こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第117回 ─ CAEDEの新作から透けて見える音楽遍歴とは?

連載
360°
公開
2007/05/10   16:00
更新
2007/05/10   17:01
ソース
『bounce』 286号(2007/4/25)
テキスト
文/土屋 恵介


 数多のファッション誌で活躍するモデルの花楓。そんな彼女が、もうひとつの顔であるアーティスト=CAEDEとして、ファースト・アルバム『The Queen Of...』を発表した。プロデュースを手掛けたのは、CUBISMO GRAFICOこと松田“チャーベ”岳二。さらに作曲陣には、TGMX(FRONTIER BACKYARD)、そしてKIRI(Revolver)らが参加している。〈人気モデルの出すCD〉と聞くと、単なる企画モノで〈アレ?〉と思ってしまうものが少なくないのも事実。しかし本作は、そうしたステレオタイプなものからまったくかけ離れたアルバムだ。歌詞は彼女のライフスタイルのなかから生まれたものだし、参加メンツも彼女の普段の交流から繋がった仲間たち。本作はまさに〈CAEDEと彼女のクルー〉によって作られたアルバムなのです。

「まず、チャーベと出会って、彼の持ってるサウンドの色やセンスを知って、それから〈いっしょにやろう〉って始まったんです。それがもう2年くらい前かな。〈チャーベの作る音に私の声が乗ったらどうなるんだろう〉って歌詞を書いて、トラックを何度も聴いて、何時間も歌を練習しましたね。1曲3分間のなかで、自分の声でどれくらい演技ができるか冒険しました」。

 ブリブリなエレクトロではダウナーに呟くように歌い、倍速のエレクトロ・パンク(?)に展開すれば高音のシャウトをかます冒頭の“Blackkkitty”や、心地良い浮遊感に溢れたネオアコ風味の“Marigold”、涼しげなダウンテンポのオケに乗って、儚げなメロディーを丁寧に歌う“Wanna Bee?”など、ヴァラエティーに富んだトラックの上で、ワイルド、キュート、クールと多様な表情の歌を聴かせるCAEDE。本作は、単に〈モデルの副業〉といった先入観を排して、素直に彼女の音世界を楽しんでほしい一枚だ。

「モデルは〈コンマ0.1秒の中で身体全部を使って服をどう見せるか〉ってもの。音楽は自分の声をずっと発して表現するもので、全然別の世界なんです。でも、いまの私にはどっちも欠かせないですね。アルバムは、チャーベたちとお互いの持ってるものを出し合って、いかに新しいものが出来るかを追求してた気がします。凄く楽しかったし、遊びの延長だけど本気って感じですね(笑)。エンジョイしてトライして、それがハッピーとピースに繋がったのかなと思ってます(笑)」。
▼文中に登場したアーティストの作品を一部紹介。

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る