こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第4回 ─ ブルース・フォー・リラクシン

ブルースの〈響き〉を受け継ぐ新世代を紹介!!

連載
鈴木惣一朗の貝がらラジオ
公開
2003/07/17   17:00
更新
2003/07/17   20:06
ソース
『bounce』 244号(2003/6/25)
テキスト
文/村尾 泰郎

 ブルースを響きとして捉える新世代。ベックと並ぶ個性の強さで思い浮かぶのがウィル・オールダムです。『Ode Music』では、ワンフレーズだけギターを弾き、それをループさせるというブルース×ミニマルなアプローチを展開しました。またジム・オルークは、『Bad Timing』でフィンガーピッキング・ギターを未来のアンビエント・ミュージックのように響かせ、その後のアメリカン・ルーツ・ミュージック再発見への道を拓いたのは記憶に新しいところ。そして、忘れてならないのが、〈貝がらDJ〉鈴木惣一朗が参加しているNOAHLEWIS' MAHLON TAITS(写真)。新作『SITTING ON BOTTOM OF THE WORLD』ではチャーリー・パットンのカヴァーも披露していますが、DJいわく「ノアルイも、ブルースのもつ音の質感、ローファイな空気を愛してる」のです。


ウィル・オールダム『Ode Music』(Drag City)

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る