こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

BiSH、宮城セキスイハイムスーパーアリーナ公演2デイズのアフター・ムービー公開

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース | タグ : Girl's Pop Information

掲載: 2021年09月24日 15:25

BiSH
Photo by sotobayashikenta

BiSHが、9月22日、9月23日の2デイズで、宮城セキスイハイムスーパーアリーナでのワンマン・ライヴ「BiSH SPARKS“Get out of boredomZ”EPiSODE 1」を開催。同公演のアフター・ムービーがBiSHオフィシャルTwitter、YouTubeアカウントにて公開された。

BiSH SPARKS“Get out of boredomZ”EPiSODE 1 アフタームービー

7月に大阪で行われた「BiSH SPARKS “My BiSH Forever” EPiSODE 6」同様、オープニング映像から本編がスタート。“BiSH-星が瞬く夜に-”でアリーナ後方から登場したメンバーは、花道を駆け巡りながらメイン・ステージに集結し、8月にリリースされたばかりのニュー・アルバム『GOiNG TO DESTRUCTiON』の1曲目に収録されている“CAN WE STiLL BE??”をライヴ初披露した。本楽曲は「破壊」をテーマにしたニュー・アルバムを象徴するような1曲になっており、アルバム・リリース後初の単独公演に相応しい幕開けとなった。

ライヴ中盤では仙台の名物である牛タンをネタにしたBiSH恒例のコントも披露され、なんとハシヤスメ・アツコによる“オーケストラ”牛タン替え歌バージョンも披露された。

そんな和やかな雰囲気から一転、ニュー・アルバムからの新曲であり、BiSHらしいロック・サウンドと力強くまっすぐな歌声が特徴の“STACKiNG”で会場の空気を一変させ、“SMACK baby SMACK”、“遂に死”など、ライヴの定番曲で畳み掛ける。

終盤のMCではリンリンが、8月の活動休止期間を経て、再びメンバー6人揃ってライヴ活動ができることへの喜びを涙ながらに語り、アユニ・Dが作詞を務めた“STAR”へと繋げた。

アンコールの最後には“ALL YOU NEED IS LOVE”を披露し、会場を埋め尽くした清掃員(BiSHファンの総称)から大きな拍手を浴びながら、2日間にわたる宮城セキスイハイムスーパーアリーナ公演は幕を閉じた。

BiSH

BiSH

BiSH

BiSH

BiSH

Photo by sotobayashikenta

 

▼リリース情報
BiSH
メジャー4thアルバム
『GOiNG TO DESTRUCTiON』
NOW ON SALE


 

▼ライヴ情報
「BiSH SPARKS“DAYDREAM NATiON”EPiSODE 2」
10月16日(土)真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
OPEN 17:00 / START 18:00
[チケット]
SPARKS TiCKET(指定席):15,000円
※未就学児童入場不可
※当公演はすべて電子チケットとなります。

■チケット一般発売日:10月2日(土)10:00~
※おひとり様2枚まで

 

▼番組情報
TVアニメ「キングダム」第3シリーズ
NHK総合 毎週日曜 24:10~
※放送は変更になる場合があります
第2クール オープニング・テーマ:BiSH “STACKiNG”
第2クール エンディング・テーマ:鈴木瑛美子 “kIng”
https://kingdom-anime.com
@kingdom_animePR
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

 

▼ゲーム情報
「ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫」
10月リリース予定
対応OS:iOS / Android
※PC版(DMM)同時リリース予定
パブリッシャー:グラムス
デベロッパー:グラムス

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン