こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第6回 ─ ROCK IN JAPAN FES 03/OP KING、キック、銀杏、曽我部、岡村ちゃんレポ!

連載
オレらの 夏 フ ェ ス 予習・復習帳 03 
公開
2003/08/21   12:00
更新
2003/08/26   17:57
テキスト
文/bounce.com編集部

お初でお邪魔しました。ROCK IN JAPAN FES。上野から特急で約80分で着く茨城は勝田駅からバスで走ること10分くらい。目の前には湖と緑に囲まれた巨大な会場、国営ひたち海浜公園が見えてまいりました。というわけで日本のロックの一大祭典に乗り込んだbounce.comのauchi!特派員とライター、FUNK課デリックの対談体験記が突然始まったぞ!

auchi!(以下a!):ROCK IN JAPAN FESは巨大な草原が広がるフジロックのメインチックな〈GRASS STAGE〉と湖を背にした野音ライクな〈LAKE STAGE〉の2ステージに分かれてて、その間の通路にあるフードテントのなかに唯一茨城地ビールが売っててさ。

FUNK課デリック(F課):で、そこに五浦ハム焼きっていう超絶美味な串焼きも売ってて、それを地ビールといっしょに流し込む大井競馬場のオヤジちっくな快感ね。

a!:で、1日目のお目当ては……なんといっても、銀杏BOYZでしょう。GOING STEADY解散後動向が注目されていた峯田和伸が4人組のバンドを率いてステージに立つというだけで、これは事件なわけで。

F課:……はたまた〈LAKE STAGE〉に登場したメンバーは全員セーラー服の女子高生ルック(峯田はうっすら化粧)というのも、そんな期待を過剰に煽るわけで。

a!:そして「こんにちは、日本の恥、銀杏BOYZです」という一言のあと鳴らされた“日本発狂”から文字通り会場が発狂!

F課:〈あなたを殺して僕も死にたい〉などという歌詞もショッキングな(でも哀しい)この曲から、GOING STEADY時代に輪をかけて激しい峯田のステージ・アクションが暴走開始。2曲目の新曲では、サビメロで〈あの娘は中谷美紀が好き〉と〈あの娘は睡眠薬が好き〉を交互に連呼するというまたもや大丈夫か?と思うほどの放送禁止ぶり。しかし、そのとんでもない詞世界は同時に泣きたいほどドラマティックであるという事実は動かしようがない。

a!:その後は“素晴らしい世界”“青春時代”といったGOING STEADY時代の名曲を合唱また合唱。MCで「失恋して部屋で一人で森高千里の“渡良瀬橋”を聴いてたら泣けてきた」とかウソぶいたって、パンク・ロック界でも際立って鋭角的な才気を放つ峯田のオーラは破格であることに違いはなし!


O.P. KING

a!:そしてさらに茨城地ビールをエンドレスであおりつつ、髪を逆立てたパンク・ヘアで登場したこの日の驚愕のシークレット・アーティストHYDE観戦のあと、O.P.KINGのステージへ。

F課:良かった。YO-KINGの「リハーサルへようこそ! 」という投げやりな一言でスタートしたこのスペシャル・バンドが奏でるロックンロールのなんと新鮮なこと! YO-KING、奥田民生、大木温之(The ピーズ)という面々が入れ替わり立ち替わりマイクを繋いでいく様はもうニ度と見れないだろうなと思いつつも、見てるうちにはそんなこと全く気にせず普通に楽しんでたな。

a!:とくに時折歌詞にアドリブを混ぜる民生のニヤリとする大人の余裕ね! アルバム『O.P.KING』からのナンバーはもちろん“Hippy Hippy Shake”といった中学生レベルの直球カヴァーが大人のためのロックンロールとして鳴らされたとき、O.P.KINGの真髄を見ました。

F課:俺はほぼ同時間の〈LAKE STAGE〉のAIR(コチラで動画コメントも見れるぞ!)にも移動。初期の名曲“Hair Do”がいきなり2曲目に飛び出したときはちょっと感涙。マイブラ譲りの静謐ノイジーな感動ミニマル・ナンバーで、後半部分の永遠ループのとこなんかもう相当にドラッギーで死んだ。この曲が収録されたファースト・フル・アルバム『wear off』を愛でまくってた96年の俺を思い出しました。歌モノ、オルタナ、ハードコア、ファンク、ジャズと彼の短くないキャリアを俯瞰するような幅広い音楽性を披露したライヴに満足。ですが、途中何度も何度もメイン・スピーカーから音が出なくなってたのは……しょうがないんだろうけど、ちょっと失礼では?

a!:そして〈GRASS STAGE〉のKICK THE CAN CREWに。エミネム来日公演のファッションを彷佛とさせる黄色のTシャツとキャップのKREVAが、曇天の天候を指して「俺がお前たちの太陽になってやる!……みたいな、ね」とギャグ混じりの決意表明。その言葉に偽りなしのアゲアゲ・ヒップホップ・ショウを展開してくれたね。

F課:新曲“性コンティニュー”の超シンプル&ドープなビートに彼らのネクストをしっかりと感じさせつつも、後半の“マルシェ”“sayonara sayonara”“アンバランス”のクラシック3連打で完璧に会場をロック。さすがにズルイ!と思いつつもキックにしかできない芸当にヤラれまくった。何度聴いてもクるねこのへんは。

▼ 出演アーティストの作品をご紹介

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る