こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

Linda Carriere(リンダ・キャリエール)、CD&アナログ盤『Linda Carriere』リリースに際して楽曲提供アーティスト 細野晴臣、山下達郎、矢野顕子、吉田美奈子からコメント到着

Linda Carriere

Linda Carriereの『Linda Carriere』が7月17日にCDが、8月3日にアナログ盤がリリース。今回の発売に際し、楽曲提供者である細野晴臣、矢野顕子、山下達郎、吉田美奈子からコメントが寄せられた。

この作品は、1977年に細野晴臣とアルファレコード(当時)がプロデューサー契約を結び、その記念すべき第1作としてニューオーリンズ生まれのLinda Carriereのデビュー・アルバムを山下達郎、佐藤博、吉田美奈子、矢野顕子らの協力で制作したものの、世界戦略を担う当時の海外スタッフの反応が悪く、不運にもお蔵入りになっていた伝説のアルバムだ。

このたび、アルファミュージックに保管されていたマルチ・テープから本アルバムのプロデューサー 細野晴臣が立ち合いのもと、世界的なエンジニア GOH HOTODAの最新ミックスが行われ、録音から47年を経て商品化が実現した。

 

■細野晴臣 コメント
細野晴臣
リンダ・キャリエールのアルバムがお蔵になったことでYMOが始まったんですよね。
それがなかったら多分僕はプロデューサー業をずっとやっていたと思うんですよ。
今思えば大事なポイントだったんだなと思います。
それにしても、よくあんな曲をみんな書いてくれたなぁ。
今聴いてもらいたいな、というのが凄くあるんですよ。
その当時の楽曲として、あるいは演奏として、歌として、
完成度がこれほど高いものが今ではありえない。
今作るってわけにはいかない。
70年代の成果というか、隠されていた宝物みたいなアルバムだと思います。

 

■矢野顕子 コメント
矢野顕子
忘却の彼方から突然に戻って来た音楽。
このメロディ、この歌詞、この歌声だったよね。
戻って来てくれてありがとう。

 

■山下達郎 コメント
山下達郎
今の今まで、リンダ・キャリエールがその後ダイナスティのメンバーになったことを知りませんでした。細野さんプロデュースによる海外女性シンガーのアルバムという、当時としては先駆的な試みでした。私は作曲を2曲、編曲を4曲担当させていただきました。残念なことに、その後この企画がお蔵入りになったと知り、勿体ないので「Love Celebration」は自分のアルバム『Go Ahead!』でセルフ・カヴァーしました。携わった皆さんのエネルギーが満ちあふれた作品です。

 

■吉田美奈子 コメント
吉田美奈子
懐かしいアルバムの初めてのリリース! 当時の事、そんなには憶えていないのですが、外国向けに作る、と言われた様な、言われない様な… その程度の記憶しかない。そうそう、ひとつだけお伝え出来るのは、当時結局リリースされなかったので「Proud Soul」はその後、「猫」ってタイトルの曲に作り直したって事!

 

▼リリース情報
Linda Carriere
アルバム
『Linda Carriere』

■CD
7月17日(水)リリース


■LP(完全生産限定盤)
8月3日(水)リリース


オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

TOWER RECORDS MUSIC

セブン-イレブン受け取りサービス

最新のアナログレコード情報はこちら

towerbooks

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2024年06月18日 21:00

  • Mikiki - music review site
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • オンライン限定 全品ポイント20%還元キャンペーン 7/24~7/26まで