こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第5回 ─ 70'sUKハード・ロックの勇者たち

ツェッペリンとブリティッシュ・フォークの関係って?

連載
鈴木惣一朗の貝がらラジオ
公開
2003/08/21   17:00
更新
2003/08/21   18:14
ソース
『bounce』 245号(2003/7/25)
テキスト
文/鈴木 惣一朗


そういうわけで、ツェッペリンの持つさまざまな音楽的要素のひとつとして重要なのが、〈ブリティッシュ・フォーク・ミュージック〉。ドノヴァンの『Hurdy Gurdy Man』では、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジョン・ボーナムがバックを務めていますし(そう思ってドノヴァンを聴くと、逆にツェッペリンを〈発見〉したりも!)、『Led Zeppelin IV』では、トラッド・フォークの歌姫、サンディ・デニーがヴォーカルで参加してます。またバート・ヤンシュやロイ・ハーパーといったシンガー・ソングライターから、ギターのテクニックをはじめ多大な影響を受けているというのも有名な話。こうしたフォーク~トラッドというルーツ・ミュージックをも貪欲に吸収するところがツェッペリンの真骨頂なんです。

▼本文中に登場したアーティストの作品を紹介。

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る