こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第80回 ─ PUNKSPRING 07 @千葉・幕張メッセ 2007年4月1日(日)

第80回 ─ PUNKSPRING 07 @千葉・幕張メッセ 2007年4月1日(日)(2)

連載
ライヴ&イベントレポ 
公開
2007/04/10   12:00
更新
2007/04/10   18:04
テキスト
文/小田 由美子、宮本 一高

18:20~
■ELLEGARDEN @BLUE STAGE


(C)Punkspring事務局

  横山健がメロコアの先駆者であるなら、ELLEGARDENは現代の若者の代弁者だ。ナイーブで傷つきやすい暗く繊細なギター。そんな自分を否定するかのように叫ぶ細見の高い声。誰もが持っている弱い自分、それを認めたうえで立ち向かっていく強い決意。それがこのバンドの魅力と言えるだろう。この日は、メンバー全員の音のかみ合い方や、サビで盛り上がる一瞬の爆発力に飛躍的な成長を感じさせ、バンドが最高の状態であることが窺えた。自らの世界へと引き込むカリスマ性をも獲得した彼ら。コーラスでオーディエンスが輪になって歌う光景に、このイベントが最高潮を迎えた瞬間を感じた。*宮本

SET LIST
1. Fire Cracker/2. Acropolis/3. Supernova/4. Gunpowder Valentine/5. Space Sonic/6. Salamander/7. ジターバグ/8. Red Hot/9. Make A Wish

19:10~
■JIMMY EAT WORLD @RED STAGE


(C)Punkspring事務局

  疾走系のバンドが続いたところに、一服の清涼剤。ジミー・イート・ワールドの登場だ。さっきまでのモッシュはどこへやら。少し落ち着きを取り戻した会場は、1曲目の“Bleed American”から男泣き寸前の大合唱。『Bleed American』収録の曲から懐かしの“Blister”まで名曲連発で、会場は早くも胸キュンモード。淡々と、力強く、まっすぐに、衒いなく……。そんな彼らの魅力が素直に伝わるステージに、歓喜の拳を突き上げる人、飛び跳ねながら絶唱する人、多数。会場全体が嬉しさに満ちているよう。本当に愛されてるのね、このバンド。*小田

SET LIST
1.Bleed American/2. Praise Chorus/3. Work/4. Futures/5. Big Casino/6. Middle/7. Get It Faster/8. Authority Song/9. Blister/10. Sweetness/11. Pain

19:30~
■ALLISTER @GREEN STAGE

 この日を含む来日ツアーをもって活動休止することを宣言したアリスター。ボーカル兼ギターのティムが彼女の妊娠のために来日できなくなり、代わりに弟のクリスが参加。やはりティムのいない穴は大きく、このバンドの魅力である少年のようなあどけなさは失われていた。だが本来の持ち味とも言える、ベースのスコットを中心とした日本文化をリスペクトした柔軟性と、ファンと対等の立場で楽しむ人懐っこさは健在で、スピッツの“チェリー”やTHE BOOM“島唄”などのカヴァーで会場を大いに盛り上げた。そんな彼らの庶民的な姿勢が、今回を最後に観られなくなってしまうのがとても残念だ。*宮本

SET LIST
1. Radio/2. Spitz/3. Camo/4. Scratch/5. Waiting/6. Fly/7. Nerve/8. Doraemon/9. Alone/10. Full

20:00~
■NEW FOUND GLORY @BLUE STAGE


(C)Punkspring事務局

  そして、こちらも最強の愛されバンド、ニュー・ファウンド・グローリー。本日のBLUE STAGEのトリである。いっそう盛り上がる歓声の中、意気揚々とメンバー登場。1曲目“Understatement”から、圧倒的な牽引力でブッ飛ばす。お世辞にも良いとは言えない音響も、もはや無問題。その存在感のデカさと言ったら! でも、MCとなると明るく気のいいおバカな兄貴。メタボな裸体をさらして〈アケノボ~〉てな脱力系なおふざけも(!)。そんな小ネタも含めて、好きな音楽をやれる多幸感が、全身から伝わってくるのだ。活動歴10年にして、今なおフレッシュ。すべてのアルバムからまんべんなくセレクトされた曲たちは、バラエティに富みながらも、ブレがない。それは、彼らが音楽においても佇まいにおいても、常に〈素〉をさらけ出してきたからだ。気負うことなく、自分の歩幅で歩み続ける……。そんな彼らの哲学を再確認させてくれたステージだった。*小田

SET LIST
1. Understatement/2. All Downhill/3. Hold My Hand/4. Forget My Name/5. Better Off Dead/6. Truth Of My Youth/7. It’s Not Your Fault/8. Hit Or Miss/9. Something I Call/10. Coming Home/11. Intro/12. My Friends Over You

20:50~
■NOFX @RED STAGE


(C)Punkspring事務局

  イベントの最後を飾ったのは、メロコア創世記から活動を続けるNOFX。〈インディー・アティテュード〉に拘るという、パンク・バンドならではのスタンスを初めて確立させたのも、このバンドと言っていいだろう。2ビートのメロディックなハードコアに、トランペットを導入したスカやレゲエを織り交ぜたサウンドは、前回の来日時よりもスピーディー。贅肉をそぎ落とした引き締まった演奏を聴かせる。アルバムに入っていないマニアックな選曲が多いNOFXだが、この日はブッシュを揶揄した“Franco Un American”などの過去の名曲と、新曲とを織り交ぜた盛り上がり重視のセット。MCでは、「日本が世界で一番好きな場所だ」とエイプリル・フールならではの冗談を飛ばしたりと、毒を織り交ぜたユーモアは相変わらず健在だった。歳をとっても世間を皮肉りシニカルに笑いを取るNOFX。トリを飾るにふさわしいパンク・アティテュードを見せ付けたライヴだった。*宮本

SET LIST
1. Intro/Dino/2. Eyeball/3. Perfect Gov/4. Franco/5. Murder/Brews/6. Linolium/7. Eat The Meek/8. Parents/9. Bottles/10. Triple Rock/11. Nubs/12. Bob/13. Ftk/Don’t Call Me White

※開演時間は当初発表されていたタイムテーブルに則して記載しています。

▼出演アーティストたちの近作品



記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る