こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

TK from 凛として時雨、ダブルAサイド・シングルよりゲストVoに稲葉浩志(B'z)招いた“As long as I love (with 稲葉浩志)”MVを本日3月16日21時プレミア公開

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2022年03月16日 16:15

TK from 凛として時雨

TK from 凛として時雨が、本日3月16日にリリースのダブルAサイド・シングル『As long as I love / Scratch (with 稲葉浩志)』より、ゲスト・ヴォーカルに稲葉浩志(B'z)を招いた“As long as I love (with 稲葉浩志)”のミュージック・ビデオを本日3月16日21時よりYouTubeにてプレミア公開することが決定した。

■TK(凛として時雨)
TK from 凛として時雨

■稲葉浩志(B'z)
稲葉浩志(B'z)

同曲の作詞は稲葉とTKの共作によるもので、ミュージック・ビデオでは数々の名だたるアーティストのミュージック・ビデオにダンサーとして出演するアオイヤマダと、高村月のふたりによるユニット「アオイツキ」が稲葉浩志の詞をもとに企画の段階から参加。ダンスと共に、様々な困難に遭いながらそれでもがむしゃらに前へ進もうとする人間の内面的な美しさが感情表現豊かに描かれている。

今回のコラボは、ギターを手にした学生時代のTKに衝撃を与えたB'zへの強いリスペクトから、ソロ・プロジェクト始動より10周年という節目を締めくくるコラボレーションとして稲葉浩志にデモを送ったことがきっかけとなり実現したもの。もはや説明不要の日本を代表するヴォーカリスト 稲葉浩志との稀代の新曲に注目してほしい。

TK from 凛として時雨 『As long as I love (with 稲葉浩志)』 Music Video

 

■アオイヤマダ コメント
私たちは、私たちでありながら、
現代に広がる鬱々とした様子や、
やりようのない人々の気持ち全てになりたかった。
稲葉浩志さんの歌詞をよく読み、
TK from凛として時雨さんの声をよく聴き、
高村月とよく話し合い、
自分ひとりの感情と出来事にしないことを誓った。
出来上がった映像を見て、自分でありながら、自分と忘れるシーンがいくつかあった。
私は涙を流していたのだろうか。思い出せない。
あの涙は、社会が流した涙。

 

■高村月 コメント
何度此処へ来たのだろうか。
幾度も繰り返される景色は現実。
変えたい変わりたい愛したい。
そう叫んでいるのは、今この世界。
僕達は今を生きているからこそ、今になろうと必死でもがいた。
お二人の生んだ音楽が、全身を巡って心を揺らす。
アオイヤマダと走った道を、叫んだ空を、僕は忘れない。
唇を噛んで、この言葉を胸に。
「迷ってるのは誰?触れよう愛す限り」
ー歌詞より

 

■荒伊玖磨監督 コメント
このMVを見てくださった今を生きる人の数だけ、
聴こえ方や見え方、感じ方があると思います。
迷いもがく全ての人のその先に、光はある。僕はそう信じています。

 

▼リリース情報
TK from 凛として時雨
ダブルAサイド・シングル
『As long as I love / Scratch (with 稲葉浩志)』
NOW ON SALE


■タワーレコードオリジナル特典あり
先着で「オリジナルクリアファイル」をプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。


ライヴ映像作品
『feedback from』
4月20日(水)リリース


 

▼ライヴ情報
「TK from 凛として時雨」
4月5日(火)TOKYO DOME CITY HALL
OPEN 18:00 / START 19:00
[チケット]
全席指定 6,800円

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

TOWER RECORDS MUSIC

  • TOWER RECORDS MUSIC
  • 夏のタワーレコードSALE
  • Mikiki - music review site