こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第11回 ─ 〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006〉各アクトの詳細をレポート!!

第11回 ─ 〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006〉各アクトの詳細をレポート!!(2)

連載
オレらの 夏 フ ェ ス 予習・復習帳 06
公開
2006/08/23   20:00
更新
2006/08/24   23:08
テキスト
文/岡本昌子、久保田泰平、土田真弓

8月6日(日)

10:30~
■スネオヘアー @ LAKE STAGE


スネオヘアー

  〈昨年は急病のため出場キャンセル、「〈ホスピタル・ステージ〉でひとり過ごした」らしいスネオヘアーが帰って来た。「夏に借りた貸しは夏に返す!」と頼もしい宣言に続き、 “悲しみロックフェスティバル”というニクい選曲でスタート。並々ならぬ力が宿った歌声が、朝の〈LAKE STAGE〉に響き渡る。シニカルだけど抜群にポップ、そしてちょっぴり胸を締め付ける、スネオヘア-の本領を発揮した納得のステージだった。*岡本昌子

11:00~
■グループ魂 @ GRASS STAGE


グループ魂

  まずは港カヲル(46歳)の前説でオーディエンスのハートに軽くジャブをかましたのち、続々とメンバー登場。ヴォーカルの破壊、ギターの暴動は、夏フェスを意識しての浴衣姿。“ペニスJAPAN”を皮切りに、文字にはしづらいお下品&辛口MC(というかコントです)を織り交ぜながら、はっちゃけたステージを展開。“さくら”ではレコーディングでも参加していた原田郁子がゲストとして登場。港の執拗なセクハラ・トークにたじろぎながらも、色っぽい歌声を聴かせてくれました。*久保田泰平

12:20~
■木村カエラ @ GRASS STAGE


木村カエラ

  ステージに登場するや「カワイイ~!」という声があちこちから。赤と白のボーダー・シャツと空色のパンツが眩しい。のっけから“BEAT”“Magic Music”“リルラ リルハ”とハイ・テンションなナンバーを立て続け、ステージ上を右へ左へと駆け回るカエラ。後半では、サディスティック・ミカ・バンドとのCM共演で話題となった“タイムマシーンにおねがい”、TVドラマ「アテンションプリーズ」の主題歌になった“OH PRETTY WOMAN”を披露しながら、ファイト溢れるステージを見せてくれた。*久保田泰平

12:20~
■キャプテンストライダム @ WING TENT

 お昼の〈WING TENT〉に登場した、胸キュン青春ポップ・バンド、キャプテンストライダム。そのキャッチーなメロディに惹きつけられるようにTENTに人が集まってくる。そして“風船ガム”“マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー”“キミトベ”と完璧に躍らせる流れでみんなジャンプ&ダンス! たまに歌謡曲的な男気たっぷりの色気を放つボーカル・永友の歌声には、本気で胸キュンさせられたりもした。TENTの外では、入りきれなかった人たちが輪になって踊る、幸せな光景も繰り広げられていました。*岡本昌子

14:00~
■POLYSICS @ LAKE STAGE

 トーイスッ! サウンドが鳴るや一気にオーディエンスのテンションを上げ、最後まで持続させていくステージングは、鍛え抜かれた力と技と団結力の証。どこのフェスに行っても、彼らのステージは最高にエキサイティングなのである……とまたもや実感。いっぱいに詰まった〈LAKE STAGE〉のスタンディング・エリアはもちろん、後方の飲食ブース周辺でも跳ねまくっている状況でした。“Boy's Head”でのカヨのセリフもRIJ仕様。*久保田泰平

15:00~
■氣志團 @ GRASS STAGE

 午後3時。やや曇り空ながら、気温はしっかりと真夏。そんななか、おなじみの学ラン姿で登場した氣志團。暑そう……なんていうこちらの心配をよそに、團長の話芸を絡ませながら(というか、こちらがメインだったかも)、ハッピーでチャームなステージを見せてくれました。“One Night Carnival”をはじめとするオリジナル・ナンバーはもちろん、終盤ではランニング&トランクス姿に着替え、SMAP“Shake”の口パク・パフォーマンスなど、お祭り気分でステージを締めくくり。*久保田泰平

15:10~
■ohana @ LAKE STAGE


ohana

  DOPING PANDA、POLYSICSによる怒涛のハイテンション・ライヴの熱も冷めやらぬ〈LAKE STAGE〉、続くはohana。グループ魂の港カヲルによるとぼけた前説から、すでにほんわかとしたohanaワールドが展開。スカパラホーンズ隊を従えた永積タカシ&オオヤユウスケ&原田郁子の、伸びやかに空に吸い込まれていくハーモニーと、息がぴったりのキテレツかつ小粋なダンス。身も心も溶けていきそうな空間に、ステージからも客席からも笑顔が絶えなかった。*岡本昌子

15:50~
■the ARROWS @ WING TENT

 ただでさえ暑い夕暮れ前のひたちなか。この時間をもっとも暑っ苦しくしたのは、多分ここ〈WING TENT〉、the ARROWSのライブだったはず。テントの中、熱気で曇ってましたもん。腰を刺激する軽やかなギター・サウンドと魅惑的なメロディライン。そしてヒロミ・ゴー顔負けのジャケット・プレー(?)を炸裂させた、ボーカル坂井の過剰なダンシング。見るもの全てを躍らせる、ポップ・ミュージックの魔法がきらめいていた。*岡本昌子

16:20~
■BEAT CRUSADERS @ GRASS STAGE

 〈お面の貴公子〉、今年は〈GRASS STAGE〉に登場! マニアックで細かいネタありきのMCはややスベリ気味だったときもあったものの、2万人超のオーディエンスによる〈おま●コール〉はかつてないパワフルなものでした。そしてなにより、“HIT IN THE USA”をはじめとするキラー・チューンの数々は、ビークル史上かつてないほどのオーディエンスを前にしても十分に〈キラー〉だったということを実感しました。*久保田泰平

17:30~
■CHARA @ LAKE STAGE

 夕陽を受けた〈LAKE STAGE〉に登場したChara。小さな身体から放たれる存在感が会場の空気を変える。言葉少なながらキュートなMCをはさみつつ、“ミルク”“スカート”“やさしい気持ち”と名曲連発。ウィスパーとシャウトを自由に行き来する歌声を聞いていると、高揚しながらゆっくり沈んでいくような不思議な感覚に。そして、Charaがキーボードに歩み寄り、イントロの連弾から始まった“Swallowtail Butterfly~あいのうた~”。沸き起こる嘆息と拍手。気付けば入場制限がかかるほどに詰め掛けたオーディエンスは、ラストの新曲“世界”まで、神々しいほどのパフォーマンスを酔ったように見つめていた。*岡本昌子

18:10~
■チャットモンチー @ WING TENT


チャットモンチー

  〈WING TENT〉のトリを飾ったチャットモンチー。テントのなかは超満員。オーディエンスの熱気が充満したステージに、いたって平熱の天然キャラで登場……と思いきや、演奏が始まるやいなや、3人からも熱い熱いエネルギーが放たれる。MCはあいかわらず〈のほほん〉な感じなのだが、そのあたりのギャップは、初見のオーディエンスにとってかなり斬新に見えたかも知れない。お見事でした! *久保田泰平

19:00~
■矢沢永吉 @ GRASS STAGE


矢沢永吉

  白スーツを着たコア・ファンもTシャツ姿のギャル達も、E.YAZAWAタオルを手に集結した〈GRASS STAGE〉。期待と興奮が混ざった異様な熱気の中、突如ステージが暗転。轟くバイクのエンジン音。暗闇を照らし出すヘッドライト。ステージから火柱が立ち上がり、ついに矢沢永吉降臨! “SOMEBODY'S NIGHT”“黒く塗りつぶせ”から最新シングル“ONLY ONE”まで、矢沢の歴史を網羅する名曲の数々は、どこまでもクールで渋い、大人の余裕に満ちている。「サイコー!! やっぱ野外……イイね~!」とびきりの笑顔で語るMC、大技マイク・ターン、ステージを廻る軽やかなステップ、矢沢の一挙手一投足に黄色い歓声があがった。そしてアンコールは、タオル投げ定番曲“止まらないHa~Ha”“トラベリン・バス”。一斉に夜空に舞い上がるタオル、それは世代も聴いてる音楽も違う4万人がひとつになった歴史的瞬間だった。*岡本昌子

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介







記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る