こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

K TIGERS ZERO インタビュー

カテゴリ : K-POP ニュース

掲載: 2020年02月10日 12:00

KTIGERS

K-POP&テコンドーのハイパーパフォーマンスグループ「K TIGERS ZERO」。
先日、日本初となる単独イベントのために来日したメンバーにタワーレコードがインタビュー。
アクロバットを得意とするグループらしいダンスやパフォーマンスを交えながらのにぎやかなインタビューとなりました。

―では最初にそれぞれ自己紹介をお願いします。
ソンジン:僕からでいいですか?初めまして、僕はソンジンです。僕はダンスとパフォーマンスを担当しています。一度パフォーマンスをお見せします。
(広いスペースに移動、空中で2回ひねり(!)を披露)
メンバー全員:おー!すげー!!(拍手)
ソンジン:これから宜しくお願いします!ありがとうございます!
イスル:あー…、初めまして、私はイスルです!私のパートはボーカルとダンスです!よろしくお願いします!
ヒョンギュン&ガンミン:初めまして僕はヒョンギュン、ガンミンです!宜しくお願いしま〜す!
ヒョンギュン:次は…ユジン?
ユジン:初めまして、私はユジンです。私は歌を担当して…#$%&(メンバー全員爆笑)…です。
ヒョンミン:おはよう!ラーメンつけ麺僕イケメン!ヒョンミンです!僕はダンスとラップと日本語を担当しています。とりあえず僕は日本語を喋ることができますから、ファンの皆さんたちと楽しく話すことができます!そして、メンバーの中で一番可愛いです!…あー、ごめん!(笑)それでは、僕はここまでにしたいと思います…、はい…(笑)
ミンディ:初めまして、私はミンディです。I’m power dancer!!
ゴンウ:こんにちは、僕はゴンウです。僕は…(ヒョンミンに日本語を確認)僕はー…ラップを…担当してます!
ユンジ:初めまして!私はダンスと、歌と、ラップの担当です!ありがとうございます!
テジュ:こんにちは、K TIGERS ZEROでセクシーとボーカルを担当しているナテジュです!お会いできて嬉しいです!
テミ:こんにちは、テミです!ありがとうございます〜!
ジュンヒ:初めまして、僕はK TIGERSのリーダー、チャンジュンヒです。

―アルバム『喜怒哀楽』で聴いてほしい、またはパフォーマンスで見てほしいポイントを楽曲と一緒に紹介して下さい。
ユンジ:“Now”という曲のダンスに注目してください。振り付けに私が参加したのですが 、「君ならできる」という気持ちを込めた曲です。
ゴンウ:僕は“Side Kick”の僕のキーリングパートをお見せします。
(自身のラップパートを披露)

―K TIGERSとしてデビューすることが決まった時はどんな心境でしたか?
ソンジン:僕たちが最初はSNSで、他の歌手の方々の曲を(カバーして)パフォーマンスしていたのですが、少しずつ意欲が湧いてきて、その意欲を持っている人たちが集まって、この12人になりました。練習をしながら僕たちの歌やダンスが出来上がっていって、とても言葉では表現できない幸せな気持ちになりました。
ゴンウ:僕は…(と少し考える)…僕にとってデビューはとても大きな出来事なので、遠くにあるものだと思って見つめるだけにしていたんです。目の前にあるものだけを見つめて走ってきたので、デビューすると聞いた時は実感が湧きませんでした。でも練習をしながら、みんなで一緒にここまで来れたと思います。
ヒョンギュン:ステージで今まで沢山の先輩歌手の歌のカバーをしたりしましたが、ステージで僕たちの声で、僕たちの歌で、僕たちのダンスで舞台に立てるということがとても大きな幸せだと思います。

―難易度の高いパフォーマンスが多い皆さんから見て「このパフォーマンスはすごい!」と思ったアーティストや曲は何でしょう?それはどんな部分が魅力的なのか教えて下さい。
ミンディ:(日本語で)やっぱりDA PUMPの『USA』で~す!なぜならテコンドーをしている私たちが見ても華やかで印象深かったからです!本当にかっこいいです!
イスル:私はBTS先輩の“FIRE”という曲です。少し前の曲ですが 私はオープニングの部分がとっても好きです。全員が全く同じ動きになっていますよね?運動をしている私たちから見ると、団体での細かいダンスがピッタリ揃っていて、とても印象に残っています。

―アクロバティックなパフォーマンスが多い皆さんが、場所によって違うコンディションの中、安全に活動するために気を付けていることは何でしょうか?
ガンミン:気をつけることは多いですが、デビューステージで大きい事故が起こりました。アクロバティックをする時、走り高跳びをする瞬間にステージが壊れて落ちました。
テミ:その前にステージを壊そうという気持ちで頑張ろうと叫びましたが…。
ガンミン:皆でステージに立つ前に「ステージを壊そう!」と叫ぶんですが、本当に壊しました(笑)。
記事にも載りました。
ヒョンギュン:デビューする前は、今まで気にしたことなかったので今までと同じようにやれば良いと思っていました。でも、デビューしてからは一回一回全てのステージに立つのが大事ですし、伝えようとするメッセージがあるので、気をつけて色々チェックして行っています。
テミ:一番大事なのはストレッチをちゃんとすることですね。

―今後K TIGERSとしてやってみたいことはありますか?
ヒョンミン:はい!僕は、日本の芸能番組に出てみたいです。吉本新喜劇を見たんですけど、本当に面白かったです。
テジュ:僕はK TIGERS ZEROのメンバーと世界で一番高い山に登りたいです。K TIGERS ZEROはテコンドーを通じて12名のメンバーが出会うことになりました。今まで色んなことがありましたが、K TIGERS ZEROは今からが初まりなので、これから超える高い山を越えるには力と心を12名が一つにする必要があると思いました。12名のメンバーが肉体的にも精神的にも一緒に耐えながら山を登るという大きい覚悟をして、叶えたい夢に向かって行けると思うので山に登りたいです。

―共演してみたいアーティストは誰でしょう?
ユジン:私は今も自分にすごく影響を与えているBillie Eilishさんと共演してみたいと思います。
ユンジ:私はユンミレ先輩が大好きです。何でも上手で、ラップも上手なので、ぜひ一回一緒にステージに立ちたいと思います。
テジュ:私は「Cirque du Soleil」とコラボして共演してみたいと思います。ラスベガス公演で最高なのは「Cirque du Soleil」だと思いますが、私たちもパフォーマンスで韓国国内では有名なので、最高と最高のコラボレーションで新しい作品ができるのではないかと思います。



特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー