こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

ヒプノシスマイク、4thライヴが大盛況で終演。ヒプマイ史上最大規模の2デイズ・ライヴがメットライフドームで開催決定&ナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」誕生

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2019年09月10日 10:01

ヒプノシスマイク
photo by 田浦ボン/キシノユイ/渡辺慎一

音楽原作キャラクター・ラップ・プロジェクト「ヒプノシスマイク」のライヴ「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 4th LIVE@オオサカ《Welcome to our Hood》」が大阪城ホールで開催された。初めてオール・キャストが揃うこともあり、早くから話題になっていた本ライヴは、日本全国47都道府県と台湾の映画館でライヴ・ビューイングが行われ、多くのファンが会場に駆けつけた。

開演直前には1日目に続き木村昴演じるイケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」の山田一郎による注意事項ラップで会場のボルテージを一気に上げる。

「Battleground」とサブ・タイトルがついている2日目は、Division All Starsによる“ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-”で幕開け。1曲目から最高潮の盛り上がりを見せる。続けて新曲“ヒプノシスマイク-Alternative Rap Battle-”を披露。それぞれのキャラクターらしいアクティングを交えながらパフォーマンスしていく。

その後、イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」がステージに残り、“おはようイケブクロ”、“IKEBUKURO WEST GAME PARK”を息がピッタリ合ったパフォーマンスと観客との掛け合いで観客を引き込む。続けてシブヤ・ディビジョン「Fling Posse」が登場。“Stella”、“Shibuya Marble Texture -PCCS-”を「Fling Posse」らしく自由奔放にパフォーマンスを披露した。

そして、アタック映像を挟み登場したのは「Buster Bros!!! & MAD TRIGGER CREW」。両ディビジョンのVS楽曲“WAR WAR WAR”を披露。それぞれ客席を煽り、互いに一歩も譲らぬプライドのぶつかり合いとなった。

途中、ゲスト・パートでは餓鬼レンジャーが登場。個性的なパフォーマンスが特徴の“TACO DANCE”や最新アルバムより“ちょっとだけバカ”を披露した。シンジュク・ディビジョン「麻天狼」のパートに突入すると、“パピヨン”で仲睦まじい麻天狼のチームワークをアピールした次の曲で一転し、凶暴的な“Shinjuku Style~笑わすな~”が披露され一気に会場の空気を変える。

続いてはヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」が登場。“Yokohama Walker”、“シノギ(Dead Pools)”を披露し、危険な大人の香りで会場を魅了した。各ディビジョン・パートが終わったところで、バトル・パートに突入。「Fling Posse & 麻天狼」による“BATTLE BATTLE BATTLE”を披露し、一気にバトル・モードに。

さらに2組目のゲスト 山嵐が登場し、生演奏で「麻天狼 & MAD TRIGGER CREW」への提供楽曲“DEATH RESPECT”を贅沢なコラボレーションで初披露。炎に包まれたステージで熱いバトルを繰り広げる。そのまま山嵐のパートに突入。“Rock'n Roll Monster”や“BOXER'S ROAD”を立て続けに届け、会場のボルテージを急上昇させた。Zeebraが楽曲制作したことも話題となった、Battle season優勝楽曲“The Champion”を初披露したあと、メイン・キャストが再び登場し、最新アルバム『Enter the Hypnosis Microphone』より“Hoodstar”を披露した。

突然中王区のテーマ曲が響きわたり、勘解由小路無花果(CV.たかはし智秋)、東方天乙統女(CV.小林ゆう)がサブ・ステージより登場。会場が固唾を飲んで見守るなか、新ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」(ヨミ:バッドアステンプル)の誕生が発表された。メンバーとなる、波羅夷 空却(読み:はらい くうこう)役の葉山翔太、四十物 十四(読み:あいもの じゅうし)役の榊原優希、天国 獄(読み:あまぐに ひとや)役の竹内栄治の3名を呼び込み、それぞれが抱負を述べた。前日のオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」の誕生に続き、まさかのふたつ目の新ディビジョン誕生に会場のどよめきが起こった。なお、Bad Ass TempleのCDは11月27日に発売となる。

最後にゲスト・アーティストを含むオール・キャストで“ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-”のスペシャル・バージョンを披露。餓鬼レンジャー、山嵐それぞれオリジナルのリリックで会場を沸かせ会場のボルテージは最高潮に達した。最後に木村昴が「ラップで繋がったこのご縁、どこかでまた会えます。いや、必ず会えます。そのときにまた僕らの成長した姿見せますし、みんなももっともっとぶちアガった状態で来てくれたら嬉しいです。これからもヒプノシスマイクよろしく! また会いましょう!」とプロジェクトへの熱い思いを語り、お決まりの挨拶「ラップってたのC(ハンドサイン)~」で締めくくり、「ヒプノシスマイク4thライブ」は幕を閉じた。

しかし、それだけでは終わらず、キャストがステージを降りたあとに特報映像が流れ、ヒプノシスマイク最大規模でのドーム・ライヴが発表となった。新たに誕生したオオサカ・ナゴヤディビジョンを加えた全6ディビジョンの全キャストが集結し、埼玉 メットライフドームでの2020年3月28日、29日の2日間で5thライヴを開催する。

こちらのライヴは、10月30日発売のオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」のCDと、11月27日発売のナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」のCDに最速先行申込シリアル・ナンバーが封入される。

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク

photo by 田浦ボン/キシノユイ/渡辺慎一

 

▼リリース情報
ナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」
『タイトル未定』
11月27日(水)リリース


オオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」 『タイトル未定』
10月30日(水)リリース


 

▼ライヴ情報
「5thライブ」
2020年3月28日(土)メットライフドーム
2020年3月29日(日)メットライフドーム

 

▼ゲーム情報
スマートフォン向けアプリ・ゲーム「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」
2019年12月配信
http://www.otomate.jp/smp/hypnosismic_arb/

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー