こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第2回 ─ flower

レーベル・カラーを知るための3枚

連載
INDIEVIDUALITY
公開
2005/10/20   12:00
更新
2005/10/20   14:06
ソース
『bounce』 269号(2005/9/25)
テキスト
文/高宮 永徹

 まずはflowerの代名詞的なコンピ・シリーズ『F.E.E.L.』。〈新しい人たちに機会を与える〉というレーベルのコンセプト的な意味合いを、プロダクトとしていちばんよく表しています。実際にここからJazztronikたちが出てきたんです。そして、Reggae Disco Rocke-rsの最新作『Morning Glory』。スタジオの気が凄く充実していましたね。リラックスしているんだけど、ある種の緊張感を保って作ることができた。それが音にも表れている気がして、関わった全員が納得のいった一枚です。3枚目は、Jazztronikの2003年作『SET FREE』。彼のflower時代における最後の作品です。彼がまだ学生の頃、僕にデモテープを送ってきたのをきっかけにデビューして、飛び級でどんどん大きくなって……。ラインナップのなかでも記念碑的な、素晴らしい作品だと思います。


前の記事

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る