こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

SCREW 『SCREW』

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2013年07月10日 18:01

更新: 2013年07月10日 18:01

インタヴュー・文/増田勇一



SCREW



[ interview ]

結成から7年を経て発表されたSCREWのメジャー第1弾アルバムは、シンプルに『SCREW』と題されている。それが意味するのは、この作品が彼らのこれまでを総括するものであると同時に、このバンドの現在の理想がここに体現されているということ。彼らに対する世の平均的認識は、恐らく〈若手ヴィジュアル系〉といったものだろうが、本作に詰め込まれている音楽は、そうした先入観から連想されるものとはひと味違ったものであるはずだ。もちろん彼ら自身がいまも成長過程にあることは間違いない。が、この〈進化の途中経過〉は見逃さずにおきたい。今回はバンド結成時からのメンバーである鋲(ヴォーカル)、和己(ギター)、ジン(ドラムス)の3人が取材に応えてくれた。



あくまでメロディーを大事に



――アルバム制作終了からしばらく時間を経てきて、当事者としての感じ方も変わってきつつあるんじゃないですか?

ジン「ようやく落ち着いて聴けるようになってきましたね。完成直後とかはあんまり客観的になれなくて。激しいばかりじゃなくて、光みたいなものが映える曲が多いんだなって改めて確信させられたところがあるし、そういう意味では自分たちの新しい一面も出せたんじゃないかなと思いますね」

「確かにちょっと冷静に聴けるようになってきて、当然のように〈ここはもうちょっとこうしたほうが良かったかな〉みたいな部分も出てきてはいるんですけど、次に向けての前向きな反省がすでに始まってるというか。でも、メンバーとレコード会社、事務所、ファン……そういった全部がひとつになりつつあるという実感があって。〈それぞれが求めてるSCREW〉というものが完全に一致することってなかなかないと思うんだけど、いま、全部がすごく近いところに集まってる気がするし、それは幸せなことだなと思う」

和己「僕もそこは同感で。今回のアルバム制作を通じて周りの人たちからもより理解を得られたし、SCREWってものをもっと突き通していくためのアイデアとかが、そういう人たちから出てきたりするようにもなって。変な話、僕ら以上にアルバムを聴いてくれてる人たちがいるんだなって感じましたね。理解しようとしてもらえること自体が嬉しいし」

――ヴィジュアル系で激しい曲が多い。そういう形容をするとおのずと想像される音楽像があると思うんですけど、たとえば聴いた人たちがいちばん意外性を感じるのはどんな部分だと考えています?

「キャッチーな一面もあることじゃないかな。ヴィジュアル系で激しいとかいうと〈叫んでるだけでしょ?〉みたいに思う人たちもいるだろうけど、あくまでメロディーを大事にしてるつもりなんで。だから聴きやすい曲というか、口ずさめるような曲があることに驚くことになるんじゃないかと思う。そこは自分たちにとっての武器だとも思っていて」

ジン「無意識のうちにそういう部分が出てくるんですよね。むしろ洋楽的なノリを意識して曲を作ってるところもあるし。メンバー各々、通ってきた道がさまざまなので、それが出てると思うんです。そこで〈ヴィジュアル系だからこういう路線で行こう〉みたいな意識はしてこなかったし。だから音楽的には〈いかにもヴィジュアル系〉という感じではないはずだと思っていて」

和己「〈ヴィジュアル系〉ってものが一般的にどう解釈されてるのかはわからないけど、たとえば偏見とか先入観みたいなものを持った人たちが初めて聴いたら、意外とジャンルレスだって感じるんじゃないかな。いろんな曲があって、いろんなことをやってる。そんなバンドだと自分たちでは思っていて」


特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!