こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

ニュース詳細

デヴィッド・ボウイのギタリスト、ミック・ロンソンの生涯に迫るドキュメンタリー『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』日本公開決定!

カテゴリ : ニュース | タグ : 音楽 映画公開関連 映画

掲載: 2019年01月10日 12:00

2016年1月10日にデヴィッド・ボウイがこの世を去ってからちょうど3年。
そのデヴィッド・ボウイが生前ナレーションを担当する、盟友であるギタリスト、ミック・ロンソンのドキュメンタリー映画の日本公開が決定致しました。



デヴィッド・ボウイの名を世界に知らしめたアルバム、「世界を売った男」(71)「ハンキー・ドリー」(71)「ジギー・スターダスト」(72)。
そして全英チャート1位を記録した「アラジン・セイン」(73)とその大ヒット先行シングル「ジニー・ジーン」などなど。
これらを築き上げたのがボウイの盟友であり、当時のボウイのバック・バンド、スパイダーズ・フロム・マースのギタリスト、ミック・ロンソン。

ボウイ提供の楽曲「すべての若き野郎ども」でキャリア最大のヒットを記録したバンド、モット・ザ・フープルにも一時在籍、他にもルー・リードやリッチ・キッズ、モリッシーらのアルバムをプロデュースするなど、縁の下の力持ちのようにロック界を支えたギタリストだ。
だが、数々の華やかなヒット作にもかかわらずミック・ロンソンは常に一歩引いたところに存在し、表舞台に出ることは無かった。
その豊かな才能に見合う賞賛を得ることなく1993年にこの世を去った男の軌跡とは・・・。


ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リード、セックス・ピストルズのグレン・マトロック、そしてクイーンのロジャー・テイラーといったロック界の重鎮たちからの貴重な証言とミックの妻スージーが管理する貴重なアーカイヴ映像の数々。
本作は天才ギタリストの知られざる人生と、その音楽界にもたらした多大な貢献を綴り、そして物語は世界中が熱狂した、92年の『フレディ・マーキュリー追悼コンサート』でのデヴィッド・ボウイとの共演へと繋がっていく。


タイトル:ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡
公開表記:2019年3月8日(金)、渋谷・シネクイントほか全国公開
提供:パルコ+タワーレコード
配給:パルコ
コピーライト:(C)2017 BESIDE BOWIE LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

オフィシャルTwitter:https://twitter.com/besidebowie?lang=ja



【ミック・ロンソンとは】
1993年に46歳の若さでこの世を去ったイギリスはハル出身のギタリスト・音楽プロデューサー。デヴィッド・ボウイとの活動だけでなく、イアン・ハンター、ボブ・ディラン、モリッシーらとの活動で知られる。1974年CREAM誌における「ベスト・ギタリスト」でエリック・クラプトンを抑えて2位を獲得。2011年、ローリング・ストーン誌による「史上最も偉大な100人のギタリスト」で第41位。

監督・製作:ジョン・ブルーワー|プロデューサー:ローラ・ロイコ、シャンテル・バシアチック、ハーレイ・メドウェル
出演:ミック・ロンソン、ルー・リード、グレン・マトロック、ロジャー・テイラー、リック・ウェイクマン、ジョー・エリオット
ナレーション:デヴィッド・ボウイ
提供:パルコ+タワーレコード 配給:パルコ
2017年/イギリス/カラー/デジタル/104分/英語/原題:Beside Bowie : The Mick Ronson Story

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー