こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

渡り廊下走り隊、9月発売の新曲は島田紳助と秋元康の共同プロデュース

 

 

AKB48の渡辺麻友、多田愛佳、仲川遥香、平嶋夏海、菊地あやかによるスピンアウト・ユニット、渡り廊下走り隊。彼女たちが9月1日にリリースするニュー・シングルの詳細が発表となった。

前作“青春のフラッグ”から約2か月という短いスパンで届けられる本作のタイトルは“ギュッ”に決定。表題曲は、好きな人に〈ギュッ〉っとされて浮かれてしまうぐらい、ピュアな恋心がふんだんに詰め込まれたキュートなアップ・チューンに仕上がっているという。さらに、作詞をカシアス島田こと島田紳助が担当し、秋元康と初の共同プロデュースとなることもあきらかとなった。この発表に際し、カシアス島田、秋元康、渡り廊下走り隊は以下のようにコメントしている。

「渡り廊下走り隊の〈さわやかさ〉〈元気〉〈青春の最中〉をイメージしてこの作品を作りました。良い作品ができたと私自身満足しています。ほんの少しでも渡り廊下走り隊メンバーの力になれることを望んでいます。秋元康プロデューサーとダブル・プロデュースができて感謝しております。今後も音楽に関わっていく上で、私自身本当に勉強になっています。秋元さんから〈やってみませんか〉と声をかけていただき感謝しています」(カシアス島田)。

「以前から、島田紳助さんが書く歌詞がいいなあと思っていました。それぞれのアーティストを分析した上で、コンセプトがしっかりした歌詞だからです。プロの作詞家として充分通用する内容です。おそらく、それは島田紳助さんという一流のタレントが、長い間TVを通じて〈大衆とは何か?〉〈ヒットとは何か?〉を肌で感じ取っていたからでしょう。ある番組で紳助さんとごいっしょした時、そのことを伝えました。そして、渡り廊下走り隊の歌詞を書いて貰えませんか?とお誘いしました。タレント島田紳助ではなく、カシアス島田にです。渡り廊下走り隊を選んだのは、まさに、歌詞のコンセプトが重要なユニットだからです。何日もかけて、真剣に考えていただきました。直接、お手紙もいただきました。決して片手間ではなく、真剣に悩んでいただきました。その真摯なもの作りに感動しました。そして、何曲か詞を書きあげていただきました。それぞれに、明確なコンセプトがある素晴らしい詞でした。そのいくつもの候補曲の中から、 “ギュッ”を新曲に選ばさせていただいたのは、詞の世界観とシングル曲のインパクトからです。〈ギュッ〉という言葉から一編の詞を生む作詞家カシアス島田の才能は、渡り廊下走り隊を新しいステージに上げてくださいました。耳に残る〈ギュッ〉というフレーズに、ヒットの予感がします」(秋元康)。

「この曲は好きな人に〈ギュッ〉と夢の中で抱きしめられただけで、浮かれてふわふわになってしまう女の子の恋ゴコロがギュッと詰まった曲です。この曲で世界中のみんなを〈ぎゅぅぅぅぅぅっと!〉抱きしめちゃいたいです!」(渡り廊下走り隊/渡辺麻友)。

「私たち、渡り廊下走り隊の曲で、いままでで一番かわいい曲です。かわいすぎて自分が歌うのが恥ずかしくなっちゃうくらいです」(渡り廊下走り隊/平嶋夏海)。

本作は表題曲に加えて、“手のひら”“ゴメンナサイ”とぞれぞれのインスト・ヴァージョンを含む全6曲で構成。3種の初回限定盤と通常盤の詳細は以下の通り。彼女たちの歌声に〈ギュッ〉とされたいファンは、必ずチェックしよう!

 

〈渡り廊下走り隊 “ギュッ” 収録内容〉
1. ギュッ
2. 手のひら
3. ゴメンナサイ
4. ギュッ (Instrumental)
5. 手のひら (Instrumental)
6. ゴメンナサイ (Instrumental)

【初回盤A(CD+DVD)】
・オリジナル・トレーディングカード(73)(74)(75)のうち1種が封入
・DVDには“ギュッ”のPVなどを収録
※AとBでDVDの収録内容は異なります。

【初回盤B(CD+DVD)】
・オリジナル・トレーディングカード(76)(77)(78)のうち1種が封入
・DVDには“ギュッ”のPVなどを収録
※AとBでDVDの収録内容は異なります。

【初回盤C (CD+フォト・ブックレット)】
・オリジナル・トレーディングカード(79)(80)(81)のうち1種が封入
・20ページの豪華フォト・ブックレット付き

【通常盤】※初回生産分のみ
・オリジナル・トレーディングカード(82)(83)(84)のうち1種が封入

【全種共通特典】※初回生産分のみ
・イヴェント参加抽選シリアルナンバーカード
・オリジナル・トレーディングカード各タイトル3種のうち1種
・謎のイヴェント参加応募券

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2010年07月28日 18:30

更新: 2010年07月28日 18:31

  • Mikiki - music review site
  • TOWER RECORDS MUSIC