 〈フライング・レター〉ってのもやってたよね。グラフィティは地下鉄の車体に描かれた文字が走るから良いと。じゃあ文字を動かそうってことで……。

ZEN-LA 文字に車を付けて走らせるっていう。ピアノ線の上をローラー付けた文字がプシューって。

一同 (爆笑)。

ZEN-LA これのリリース・パーティーでやったもんね。渋谷のハーレムで。あれを19くらいのときに見て「うーん、ヒップホップってほんとにすげえなあ……」って思ったよ(笑)。

上野 いやあ、俺はもう行けなかったっすね。ラメルジーは「敷居が高すぎる!」って思っちゃって。

ZEN-LA そういう意味では、やっぱり千葉さんもすごかったけどね。

ブロンクス 『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』に入ってる千葉さんの曲は、3つくらいの音源が同時に鳴ってて、ポリリズムになってるという。Perfumeの“ポリリズム”より10年早かった(笑)。

ZEN-LA まあ千葉さんのポリリズムとPerfumeじゃあ、全然違うけどねえ。千葉さんはもう現代美術だよね。

ブロンクス 作品としてあまり残ってないだけで、ラメルジーがやってたことと、千葉さんがやってたことは、あんまり変わらないよね。

上野 あと『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』は福富幸宏とかも参加してる。ジャンルを超えちゃってるよね。

ZEN-LA テクノ的な解釈のエレクトロってことだよね。そういうのも入ってる。

上野 スマーフ男組も参加してる。ADSが解散して、スマーフ男組になった時期ですよね。

ZEN-LA スマーフさんも去年アルバム出して、ほんと最高だったよ。

ブロンクス 当時はスマーフの松永さんの話を聞きたくて、わざわざ渋谷タワレコまで会いに行ってたからね。

上野 5階のワールド・ミュージックのコーナーに、松永さんのコーナーがあったんすよね。なぜかエレクトロと現代音楽とマイアミ・ベースと『ILL-CENTRIK FUNK VOL. 1』が一緒に置いてあるという(笑)。

ZEN-LA だからヒップホップってそういうもんだと思ってたもん。スマーフ男組はほんと音楽の先生だったよ。

上野 あと当時、エレクトロを追っかけるのに渋谷の〈BREAK BEATS〉って店はデカかったすね。

ブロンクス そうだね。ZEN-LA君も働いてたし。

ZEN-LA 確かにあの店はやばかったな~。下北(バンバータ)さんもいたしね。ゴールド・チェーンもファット・シューレースも、オールドスクール的なモノはあそこでしか買えなかった。

ブロンクス あとテープもやばかった。ズールー・ネーションの82年の実況ライヴとか。

上野 〈BREAK BEATS〉にはめちゃくちゃお金落としてましたよ。最近、カニエがかけて流行ってるようなメガネとか買いまくってて。

ブロンクス あれは10年前にZEN-LA君が売ってたわけだよね。

上野 そうそう。だからいまはもういいや、みたいな。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る