こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第6回 ─ ゲスト:TiA

連載
月刊太田・ダンディ食堂 
公開
2004/08/19   18:00
更新
2006/07/20   19:24
テキスト
文/羽切 学

大変っ! 今回、こちらbounce.comエクスクルーシヴ・サロン『ダンディ食堂(DANDY-SHOCK-DO)』のホストをつとめる太田浩とふたまわりは年齢が離れているんじゃないかというゲスト、TiAさんがホントーにいらっしゃいましたよ。ウレシー。けど、シンガーであり、現役の女子高生(17歳!)でもある彼女と接点はあるのか、ダイジョーブか? 太田さん!? ちょっと緊張気味にスタートです。

太田:それにしても歌うまいっすね。
TiA:もともと家族全員、歌うことが大好きだったんですよ。自分の気分を歌にしたりしてましたよ。
太田:すでにカラオケボックスがある世代だよね、1987年生まれなんでしょ!? ついこないだだよ。
TiA:(笑)。
太田:歌手は誰が好きだったんですか? 子供の頃。
TiA:誰、というか、……ホントにただ歌っていただけなんですよ。雨が~♪とか。
太田:ハハハハ。すごいね。家族みんなそうなの?
TiA:父も、おはよーう♪とか。
太田:ミュージカルですか?!!(笑)ところで今、高校生なんでしょ?
TiA:ハイ。
太田:遊びたくない?
TiA:そうですねー。友達が遊びにいった話とかしてると寂しいですけど。
太田:でもデビューした、って言ったらすごい驚かれたでしょう?
TiA:もう大騒ぎでした(笑)。
太田:お父さんは何枚もCD買ったでしょう!?
TiA:ですね。うれしかったみたいです。CD見つけると買ってるみたいです(笑)。
太田:俺も歌手になれる娘が欲しいよ!! ねえ、仕事は楽しい?
TiA:楽しいですね。いろんな人に会えるし。ずっと歌いたくて……歌うのが大好きだったし、それを仕事にできるのはとても幸せです。

 6月に“Every time”でデビューしたばかりのTiAさん。う、さすがにはじけるように若い。独身貴族の太田さん、すっかり父親の視点になってしまいましたか。

太田:楽器は?
TiA:全然弾けないんですよ(笑)。縁がなくて……。
太田:ホントに歌うばっかりだったんだ?(笑)
TiA:昔、ピアノを少し習ってましたけどすぐ辞めてしまったんですよ。でも、今は鼻歌だけだと表現が狭いので(笑)、またピアノを習っています。
太田:そうなんだ。
TiA:……でもなかなか上手くならない。指が動かないですね。
太田:まあまあ。少しづつでしょう。他には習い事してたの?
TiA:習字は結構続きましたね。初段まで。あと、水泳も習ってたんですけど息ができないから辞めました。
太田:息して下さい!(笑)って、まあ、俺もできないんですけど。
TiA:中学校の時、1年中水泳の授業があったんですよ。屋内だったから。それでクロールの練習ばっかりしてたんですけど、泳げなくて、みんなに笑われて。〈溺れてる〉って。
太田:水泳の授業、嫌だったね。あんなので水泳覚えられるわけないよ(怒)。小学校の時、ヘルパー付けさせられてたんだよ、俺。しかも6年生で(笑)。恥ずかしいよ!
TiA:私もビート板クラスですから(笑)。
太田:クロールは嫌だね。
TiA:息つぎの時、自分どんな顔してるんだろう、って思いませんか? みんな私の泳ぎじゃなくて、顔を見て笑ってるんじゃないかと思って(笑)。
太田:(笑)そんなに見られてないよ!!!

記事ナビ