こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

坂本真綾 『You can't catch me』

カテゴリ : COVER ARTIST

掲載: 2010年12月17日 12:00

更新: 2010年12月17日 12:10

ソース: 2010/12/20

上野三樹

 

 

 

アルバム『You can't catch me』は今年でデビュー15周年を迎えた坂本真綾が、
まだまだ先へ進む為の音楽的な挑戦を詰め込んだ<攻め>の1枚。
多彩な音楽家たちとコラボを重ね、更にリアルな感情を描きながら極上のエンタテイメント性を発揮。
常に自らの限界を打ち破る、彼女の新たな軌跡が聴こえる。

 

  

「少し乱暴なくらい、色んなところに飛び込んでみました」

―今作『You can't catch me』は前作『かぜよみ』以来
2年振りのアルバムですが、どんな想いで制作に入りましたか?

 

「前作『かぜよみ』は私の中で節目感が強い作品だったんです。
特に15周年を意識していたわけではないんですが、
やっとここに辿り着いたというような感慨深いものでした。
なので今作は、また新しい挑戦の多い作品にしたくて。
15周年記念企画第6弾ということでリリースされますが、
全然まとめに入ってないです(笑)」

 

―聴いていて<攻めてるな>という感じがしました。

 

 「そうですよね(笑)。少し乱暴なくらい色んなところに飛び込んでみたところがあって。
15年やってきたことをなぞるんじゃなく、新しいことを意識していました。
具体的には初めてお会いする方と一緒に作品を作ること。
外側からの刺激を得ながら自分の中から何が生まれるかをひとつひとつ探していきました」

 

―作家陣に堀込高樹さん(キリンジ)、常田真太郎さん(スキマスイッチ)、スネオヘアーさん、
柴田淳さん、桜井秀俊さん(真心ブラザーズ)らが参加されていますが、どんなやり取りが印象に残っていますか?

 

「常田さんには「バラードで、でもスケールが大きすぎず小さすぎず」とか、
スネオヘアーさんには「ゴリゴリのロックでお願いします」とか、それぞれの方に直接お会いしてお願いしました。
どの方も私が以前から大好きで、聴き続けていたアーティストさんなので、参加してもらえて本当に嬉しいです。
例えば、スネオさんの曲って実はすごく哲学的だと私は思っていて、そこが好きなんですけど。
それをあの脱力感のある声でサラッと歌われてる感じが素敵なんですよね。
今回は歌詞も書いていただくことになり、私が歌っても似合うかな? とドキドキしていました。
“キミノセイ”という曲をいただいて最初のサビの「偽りに怯えてる」という歌詞は、
最初「偽りに怯えない」だったんですよ。そこがどうもしっくりこなくてスネオさんに
「これ、「怯えない」じゃなくて怯えてちゃダメなんですかね」って言ったら、
「最初は怯えてるにしてたんですけど、坂本真綾さんが偽りに怯えちゃいけないんじゃないかと思って
変えたんで」って言われて、「怯えてる」に戻していただきました。
今回色んな方とご一緒させていただく中で、有難いことに<坂本真綾のイメージ>を
それぞれに抱いてくださっていて。コミュニケーションを取りながら一緒に同じ方向を
見つめていく過程はすごく面白かったです」

 

 

 

 

 

―なるほど。ご自身が書かれた歌詞においても、これまで以上に心の奥にある
欲望や本能や衝動や愛情といった、生々しくて強いものがストレートに書かれている気がします。

 

「30歳のリアルな感じが出てるのかなと思いますね。すごい大人でもないし、すごい子供でもない。
16歳の時からずっと、大人の人たちが私のキャッチ・コピーとかに<等身大>という言葉を
つけてくれていて「等身大って何?」って自分ではよくわからなかったんです。
でも今回のアルバムは、30歳の女性の<等身大>な作品になったと実感してます

 

―そういう意味では1曲目の“eternal return”が「どんなに想っても届かない恋があってさ /
どんなに願っても叶わない夢もあってさ」
なんて歌詞から始まっているのは象徴的ですよね。

 

 「そうですね。その2行はアルバム全体に通じている気がします。
割と10代の頃から歌ってきた曲は前向きなメッセージ・ソングが人気が高くて、
自分でもそういう歌詞を書いてきたんですけど。一方で、叶わない恋も
叶わない夢もあるのは現実なわけで。だから絶望ということでもなく、
それが当たり前の中で何をするのか? っていうのを自分でも考えたかったんです。

今回は欲望や嫉妬心といった人には見せたくないもの、ヤケになってみたり、ムリな恋をしていたり、
そういう割り切れない気持ちも歌っていて。そういうのってみんな見せないように生きてるけど、
でも隠しきれない熱い思いが原動力になっていたりするものですよね。
人に隠したいけど確実にある想い、普通は歌になりにくい感情を歌いたかったし、
それがエンターテイメントとして成立させることが出来るものなのか? と挑みたい気持ちがありました」

 

―作り終えて今、どんなことを感じていますか?

 

「これまでは私の中の、前向きでいい子ちゃんな部分をいつも褒められてきた気がしていて。
でも、もっと違う所でも共感して欲しかったし、今ならそういう部分でも発していけるんじゃないかと
思って作った作品です。
昔はそういうことを試みると大抵、内省的なところに沈んで、
聴いてる人も暗くなるような曲になりがちだったので全部ボツにしてきたんですよ。
その結果、軽くてドライな部分だけを残してきた。でも今だったらドライなまま、聴く人を暗くもせず、
エンターテイメントとしてこれまで歌ってこなかった自分の感情を、乗せられるんじゃないかなと。
それに挑戦できたなという手応えを感じています」

 

 

 

 

 

―タイトル『You can't catch me』に込めた想いは?

 

「このアルバムが「みんなが想像してるものじゃないかもね」と言う気持ちもありますし、
私自身も自分のことを掴まえられないという想いを込めています。
今作を作ったことでまたやりたいことが見えてきましたし、15周年と言いつつも、
これからもまだまだ走っていきます」

 

  

 

■NEW Album『You can't catch me』……1/12 on sale!

SONG LIST

01.eternal return
02.秘密
03.DOWN TOWN
04.美しい人
05.キミノセイ
06.ゼロとイチ
07.みずうみ
08.stand up, girls!
09.ミライ地図
10.ムーンライト(または“きみが眠るための音楽”)
11.手紙
12.トピア

 

■LIVE…坂本真綾 LIVE TOUR 2011“You can't catch me”

3/05(土) 厚木市文化会館
3/11(金) Zepp Fukuoka
3/19(土) Zepp Sapporo
3/21(月・祝) Zepp Sendai
3/26(土) 名古屋センチュリーホール
3/27(日) 大阪国際会議場メインホール
3/30(水)、31(木) 中野サンプラザ

※詳細はHPにて

 

 

■PROFILE…坂本真綾(サカモト マアヤ)

1980/3/31生まれ。15歳から音楽活動を開始。
ナチュラルなヴォーカルと、瑞々しい感性で紡ぐ歌詞が各方面から高い評価を得る。
デビュー15周年を迎え、日本武道館でのライヴを皮切りに精力的に活動中。

 

 

   
記事内容:TOWER 2010/12/20&2011/1/05号より掲載

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!