こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

INTERVIEW(4)――〈前提〉から逃げたい

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2010年10月06日 18:00

インタヴュー・文/森 朋之

 

〈前提〉から逃げたい

 

――(笑)。直感、感性に従順であることから生まれるバンド・サウンドと豊潤な言葉の組み合わせも、このアルバムの特徴ですよね。最後に『Family Record』というタイトルについても訊きたいのですが。

波多野「あのー、えーと、そうですねえ。意味はあるんですけど、ただ、これは『Family Record』なんです。(目の前にある紙コップを持ち上げて)これが紙コップであるように、このアルバムも『Family Record』なんですよね。だから、額面どおりに受け取ってもらっていいですよ」

―― ……なんか5歳の息子と話してるような気がしてきた。

波多野「あ、それは嬉しい」

――〈なぜモノには名前があるのか〉っていうレヴェルの質問するじゃないですか、その年頃の子供って。

波多野「あの、〈このタイトルの意味は?〉っていう質問って、それは先入観だと思うんですよ」

――まあ、そうですよね。当然、意味があるはずだっていう。

波多野「そういう前提ってすごく多いんですよね、音楽には。僕らはその前提から逃げたいというか。それは別に〈こうあるべき〉っていうものに反抗してるわけではなくて、前提を一旦取り外したところから始めてるんですよ。だから、すごく説明しづらいんですよね」

山口「うん」

波多野「映画とかもそうじゃないですか。〈見どころは?〉なんて、そんなの全部に決まってる」

――じゃあ、たとえばラジオなんかで〈今回のアルバムの聴きどころは?〉って訊かれたら……。

波多野「そういうときはお決まりの答があるんです」

福井「あるね(笑)」

山口「〈24小節のハイハットの裏の……〉」

波多野「本気にされちゃうと〈ああ、申し訳ない〉って気持ちになるんですけどね(笑)。ただ、やってること自体はオーソドックスなんですよね。なぜ〈前提〉を省きたいかというと、それは不純物だからなんです。それだけなんですよね」

――でも、前提があったほうが、遥かにやりやすいでしょ?

波多野「うん、そう思います。それが悪いわけでもないんですよね、決まった場所に決まったものがくるっていう気持ち良さもあるし。ただ、それは他の方にお任せしたいなって」

――つまんないから?

波多野「いや、ちょっと忙しいので(笑)」

――そのスタンスを貫きながら、オーディエンスが増えているっていう状況は素晴らしいですよね。

山口「そうですね。観に来てくれる人が増えて、嬉しくない人はいないから」

波多野「うん。健全にやっていけたらいいなって思ってます」

ロング・レヴューへ

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!