こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

FUNKY MONKEY BABYS 『ファンキーモンキーベイビーズ5』

カテゴリ : COVER ARTIST

掲載: 2012年12月10日 00:00

ソース: 2012/12/10

TEXT:Tak,OKD

tower004-midashi2



9月の横浜スタジアム2days、京セラドーム大阪で開催された東西2大スタジアムでのワンマンライブで10万人を熱狂させ、2013年に結成10年目を迎えるFUNKY MONKEY BABYS。ドラマ主題歌“この世界に生まれたわけ”や11月21日に発売したばかりの映画主題歌“サヨナラじゃない”を含む、ポジティブなメッセージに溢れる5thアルバムが遂に完成。 



結成してこの10年大事にしてること、楽曲制作とライブ。この両輪がうまくまわった一年でした。



 “ヒーロー”という働く人への感謝を綴った楽曲のヒットがきっかけに、一気に人気知名度ともに上昇し、初のベストアルバム『ファンキーモンキーベイビーズBEST』が85万枚以上のセールスを記録、今や国民的グループになったFUNKY MONKEY BABYS-ファンモン。ライブ会場には老若男女、幅広い世代が集いTシャツを身にまといタオルを回して笑って、泣いてそして笑ってそれぞれの日常に戻っていく。親しみやすいメロディにあたたかいメッセージが籠ったリリックをのせ、渾身のパフォーマンスで届けてくれる。がむしゃらな姿に背中を押され、勇気をもらえる。そんなファンモンのニューアルバム『ファンキーモンキーベイビーズ5』がついに完成した。

今作は、フジテレビ系ドラマ「早海さんと呼ばれる日」主題歌である“この世界に生まれたわけ”や、来春全国公開映画「ボクたちの交換日記」主題歌“サヨナラじゃない”など、話題になったシングル楽曲以外にも、来年1月よりスタートする2ndアリーナツアータイトルである「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS」と同名で、ファンモンのヒストリーをなぞる歌詞の楽曲や、アイリッシュテイストが今までに無い印象を与える“Journey”、ロンドンオリンピックで活躍するアスリートにインスパイアされ制作した“走りだそう”(フジテレビ「COLLEGE×SPORT GREEN GENERATION」テーマソング)、そしてなんとモン吉の弟と一緒に制作したというインスト楽曲も収録される、これまで通りのバラエティに富んだ内容でかつ、これまでにない新境地ともいえる作品になっている。

ファンキー加藤(MC):楽曲制作は京セラドームでのライブを終えた直後からすぐに始めたこともあって、凄くお客さんの顔を意識しやすかったし、ライブでの盛り上がりも感じられる勢いのある楽曲ができました。制作期間は短かったけど、最高の楽曲たちを収録出来たアルバムに仕上がりました。今年はじめにアリーナツアー、ROCK IN JAPAN FESTIVALに出演させてもらって、スタジアムでワンマンライブやって、という大きな動きがあって、その中で制作をしていたんですが、僕たちが結成当初から大事にしていることは、<いい曲を作っていいライブをすること>、今年はそのバランスがよく取れた1年だったな、と思います。

 

DJケミカル(DJ):今回のアルバムを色で例えるなら虹色です。前作は黄色や赤という明るくてポジティブなイメージを意図的に追求しましが、今回はむらさきも青もあるんですよー。

モン吉(MC):前作でも一緒に制作したShingo Nakamuraさんと今回も一緒に作業できました。“夢で逢えたら~I'm feeling you”という曲ですが、こういうエピックトランスは10年以上前からあったものだけど、ダサくなくチャラくもならずにJ-POPとして受け入れられるようにこのジャンルの音を持ち込めたなと思います。それにファンちゃんが書いた<夢の中では夢が叶うから>というリリックにはグっときました。

ファンキー加藤:この歌詞では震災で娘さんを失った岩手のお父さんのことを歌わせてもらいました。その娘さんがBABYS(ファンの総称)だったのが縁でお父さんがぼくらのライブに来てくれるようになったんです。この曲のトラックを聴いた時に岩手のお父さんの笑顔が浮かんできたんですよね。

モン吉:“Journey”のイメージはずばり映画「タイタニック」です。上等な客室じゃない方の、ガチャガチャした庶民の<こっちの方が楽しいじゃーん!>っていう雰囲気を出したいと思いました。映画のイメージだとアップテンポだけど、結果ゆるくて優しいメロディが浮かんできて歌詞がバシっとはまりました。

 

FMB1



来年はグループ結成10周目を迎える。アルバムリリース記念としてリクエスト企画を実施中。さらに来年1月13日からの2ndアリーナツアー「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS TOUR」がスタートする。

ファンキー加藤:スタジアムライブで、特に初日は本当に緊張しました。後からtwitterやブログのコメントなどで知ったけど、BABYSも緊張してたって(笑)。喜びや楽しさだけじゃなく、緊張まで分かち合ってくれるファンって。すごく素敵だなって思います。このツアータイトル通り、みんなファンモン、お客さんと共に作るライブになると思います!

モン吉:今までずっと僕らなりに思いをこめて楽曲制作をしてきました。タイアップがあっても無くても僕たちには大切な宝物なのだけど、逆にBABYSのみんなの好きな曲をリサーチして、世の中とのずれがないかを確認したくて(笑)。

DJケミカル:来年は10年間で培ってきたものが花開く年にしたいですね。

このインタビューを行った直後、FUNKY MONKEY BABYSが来春解散するとのニュースが流れた。理由はDJケミカルが実家のお寺を継ぐためとのこと。悲しくも寂しくもあるが、彼ららしい決断を支持したい。

FMB2 



■ALBUM……『ファンキーモンキーベイビーズ5』 12/26 on sale!

SONG LIST

01.Say! Joy!
02.LIFE IS A PARTY(※日本テレビ系「スッキリ!」8月度エンディングテーマ)
03.夢で逢えたら~I'm feelin' you~
04.この世界に生まれたわけ(※フジテレビ系ドラマドラマチックサンデー「早海さんと呼ばれる日」主題歌
05.サヨナラじゃない(※映画「ボクたちの交換日記」主題歌)
06.幸せを抱きしめよう
07.街中でケンカしてるカップルを見かけると大抵女性が怒ってる
08.Journey
09.WE ARE FUNKY MONKEY BABYS
10. いいんじゃない
11. 走りだそう(※フジテレビ「COLLEGE×SPORT GREEN GENERATION」テーマソング)
12. 最後の人
13. 夏の終わりに
14. PSYレントジェラシー ※instrumental楽曲

■LIVE……「「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS TOUR 」

1/13(日) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 

1/19(土)、20(日)アスティ徳島

2/2(土)、3(日)横浜アリーナ

2/9(土)、10(日)マリンメッセ福岡

2/19(火)、20(水)大阪城ホール

2/23(土)、24(日)神戸ワールド記念ホール

2/28(木)、3/1(金) 名古屋 日本ガイシホール

3/9(土)、10(日)サンドーム福井

3/16(土)、17(日)宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

3/22(金)、23(土)岡山市総合文化体育

3/30(土)、31(日)さいたまスーパーアリーナ

※詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

 ■profile……FUNKY MONKEY BABYS(ふぁんきーもんきーべいびーず)

八王子出身。2004年元旦結成。2006年1月“そのまんま東へ”でデビュー。これまでに20枚のシングル、4枚のオリジナルアルバムをリリース。アルバム『ファンキーモンキーベイビーズ5』リリース後に開催する全国ツアーをもって解散する。


tower+004-1minitower+004-2minitower+004-3mini
記事内容:TOWER+ 2012/12/10号より掲載

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!