こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

インタビュー

大御所から注目株まで、『SAY THAT YOU LOVE ME』を支える人々――(1)

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2010年09月21日 18:45

更新: 2010年09月21日 18:46

ソース: bounce 324号 (2010年8月25日発行)

文/澤田大輔

 

【DANNY KRIVIT】当代きってのリエディット・マスターは、やはり“Say That You Love Me”などのエディットを担当。だが何よりも御大はAKのご主人であり、そのラヴ・マジックはクレジットされていないところで貢献しているはず。シーンと彼女とを繋ぐ仲介者としての役割も大きかった模様です。

 

【FRANCOIS K.】ディスコ時代よりダンス・ミュージックの最前線を開拓し続けてきたフランソワKが“Say That You Love Me”をリミックスしたことで、AKの海外活動がスタートしたと言っても過言ではないはず。時に実験的なアプローチを展開する彼ですが、前述のリミックスは王道感のあるNYハウスに仕上げています。

 

【JEPHTE GUILLAUME】ラテン色を盛り込んだトライバルなサウンドを展開し、人気を集めてきたジェフテ・ギオム。AKの海外リリース3作目となったシングル“Shining Your Way”は彼との共作。ジェフテのトラックにAKが詞とメロディーを付けて歌うという同曲の制作形態は、その後のさまざまなコラボ曲で踏襲されています。

 

【THE ANANDA PROJECT】ジャズやアフロなど多様なジャンルを吸収し、生楽器を積極的に盛り込んだサウンドでディープ・ハウス界隈を牽引してきたアナンダ・プロジェクト。AKをフィーチャーした“Heaven Is Right Here”もアコギの響きが印象深いオーガニックな逸品に。

 

【ERIC KUPPER】“Say That You Love Me”をフランソワKと共同でリミックスした彼もまた、NYハウス界指折りの重鎮DJ。リミキサーとして膨大な量の仕事をこなし、YUKI“JOY”など邦楽のリミックスも数多く手掛けています。

 

記事ナビ

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!